東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

人文学部
教育学部
経法学部
理学部
医学部
工学部
農学部
繊維学部

人文学部

人文学部定員入学金282,000円学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 心理 芸術理論
155人年間授業料535,800円

【特色】専門分野以外の多彩な科目を履修し幅広い学問理解を目指す「広域履修プログラム」が設置されている。
【進路】【業種トップ3】1位:公務員23.5%、2位:製造業16.8%、3位:サービス業16.7%

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・英、高-国・地歴・公・英)、学芸員、社会調査士
学科・コース・専修一覧
人文学科(155)哲学・芸術論、文化情報論・社会学、心理学・社会心理学、歴史学、比較言語文化、英米言語文化、日本言語文化の7つのコースを設置。高度に情報化、多様化した現代社会において本質的な思索から実践知を獲得する「新時代の人文人(ネオ・フマニスト)」を育成。

教育学部

教育学部定員入学金282,000円学べる学問教員養成 教育 心理 子ども
240人年間授業料535,800円

【特色】信州の地域特性を活かし、豊かな人間性と学校教育に関わる専門能力を身につける。
【進路】【業種トップ3】1位:教育・学習支援業71.1%、2位:公務員6.9%、3位:サービス業4.1%

取得できる免許・資格教員免許(幼一種、小一種、中-国・数・理・社・音・美・保体・技・家・英、高-国・数・理・地歴・公・家・音・美・保体・英、その他)、司書教諭
学科・コース・専修一覧
学校教育教員養成課程(240)現代教育、野外教育、国語、英語、数学、社会科、音楽など10の教科教育、特別支援教育、心理支援教育の合計14コースで構成。教育現場での臨床的な学習を通して、高い専門性や実践的な指導力と共に、総合的な問題解決能力も兼ね備えた教員を育成する。

経法学部

経法学部定員入学金282,000円学べる学問経済 商・経営 法 政治
180人年間授業料535,800円

【特色】専門知識と実践力、分野を横断した連携力を兼ね備え、複雑な社会問題の解決に挑む人材を育成する。
【進路】【業種トップ3】1位:公務員29.3%、2位:サービス業15.6%、3位:金融・保険業、製造業12.1%

学科・コース・専修一覧
応用経済学科(100)リスク分析、公共経済、企業と制度の経済分析の3つのコースを設置。社会現象や企業行動などに関する経済学の理論をもとに、自然科学と協働しながら社会問題に対する対応策を論理的に導き出す。医学、理学、法学などの知識も取り入れ、応用分析能力を養う。
総合法律学科(80)環境法務、経済・企業法務、都市・行政法務の3つのコースを設置。基礎から実践に至る法学知識を習得する他、法務関係資格の取得を支援する。現役の職業人から学ぶ実務講義や現場に出て学ぶ法務実習科目を通じ、法務や行政の実務に役立つ実践力を身につける。

理学部

理学部定員入学金282,000円学べる学問生物 地球環境 生物資源 数学 物理 化学
205人年間授業料535,800円

【特色】自然に配慮した社会の持続的発展を追究するグリーンサイエンスの教育と研究を行い、環境保全に取り組む。
【進路】約4割が進学。【業種トップ3】1位:公務員22.0%、2位:製造業20.0%、3位:教育・学習支援業17.0%

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理)、学芸員、測量士(補)
学科・コース・専修一覧
数学科(54)数理科学と自然情報学の2つのコースを設置。自然科学分野の発展の基礎である数学と、現代の情報化社会において不可欠なコンピュータの専門知識を習得する。論理的な思考力や柔軟な発想力を身につけ、情報産業や教育など様々な分野に貢献できる人材を育成。
理学科(151)物理学、化学、地球学、生物学、物質循環学の5つのコースを設置。選択したコースの専門科目を中心に学ぶ標準プログラム、アドバンス科目や大学院科目も履修する先進プログラム、他コースや他学部の科目も履修する学際プログラムの3つの学び方を提供している。

医学部

医学部定員入学金282,000円学べる学問医 看護 保健・介護
263人年間授業料535,800円

【特色】すぐれた医療人になるために必要な知識や態度、技能、考え方などを習得する。
【進路】卒業生の多くが専門分野の国家資格を取得し、医療機関などで活躍している。

取得できる免許・資格教員免許(養護二種)、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、医師
学科・コース・専修一覧
医学科(120)6年制。1年次から基礎医学が始まり、3年次に基礎医学を修了する効率的なカリキュラムを構成。3年次後期からユニット講義で臨床医学についての知識を習得、4年次後期からは少人数のグループで見学だけでなく診療にも参加する診療参加型臨床実習を行う。
保健学科(143)4年制。希望の職種に対応した看護学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学の4つの専攻で構成。3年次より専攻ごとに専門科目を履修する。チーム医療実習や希望者を対象としたカーティン工科大学(オーストラリア)への短期留学制度なども整備されている。

工学部

工学部定員入学金282,000円学べる学問地球環境 物理 化学 機械 土木・建築 環境工 電気電子 情報科学
485人年間授業料535,800円

【特色】エネルギー、食、水、先進材料、環境、デザインなど現代社会の課題を軸に教育と研究を行う。
【進路】約6割が進学。【業種トップ3】1位:製造業42.1%、2位:公務員17.2%、3位:建設業15.8%

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情・工業)、学芸員、危険物取扱者、測量士(補)、電気主任技術者、建築士(一・二級、木造)、毒物劇物取扱責任者、技術士(補)、土木施工管理技士
学科・コース・専修一覧
物質化学科(95)先進材料工学、分子工学、バイオ・プロセス工学の3つのプログラムで構成。化学を基礎とした先端的な材料・機能物質・バイオテクノロジー分野について教育研究を行っている。化学の広範な知識を基盤に、課題解決から技術の革新までを担える人材を育成する。
電子情報システム工学科(170)電気電子、通信システム、情報システムの3つのプログラムで構成される。エレクトロニクス、情報通信、コンピュータの各分野について基礎から応用までを扱う。安定したエネルギー供給とそれを支え制御する電気電子機器や技術の連携などをテーマに教育を行う。
水環境・土木工学科(60)水資源、水処理、水保全を扱う水環境プログラムと、社会基盤、環境防災、地域計画を扱う土木プログラムからなる。健全な水循環システムと快適な生活環境の構築について教育研究を行う。深い専門知識を持ち、社会と地域に貢献できる技術者や研究者を育成する。
機械システム工学科(100)環境機械、機械物理、精密知能機械の3つのプログラムで構成される。環境負荷の軽減に貢献できる機械材料の開発や、人や社会を支える精密知能機械の開発を目指す。柔軟な発想と創造力を兼ね備えた、次世代の産業技術社会で活躍できる機械系技術者を育成する。
建築学科(60)建築学、工芸デザインの2つのプログラムで構成される。信州の豊かな自然の中で木材利用や古民家の再生など地域の特性を活かした学びを展開する。建築、都市、地球全体から工芸、インテリアまでを俯瞰し、伝統を理解したうえで作品を創造できる技術者を育成。

農学部

農学部定員入学金282,000円学べる学問生物 地球環境 生物資源 農・林業 化学 食物
170人年間授業料535,800円

【特色】フィールド研究とラボ研究を連動した教育体制により、人と自然が共生する持続可能な社会の創造を目指す。
【進路】約4割が進学。【業種トップ3】1位:製造業34.3%、2位:公務員20.6%、3位:卸売・小売業11.8%

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理・農)、危険物取扱者、食品衛生管理者、食品衛生監視員、測量士(補)、毒物劇物取扱責任者、樹木医(補)
学科・コース・専修一覧
農学生命科学科(170)生命機能科学、動物資源生命科学、植物資源科学、森林・環境共生学の4つのコースで構成。キャンパス内の広大な農場と演習林で実習が行われる。英語で開講する授業が充実している他、国際化に対応した科目群も設置され農学系グローバル人材の育成を推進する。

繊維学部

繊維学部定員入学金282,000円学べる学問生物 化学 機械 電気電子 デザイン
280人年間授業料535,800円

【特色】「理・工・農・医+α」の幅広い教育を通して、製品の開発から流通までを主導する人材を育成する。
【進路】約7割が進学。【業種トップ3】1位:製造業62.7%、2位:サービス業10.5%、3位:公務員など6.0%

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理・工業)、技術士(補)
学科・コース・専修一覧
先進繊維・感性工学科(65)2つのコースを設置。先進繊維工学コースではテキスタイル工学を基礎に先進機能材料の開発を学ぶ。感性工学コースでは人の感性をとらえた価値あるものづくりのための教育と研究を行う。素材の開発から製品評価までを一貫して担える創造的な技術者を育成する。
機械・ロボット学科(60)機能機械学とバイオエンジニアリングの2つのコースで構成。生物の構造と機能を理解し、機械やロボットの設計を行うための技術を学ぶ。環境との調和のうえに人間の暮らしを豊かにする機械の創造や、新たな発想によるものづくりをテーマに教育研究を行う。
化学・材料学科(105)ファイバー材料工学、機能高分子学、応用分子化学の3つのコースを設置。炭素繊維を利用した複合材料、排ガス浄化触媒、高分子、液晶、半導体、人工臓器などの先端的研究が行われている。化学工学など現代社会に不可欠な分野の研究者及び技術者を育成する。
応用生物科学科(50)Tバイオサイエンスとフィールドサイエンスの2つの領域を設置。農学、工学、環境科学などの幅広い知識を統合し、持続可能な社会の構築に貢献できる技術開発を目指す。動物、微生物、植物に加え、独自の昆虫科学や生物繊維科学なども深く学ぶことができる。