東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

人文社会科学部
教育学部
情報学部
理学部
工学部
農学部
地域創造学環

人文社会科学部

人文社会科学部定員定員(夜間)学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 経済 商・経営 法 政治 心理
390人法学科 30人、経済学科 30人

【特色】 人文、社会科学を用い、科学技術の発展に伴う問題を扱いながら研究に取り組む。
【進路】【業種トップ3】1位:公務員、2位:情報・通信業、3位:製造業

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・英・ドイツ語、高-国・地歴・公・英・ドイツ語)、学芸員、社会調査士
学科・コース・専修一覧
社会学科(70)2年次より哲学・倫理学、社会学、文化人類学、心理学、歴史学・考古学の5つの分野に分かれて学ぶ。社会問題の背景、文化の形態や構造などを理論的かつ実証的に分析する。思考力や語学力、情報リテラシーなど社会人として必要とされる能力も身につける。
言語文化学科(75)地域を軸とする日本、中国・アジア、英米、ヨーロッパの4つの言語文化プログラムと、これらを横断する比較言語文化、言語学の合わせて6つのプログラムで構成。専門性を深め視野を広げることで、言語と文化をめぐる多様な問題を学際的な視点から探究する。
法学科(90)法律学と政治学の幅広い学習を通じ、現代社会を読み解く能力を養う。平和の中で自由に幸福を追求する権利の実現において何が障害になるのか、法的、政治的な解決の道筋を探る。多様な専門分野の教員が、4年間一貫の少人数教育で継続的に学びをサポートする。
経済学科(155)グローバル化や情報化、高齢化、地球環境や金融危機など、世界中で起きている変化や問題を経済と結びつけて考える。経済学の各分野に加え、現代社会や歴史、日本、アジア、欧米研究など幅広い専門分野から経済のあり方を探求する。情報処理教育も充実している。
【夜間主/第2部】法学科と経済学科を設置(定員はどちらも30名)。2年次までに共通科目を履修し、3・4年次には応用的な専門科目と共に演習形式のゼミも用意されている。少人数教育で体系的に法学または経済学を学んでいく。昼間部の専門科目から60単位まで履修できる。

教育学部

教育学部定員学べる学問教員養成 教育 心理
300人

【特色】 子どもの発達段階や心身の変化に寄り添える、多彩な強みを持った教員を育成。
【進路】【業種トップ3】1位:教育・学習支援業、2位:公務員、3位:金融・保険業

取得できる免許・資格教員免許(幼一種、小一種、中-国・数・理・社・音・美・保体・保健・技・家・英、高-国・数・理・地歴・公・情・家・工業・音・美・書・保体・保健・英、養護一種、その他)、学芸員、社会教育主事、保育士
学科・コース・専修一覧
学校教育教員養成課程(300)国語、社会科、数学、英語など10の教科からなる教科教育学専攻と、初等学習開発学、養護教育、特別支援教育、発達教育学の合計5つの専攻で構成される。卒業要件となる所属専攻の教員免許に加え、希望に応じて他校種や他教科の教員免許の取得も可能である。

情報学部

情報学部定員学べる学問社会 メディア 経営情報 情報科学
245人

【特色】「文工融合型」の教育体制のもと、情報通信技術と社会、人間の研究を行う。
【進路】【業種トップ3】1位:情報・通信業、2位:製造業、3位:サービス業

取得できる免許・資格教員免許(高-情)、学芸員、社会調査士
学科・コース・専修一覧
情報科学科(100)情報科学の急激な進展に対応してカリキュラムも進化させている。情報の数理的側面の学習を基礎に、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、データベースなどIT技術の中核要素の理解を深める。高度な研究開発に従事できる総合力と応用力の獲得を目指す。
情報社会学科(75)情報技術や情報システムの可能性や危険性を理解し、情報通信技術の発展に対応した新しい情報社会のデザインを試みる。メディア/コンテンツ、コミュニケーション/言語、ソサエティ/公共、コミュニティ/ライフの4つの系から関心に応じて自由に履修する。
行動情報学科(70)ITスキルやITシステム開発力、データ分析力、マネジメント力を伸ばす教育を行う。データマイニングや人工知能、心理学・認知科学・学習理論、組織・行動・経営のマネジメントなどの専門分野がある。卒業研究では最先端領域や融合領域のテーマに取り組む。

理学部

理学部定員学べる学問生物 地球環境 数学 物理 化学
240人

【特色】「放射科学教育研究推進センター」を設置し、放射線の基礎・応用的研究に参加。
【進路】4割が進学。【業種トップ3】1位:製造業、2位:情報・通信業、3位:公務員

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理)、学芸員、危険物取扱者、測量士(補)
学科・コース・専修一覧
数学科(38)常に新しい視野をもって現代産業技術に貢献できる専門的技術研究者や教育者、現代数学に挑戦し新たな数学を創造できる研究者を育成。計算機演習も実施され、C言語などを利用したプログラミング作成やプログラム理論を学び、コンピュータ操作を身につける。
物理学科(48)物理学の基礎となる力学、物理数学、電磁気学、統計力学、量子力学などを中心にカリキュラムを構成。実験を「自然との対話」ととらえ、2・3年次にかけて多彩な学生実験を実施する。4年次には研究室に所属し、指導教員のもとで1つのテーマを深く学ぶ。
化学科(52)多彩な分野の教員を配置し、化学を幅広く教育・研究できる体制を整備。理学部附属「放射科学教育研究推進センター」の協力のもと、放射化学に関する教育研究も行われている。講義、演習、実習を軸にカリキュラムを構成しているが、実験がその半分を占めている。
生物科学科(52)環境応答学、生体調節学、細胞・発生プログラム学の3つの講座からなる。充実した講義と実験・演習により分子から個体群まで総合的な教育研究を行っている。実践的かつ幅広い基礎能力を徹底して身につけ、様々な研究や応用に柔軟に対応できる人材を育成する。
地球科学科(50)地球ダイナミクスと生物環境科学の2つの講座のもと、地球上の様々な課題を取り上げ教育・研究を行っている。富士山をはじめとした火山と火山岩、堆積岩、中央構造線などの大規模な断層帯などが間近に観察できる恵まれた環境のもと、野外実習が充実している。
創造理学(グローバル人材育成)コース学科一括で募集。1年次に複数の専門科目を履修し、2年次進級時に専門分野を選択して所属学科を決める。これと並行して創造理学コース科目を4年間かけて体系的に学んでいく。科学英語の学習や留学プログラムがカリキュラムに組まれ、イノベーションとグローバルの視点から基礎科学の教育を行う。

工学部

工学部定員学べる学問物理 化学 機械 環境工 電気電子 航空宇宙 エネルギー 情報科学
550人

【特色】自由な発想でものづくりのスキルを習得する。地域企業による寄附講座も充実。
【進路】【業種トップ3】1位:製造業、2位:情報・通信業、3位:サービス業

取得できる免許・資格教員免許(高-数・工業)、電気通信主任技術者、電気主任技術者、技術士(補)
学科・コース・専修一覧
機械工学科(168)宇宙・環境、知能・材料、光電・精密の3つの分野を設置。機械産業、電気電子機器産業、航空宇宙産業など裾野の広い産業分野を支える学問として、時代に合わせ教育内容を刷新している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)とも連携した研究・教育を行っている。
電気電子工学科(110)2年次から情報エレクトロニクスとエネルギー・電子制御の2つの分野に分かれる。電気電子や情報工学に関する幅広い専門的基礎力を持った技術者を育成する。ものづくりの実践や創造性の涵養を重視した教育を展開している。プログラミングや専門英語も学ぶ。
電子物質科学科(110)2年次より電子物理デバイス、材料エネルギー化学の2つの分野に分かれる。諸産業の発展に不可欠な電子デバイスからナノデバイスまで、幅広い電子デバイスやエネルギー関連材料を扱う。新しいエネルギー関連材料や環境調和材料、電子・光材料の開発を目指す。
化学バイオ工学科(112)2年次から環境応用化学とバイオ応用工学の2つの分野に分かれる。化学技術と生物工学を融合させた「生物からのものづくり技術」に関する教育を展開。1年次から2年次にかけて理系共通科目や基礎化学を学び、化学バイオ工学に関する基礎知識を習得する。
数理システム工学科(50)人と環境に配慮したシステムを構築する。数理科学と情報技術、環境関連の科学や工学を学び自由な発想力を養う。数理科学ではモデリングや最適化など、情報技術ではプログラミング、アルゴリズムなど、環境科学では環境システム工学や環境適合設計について学ぶ。

農学部

農学部定員学べる学問文学 生物 地球環境 生物資源 農・林業 化学
185人

【特色】豊かな自然のもと、生物科学と環境科学を融合した農学を探究する。
【進路】4割強が進学。【業種トップ3】1位:製造業、2位:公務員、3位:サービス業

取得できる免許・資格教員免許(高-理・農)、危険物取扱者、食品衛生管理者、食品衛生監視員、測量士(補)、建築士(一・二級、木造)、樹木医(補)
学科・コース・専修一覧
生物資源科学科(115)植物バイオサイエンス、木質科学、地域生態環境科学、農食コミュニティデザインの4つのコースからなる。生産生物科学と環境科学を統合した農学を学ぶ。静岡県の立地や環境を活かした実地教育を重視し、地域の農林業の活性化に寄与できる人材を育成する。
応用生命科学科(70)化学と生物学を基盤に生物を構成する成分の性質や環境との相互作用を探究し、生命現象を深く理解する。講義と実験を通して原子から生物個体レベルでの実践的な知識と技術を学ぶ。食品や医薬品、農薬、化粧品などの開発に関連した応用的な科目も履修する。

地域創造学環

地域創造学環定員学べる学問社会 商・経営 社会福祉 スポーツ 健康科学 デザイン
50人

【特色】2020年度改組。柔軟な教育システムで地域のクリエイティブリーダーを育成。
【進路】【業種トップ3】1位:公務員、2位:サービス業、3位:製造業

取得できる免許・資格社会調査士、社会教育主事
学科・コース・専修一覧
地域サステナビリティコース2020年度開設。地場産業や自然環境、文化など地域資源の活用を目指す地域経営、弱い立場の人々も含め暮らしやすい地域を作る地域共生、自然災害に強い地域づくりを目指す地域環境・防災の3つの分野を設置。地域の課題に主体的に取り組む人材を育成する。
アート&マネジメントコース芸術と地域社会を結びつけるアートマネジメント力を持ち、芸術による地域振興や美術・デザイン分野の創作活動を展開できるリーダーを育成。情報意匠論、劇場・音楽堂管理運営演習、芸術鑑賞演習、ワークショップ演習などの実践的な科目を多数設置している。
スポーツプロモーションコース健康スポーツの実践、競技力の向上、プロスポーツの進展など地域におけるスポーツ環境の整備をトータルコーディネートできるリーダーを育成する。スポーツ医学、スポーツ栄養学、運動生理学、ニュースポーツ演習、スポーツ政策論などの科目を設置している。