東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

目次

学部の選択をして下さい。

国際資源学部
教育文化学部
医学部
理工学部

国際資源学部

国際資源学部定員学べる学問文化 国際 経済 法 政治 地球環境 環境工 エネルギー
120人

【特色】資源学を学ぶ海外資源フィールドワークの他、専門教育科目を英語で履修可能。
【進路】【業種トップ3】1位:製造業、2位:建設業、3位:サービス業

取得できる免許・資格危険物取扱者、測量士(補)、ダム水路主任技術者、土木施工管理技士
学科・コース・専修一覧
国際資源学科(120)資源政策、資源地球科学、資源開発環境の3つのコースを設置。国内でも数少ない資源学を学べる学部である。資源探査や開発・生産を対象とする理工系分野と資源政策や資源経済を対象とする人文社会系分野の両方を扱い、国際的な資源スペシャリストを育成する。

教育文化学部

教育文化学部定員学べる学問文化 言語・語学 社会 国際 経済 教員養成 心理 地球環境
210人

【特色】教員養成のみならず、幅広い視野から地域活性化に貢献する人材を育成する。
【進路】【業種トップ3】1位:教育・学習支援業、2位:公務員、3位:医療・福祉業

取得できる免許・資格教員免許(幼一種、小一種、中-国・数・理・社・音・美・保体・家・英、高-国・数・理・地歴・公・家・音・美・保体・英、その他)、司書教諭、社会教育主事、認定心理士、保育士
学科・コース・専修一覧
学校教育課程(110)教育実践、英語教育、理数教育、特別支援教育、こども発達の5つのコースに分かれる。地域の教育機関と連携した実習や実地研究を行い、子どもと直接触れ合うことで実践的な教育力を高める。インクルーシブ教育や外国語活動・理科実験、防災教育なども学ぶ。
地域文化学科(100)3つのコースを設置。地域社会コースでは政治学や経済学、環境学や情報学を学び様々な視点で地域社会をとらえる。国際文化コースでは海外の言語、文化、思想などを学び地域の中で知見を活かす。心理実践コースでは地域社会の諸課題に心理学の知識を応用する。

医学部

医学部定員学べる学問医 看護 保健・介護
230人

【特色】豊かな人間性と問題解決能力を持ち、人々の健康と福祉に寄与する人材を育成。
【進路】【業種トップ2】1位:医療・福祉業、2位:情報・通信業

取得できる免許・資格看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、医師
学科・コース・専修一覧
医学科(124)6年制。国際的にも高く評価される独創的な医学研究を推進している。専門教育科目や臨床実習を通じて医療に関する高度な知識と技術を習得する。人間への深い愛情を持ち、地域社会を中心とした医学、医療の発展に貢献する意欲と能力を兼ね備えた人材を育成。
保健学科(106)4年制。看護学、理学療法学、作業療法学の3つの専攻を設置。幅広い教養を身につけ、国民の健康、医療、福祉及び医学と健康科学の発展に貢献できる人材を育成する。医療人としての人間性や倫理性を重視し、医療専門者に必要な技術と専門知識を習得する。

理工学部

理工学部定員学べる学問生物 数学 物理 化学 機械 土木・建築 環境工 電気電子 エネルギー 情報科学
395人

【特色】AI・データサイエンス教育で、様々な分野の新しい価値を生み出す人材を育成。
【進路】【業種トップ3】1位:製造業、2位:公務員、3位:情報・通信業

取得できる免許・資格教員免許(中-数、高-数・理・工業)、危険物取扱者、測量士(補)、電気通信主任技術者、電気主任技術者、ダム水路主任技術者、技術士(補)、ボイラー技士、土木施工管理技士
学科・コース・専修一覧
生命科学科(45)生命科学コースを設置。化学と生物学を軸に幅広い知識を習得し、医療や食料、環境などの分野における諸問題の解決に貢献する。1年次より生命系のテーマで研究を行い議論する授業がある。英語によるテクニカルコミュニケーションの授業も設けられている。
物質科学科(110)最先端の化学や材料科学に携わる専門家を育成する。2つのコースを設置。応用化学コースでは化学工学の専門分野を幅広く学び、様々な現象を分析する力を養う。材料理工学コースでは基礎から応用まで材料についての知識を学び、創造的な技術者を育成する。
数理・電気電子情報学科(120)3つのコースからなる。数理科学コースでは数理科学と情報科学を学び柔軟で論理的な発想力を養う。電気電子工学コースでは電気、電子、情報、通信工学を支える基盤技術を学ぶ。人間情報工学コースでは高い倫理観を備えた情報通信技術の専門家を育成する。
システムデザイン工学科(120)新しいものづくりに取り組む実践的な技術者を育成する。2つのコースを設置。機械工学コースでは基礎学力、応用力、協調性、自立性をあわせ持つエンジニアを育成。土木環境工学コースでは自然環境と社会環境の双方に配慮した社会基盤の維持管理技術を学ぶ。