東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 京都大学 > 学部・学科情報

目次

学部の選択をして下さい。

総合人間学部
文学部
教育学部
法学部
経済学部
理学部
医学部
薬学部
工学部
農学部

総合人間学部

文系と理系の枠組みを越えて、人間存在のあらゆる側面へと迫る

学科・コース・専修一覧
総合人間学科定員入学金282,000円学べる学問哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 生物 物理 化学 情報科学
120人年間授業料535,800円

【特色】入学後の1年間は幅広い学問分野を学んでいき、2年次進級時に主専攻を決定する。
【進路】卒業生の約4割が大学院に進学する。就職先は、サービス業や金融・保険業、情報・通信業など多彩である。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・数・理・社・保体・英・フランス語・ドイツ語、高-国・数・理・地歴・公・情・保体・英・フランス語・ドイツ語)、学芸員、司書
主な出身者松村圭一郎(岡山大学准教授)、ヒャダイン(音楽クリエイター)、東田大志(パズル研究 者)
人間科学系既存の人間についての知を踏襲しつつ、より包括的で根源的な人間理解を目指し、思想、社会、文化の3つの学問領域を学んでいく。人間形成論、社会行動論、文化社会論、人間存在論、創造行為論、文芸表象論など、有機的に連関する合わせて6つの分野の講義が開講されている。
認知情報学系脳、身体、言語などの研究をもとに人間の創造世界をより深く理解することを目指し、認知・行動科学、数理情報論、言語科学、外国語教育論などを学ぶ。環境の認識と働きかけを行う脳内の認知機構と行動制御機構を運動・代謝栄養医科学、情報科学、数理科学といった観点から総合的に学び、科学的で柔軟な思考力を習得する。
国際文明学系社会科学系の諸分野や日本、東洋、西洋の歴史など人文系の諸分野の中から主専攻を選択し、さらに関連諸学を領域横断的に学んでいく。社会相関論、歴史文化社会論の2つの分野を通して、幅広い教養や専門的知識の習得を目指し、学際的教養と柔軟な思考力を兼ね備えた学生を育成する。
文化環境学系グローバル化の進展する現代社会において、各文明の地域的特性を多角的に比較することで、文明相互の交流と文明の自己相対化の様相を複眼的な視点から解明していく。比較文明論、文化・地域環境論という2つの分野の講義を通して、文明や文化が複雑なものであることを理解し、人間活動の実態と意義を考察する。
自然科学系物質から生命、さらには宇宙を支配する基本原理と共に、その相関関係を理解すべく、物理科学、化学・物質科学、生物科学、地球科学の4つの分野で構成されるカリキュラムで学ぶ。それらの基礎を習得するだけでなく、新しい領域を模索するために必要な研究に取り組む。自然観と人間観の組み合わせから新たな知の創造を目指す。

文学部

人間とその文化的営みを原理的に解明し、新たな知的価値の創出を目指す

学科・コース・専修一覧
人文学科定員入学金282,000円学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 メディア 心理
220人年間授業料535,800円

【特色】1年次は全学共通科目で幅広い学問を学び、3年次から専修に所属する。
【進路】卒業生の約3割が大学院に進学する。情報・通信業やサービス業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・宗・英・中国語・フランス語、高-国・地歴・公・宗・英・中国語・フランス語)、司書教諭、学芸員、司書、測量士(補)
主な出身者鷲田清一(京都市立芸術大学長)、安酸敏眞(北海学園大学長)、芝井敬司(関西大学長)、天野貞祐(哲学者)、山内得立(哲学者)、宮崎市定(東洋史学者)、佐藤卓己(京都大学大学院教授)、若尾祐司(名古屋大学名誉教授)、藤田高夫(関西大学教授)、森下伸也(関西大学教授)、氣賀澤保規(歴史学者)、和田孫博(灘中学校・高等学校長)、白石興二郎(読売新聞グループ本社会長)、島谷能成(東宝社長)、藤原浩(マネジメントサービスセンター社長)、鳥越俊太郎(ジャーナリスト)、辰巳琢郎(俳優)、谷崎由依(小説家)、いしいしんじ(小説家)、山本寛(アニメーション監督)、若木民喜(漫画家)、北野剛寛(NHKアナウンサー)
哲学基礎文化学系現代社会における常識や他の学問領域において自明とされている事柄など、人の知的営みを原点に戻り改めて考察し、新時代の思想の担い手を育成する。哲学、西洋哲学史、日本哲学史、倫理学、宗教学、キリスト教学、美学美術史学の7つの専修からなる講義の中で幅広く哲学を学ぶ。専修相互間の交流と連携も活発に行われている。
東洋文化学系国語学国文学、中国語学中国文学、中国哲学史、インド古典学、仏教学の5つの専修がある。日本、中国、インド、チベットなど東アジアにおける文学、思想、宗教、言語を軸として考察する。文献文化論という協力講座が設置され、原文の文献資料の読解を通じて東洋の歴史や文化と世界の関係を、正確な専門知識と広い視野で解明する。
西洋文化学系ヨーロッパとアメリカを中心に、文学と言語の視点から文化と社会に関して考察していく。古代から現代に至るまで幅広い時代の文献を扱う。卒業後は西洋文化を学ぶことで培われた高い言語力と幅広い視野による異文化理解力、コミュニケーション能力を活かし、研究者や官公庁、教育、報道など幅広い方面で活躍する。
歴史基礎文化学系日本史学、東洋史学、西南アジア史学、西洋史学、考古学の5つの専修から構成されている。考古学とそれ以外の専修で研究方法は異なるが、いずれも歴史における人間社会の発展の過程を整理し、考察する。充実した演習と実習により、文献や史料を読み解く基礎学力を養う。地理学や古典学など、他学系の授業を取ることもできる。
行動・環境文化学系心理学、言語学、社会学、地理学の4つの専修がある。心理学専修では実験にもとづいて人の心の働きを研究する。言語学専修では言語の理論的研究、文献がない時代の言語の推定などを行う。社会学専修では社会構造、人間関係の研究や社会調査をおもに行い、地理学専修では地表空間における様々な人間活動を研究する。
基礎現代文化学系2018年度、二十世紀学専修と情報・史料学専修が新たにメディア文化学専修に改組。既存の科学哲学科学史と現代史学の2つの専修と合わせて、3つの専修で構成される。人類史の中で社会が最も大きく変貌した現代を研究し、人間の科学やメディアなどにおける営みや歴史的観点から、現代の様々な様相を正確に把握することを目指す。

教育学部

現代の「人間形成社会」に求められる、新しい教育を創造する

学科・コース・専修一覧
教育科学科定員入学金282,000円学べる学問社会 メディア 教育 心理 図書館
60人年間授業料535,800円

【特色】1年次は全学共通科目や教育研究入門などの履修で教養を深め、3年次に各学系に分かれて専門科目を学ぶ。
【進路】卒業生の約4割が大学院に進学する。サービス業や情報・通信業などに就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公、その他)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
主な出身者築山崇(京都府立大学長)、清原正義(島根県立大学理事長兼学長)、綾辻行人(小説家)、今井雅子(脚本家)、竹内洋(京都大学名誉教授)、明和政子(京都大学大学院教授)、松下佳代(京都大学教授)、石井英真(京都大学准教授)、西岡加名恵(京都大学大学院准教授)、開沼太郎(大阪大谷大学教授)、田中純(福岡県行橋市長)
現代教育基礎学系教育領域に存在する様々な問題を哲学や歴史学の視点から分析する教育哲学・教育史学、心身の発達を発達科学にもとづき解明することで、真に適切な教育方法を提案することを目指す教育方法学・発達科学、芸術や言語など人間学の多様なテーマについて、思想研究の方法で考察する教育人間学・臨床教育学の3つの領域から学習と研究に取り組む。
教育心理学系心の仕組みと働きについて、幅広い知識と柔軟な思考力を持った人材を育成する。他学部の心理学系教室と連携した教育・研究活動を展開している。おもな開講科目として、教育活動と密に関係する心理学関連の知識の習得とその応用を学ぶ教育・認知心理学、修士課程に進学すれば臨床心理士の資格を取得できる臨床心理学の2つが用意されている。
相関教育システム論系教育の柔軟なあり方、ネットワーク化が問題になった現代の、教育と社会における創造的な結びつきを探究する。学歴社会などの諸問題を社会学的な視点で考察する教育社会学、学校教育を越えて、幅広く教育と文化を分析する生涯教育学、各国の教育制度や教育の行財政制度と政策立案などを学ぶ比較教育学・教育政策学の3つの科目をおもに学ぶ。

法学部

制度や組織の設計と運用をするための、構想力を持った指導者を育成する

法学部定員入学金282,000円学べる学問経済 法 政治
330人年間授業料535,800円

【特色】1・2年次にはおもに教養科目を学び、段階的に専門科目の履修が増えていく。
【進路】約3割の卒業生が大学院に就職する。金融・保険業などの一般企業に就く者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-公)
主な出身者位田隆一(滋賀大学長)、五百籏頭真(熊本県立大学理事長)、出口治明(立命館アジア太平洋大学長)、髙島誠(三井住友銀行頭取兼CEO)、平野信行(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長兼CEO、三菱東京UFJ銀行会長)、内田幸雄(JXTGホールディングス社長)、 別所芳樹(スズケン会長)、岩根茂樹(関西電力社長)、助野健児(富士フイルム社長兼COO)、唐池恒二(JR九州会長)、伊原保守(アイシン精機社長)、秋山咲恵(サキコーポレーション社長)、西原正(平和・安全保障研究所理事長)、山本信一郎(宮内庁長官)、法坂一広(推理作家、弁護士)、万城目学(小説家)、岡崎琢磨(小説家)、平野啓一郎(小説家)、恵村順一郎(朝日新聞論説委員)、佐藤幸治(京都大学名誉教授)、上山信一(慶應義塾大学教授)、林景一(最高裁判所判事)、谷本正憲(石川県知事)、小川洋(福岡県知事)、竹内譲(衆議院議員)、細野豪志(衆議院議員)、前原誠司(衆議院議員)、佐藤茂樹(衆議院議員)、大西健介(議院議員)、篠原孝(衆議院議員)、竹本直一(衆議院議員)、野村正育(NHKアナウンサー)、岩本計介(朝日放送アナウンサー)、宇治原史規(漫才師)、桂福丸(落語家)
学科・コース・専修一覧
法学部(330)幅広く教養科目を学んだあと、少人数制の演習などにより本格的な法学の学習を進める。自身の将来は自身で設計するという理念のもと、必修の専門科目を設定せず、学習計画を学生の主体性に任せているのも特徴の1つである。社会の全体像や動向を経済の視点からとらえるために、経済学部の一部の科目を履修することもできる。

経済学部

確固とした学問的基礎のうえに立ち、柔軟な思考力と創造性を養う

経済学部定員入学金282,000円学べる学問経済 商・経営 経営情報
240人年間授業料535,800円

【特色】1年次には教養科目と共に経済の入門科目を学び、2年次から本格的に専門科目を履修する。
【進路】約9割の卒業生が就職する。金融・保険業や情報・通信業などに就く者が多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公・商業)
主な出身者柄澤康喜(三井住友海上火災保険会長)、垣内威彦(三菱商事社長)、竹内章(三菱マテリアル社長)、本荘武宏(大阪ガス社長)、武田信二(TBSテレビ社長)、安田善巳(角川ゲームス社長)、牧寛之(メルコホールディングス社長)、吉田修平(ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント)、貴志祐介(小説家)、松尾依里佳(ヴァイオリニスト)、本山美彦(京都大学名誉教授)、西村周三(京都大学名誉教授)、瀬地山敏(京都大学名誉教授)、浅田彰(京都造形芸術大学大学院学術センター所長)、安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授)、柳原光芳(名古屋大学大学院教授)、大西広(慶應義塾大学教授)、川口清史(立命館大学教授)、中村由依(福岡大学准教授)、杉原薫(総合地球環境学研究所特任教授)、伊吹文明(衆議院議員)、大成安代(NHKアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
経済経営学科(240)1年次では全学共通科目と並行して、マクロ経済学入門、ミクロ経済学入門など9つの科目からなる入門科目を履修する。これら入門科目の基礎のうえに、専門的な学問を学んでいく。経済学や経営学の専門科目だけでなく、大学院との共通科目も学ぶことができる。必修の学部科目がなく、自主的な学習計画が設計できるのも特色の1つである。

理学部

自然の深遠な秘密に接することを楽しみ、次世代の自然科学を担う人材を育成する

学科・コース・専修一覧
理学科定員入学金282,000円学べる学問生物 地球環境 数学 物理 化学
311人年間授業料535,800円

【特色】2年次まではおもに全学共通科目、専門基礎科目を履修し、3年次から系ごとに分属する。
【進路】卒業生の約8割は大学院に進学し、例年100名程度が理学の博士号を取得する。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理)、学芸員、測量士(補)
主な出身者湯川秀樹(理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞者)、赤﨑勇(ノーベル物理学賞受賞者、名城大学教授)、利根川進(ノーベル生理学・医学賞受賞者)、山極壽一(京都大学総長)、福田喬(電気通信大学長)、柳澤康信(岡山理科大学長)、池内了(総合研究大学院大学名誉教授)、猪熊泰英(北海道大学大学院准教授)、井田茂(東京工業大学教授)、米沢富美子(慶應義塾大学名誉教授)、増田寿幸(京都信用金庫理事長)、川下大洋(俳優、脚本家、演出家)、竹内久美子(動物行動学研究家、エッセイスト)、湯之上隆(ジャーナリスト、微細加工研究所長)、石見利勝(兵庫県姫路市長)※前身の大学出身者含む
数理科学系数学の確固たる体系を築きつつ、物理学、地球惑星科学、化学、生物科学など他の科学のもとで生じた様々な問題を解決するために新たな理論を生み出している。同時に、普遍性のある数学は他の多くの分野ともつながりを持つようになっているため、代数学や幾何学、解析学にとどまらず最新の数学理論も学習していく。
物理科学系普遍的な法則を明らかにし、自然界の様々な現象の統一理解を目指す。系の中で3つの教室に分かれている。第1教室では物質の構造と性質に関して、第2教室では時空間そのものから素粒子、原子核、重力、宇宙に関して、宇宙物理学教室では宇宙の諸現象について理論、実験、観測を通して、それぞれバランス良く学ぶことができる。
地球惑星科学系地球という惑星と、地球を取り巻く惑星間空間を研究対象とする。系の中で、2つの分野に分かれる。地球物理学分野では、固体地球物理学や水圏地球物理学、大気圏物理学の他、太陽惑星系電磁気学を扱う。地質学鉱物学分野では、惑星を構成する物質、地殻の地球深部での動向、地球表層部の生物と環境との相互作用をおもに研究している。
化学系原子、分子レベルで物質の構造、性質、反応の本質を明らかにすることで、自然を理解し、有用な物質を創造することを目的に学習と研究を進める。原子や分子、生命から宇宙まで、自然界の物質や現象を網羅的に研究対象とする。固体物性化学、生物構造化学、量子化学などの分野から知的探究を深めることのできるカリキュラムが展開されている。
生物科学系生物の進化や多様性の謎を解き明かすマクロレベルの視点と、多様な生命現象を分子レベルで解明するミクロレベルの視点の両方から、多様な生物の存在様式や生命現象の統合的な理解を目指す。自然人類学、動物系統学、環境応答遺伝子科学、神経生物学などの分野からカリキュラムが展開されている。

医学部

高い倫理観と洞察力を兼ね備えた、新たな知を創出する人材を育成する

学科・コース・専修一覧
医学科定員入学金282,000円学べる学問
107人年間授業料535,800円

【特色】全授業が必須科目であり、基礎医学、社会健康医学、臨床医学の分野を学ぶ。
【進路】卒業後は、9割超の学生が医師免許取得後、研修医になる。

取得できる免許・資格医師
主な出身者湊長博(京都大学副学長)、眞弓光文(福井大学長)、塩田浩平(滋賀医科大学長)、筧善行(香川大学長)、中井久夫(神戸大学名誉教授)、坂口志文(大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授)、中村仁一(医師)、岡田尊司(医師、作家)、高山路爛(医師、作家)、明橋大二(精神科医、スクールカウンセラー)、坂井秀至(囲碁棋士)、上田三四ニ(歌人)※前身の大学出身者含む
医学科(107)6年制。1・2年次ではおもに全学共通科目や医療人としての教養を養うカリキュラムを通して医療人となるための基礎を学ぶ。3年次以降は基礎医学を中心に専門的に学習し、生命科学を多様な面から深く理解していく。5年次からは病院での臨床実習が軸となる。6年間のカリキュラムを通じて医学を広範に学ぶ。
人間健康科学科定員入学金282,000円学べる学問看護 保健・介護
100人年間授業料535,800円

【特色】学科一括入試と2年次に希望のコースを選択する進学振り分け制度を採用している。
【進路】卒業生の約4割が大学院に進学する他、3割超が医療機関に就職する。一般企業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格看護師、保健師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士
主な出身者玉木彰(兵庫医療大学教授)、野藤弘幸(常葉大学准教授)、白井はる奈(佛教大学准教授)、鈴木俊明(関西医療大学大学院教授)、宇都宮宏子(在宅ケア移行支援研究所主宰)※前身の大学出身者含む
先端看護科学コース2017年度改組。あらゆる健康レベルの人々を、健康科学に関する幅広い視野と知識、技術で支援し、身体、精神、社会の3つの側面から全人的なケアを行う、深い人間愛と高い倫理性を兼ね備えた看護職を育成する。基礎看護学、臨床看護学、家族看護学、地域看護学の4つの講座を設置し、既存の枠組みにとらわれない新たな発想の教育を行う。
総合医療科学コース2017年度設置。医学や医療の知識をベースに持ちつつ、周辺科学領域に関わる高い専門性を身につけた人材を育成する。加えて、近未来社会の医療ニーズに応える学術研究の推進と世界レベルの研究を牽引する研究者及び高度医療専門職を育成する。生命・基礎医科学、臨床医科学、医療理工科学の3つの講座からなる。
先端リハビリテーション科学コース2017年度改組。多様化し高度化するリハビリテーション医療を担い、最先端の研究と臨床に対応する人材を育成する。2年次後期は理学療法学、作業療法学の2つの講座の共通科目を履修し、幅広い視野を獲得する。3年次以後は理学療法学または作業療法学の2つの講座の専門科目において、高度医療専門職を育成する専門教育を受ける。

薬学部

医療人としての心と幅広い専門知識をあわせ持ち、人類の健康に大きく貢献することを目指す

薬学部定員入学金282,000円学べる学問生物 化学 薬
80人年間授業料535,800円

【特色】2学科制。薬科学科は4年間、薬学科は6年間をかけて基礎科目から実習を交えた専門科目まで学ぶ。
【進路】卒業後は、薬科学科の約9割が大学院に進学する。薬学科の卒業生は、薬剤師国家試験を受験する。

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理)、薬剤師
主な出身者北河修治(神戸薬科大学長)、藤井信孝(京都大学大学院名誉教授)、橋田充(京都大学大学院教授)、金子周司(京都大学大学院教授)、森和俊(京都大学大学院教授)、岡昌吾(京都大学大学院教授)、中村和男(シミックホールディングスCEO)
学科・コース・専修一覧
薬科学科(50)4年制。創薬科学の発展を担う人材を目指して、薬学の基礎となる自然科学のあらゆる学問と薬学固有の学問に関する基礎知識や技術、態度を学ぶ。4年次には特別実習があり、希望する研究室で教員の指導のもと特定の専門領域に関する研究を行う。専門知識を深め、研究能力を養うために多くの卒業生が大学院に進学する。
薬学科(30)6年制。医薬品の適切な使用を目的とした総合科学として、薬学の基礎から応用に至るまで、幅広い知識と技能を学ぶ。4年次以降には特別実習、病院実習、調剤薬局実習といった現場に根ざした実習なども行われる。高度医療を支える医療薬学の研究者や技術者、薬剤師を育成する。

工学部

様々な視点から科学技術の発展を見すえ、新たな領域を開拓できる人材を育成する

工学部定員入学金282,000円学べる学問数学 物理 化学 機械 土木・建築 環境工 電気電子 航空宇宙 エネルギー 情報科学
955人年間授業料535,800円

【特色】2年次までは全学共通科目を中心に履修し、幅広い知識を学んだのち、4年次に卒業研究を行う。
【進路】卒業生の約9割が大学院に進学する。製造業や情報・通信業に就職する者もいる。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情・工業)、危険物取扱者、測量士(補)、電気通信主任技術者、電気主任技術者、建築士(一・二級、木造)
主な出身者福井謙一(ノーベル化学賞受賞者)、野依良治(ノーベル化学賞受賞者)、西尾章治郎(大阪大学総長)、古山正雄(京都工芸繊維大学長)、尾家祐二(九州工業大学長)、長尾真(京都府立公立大学理事長)、辻洋(大阪府立大学理事長兼学長)、田中孝司(KDDI社長)、新野隆(NEC社長兼CEO)、有馬浩二(デンソー社長)、八木誠(関西電力会長)、川上量生(ドワンゴ会長)、吉野彰(名城大学大学院教授、旭化成名誉フェロー)、福江純(大阪教育大学教授)、門内輝行(大阪芸術大学教授)、伊丹健一郎(名古屋大学大学院教授)、山西健一郎(三菱電機会長)、高松伸(建築家)、児玉光雄(スポーツ心理学者)、川口淳一郎(「小惑星探査機はやぶさ」プロジェクトマネージャー)、飯田哲也(環境エネルギー政策研究所長)、高橋智隆(ロボットクリエーター)、麻耶雄嵩(推理作家)、神前暁(作 曲家)、室﨑益輝(神戸大学名誉教授)、山井和則(衆議院議員)、島田智明(大阪府河内長野市長)、東修平(大阪府四條畷市長)、酒井千佳(気象予報士)※前身の大学出身者含む
学科・コース・専修一覧
地球工学科(185)インフラストラクチャーについて学ぶ土木工学、資源やエネルギーについて学ぶ資源工学、人間と自然環境の均衡について学ぶ環境工学など、3年次から配属される3つのコースの他、1年次から配属され、すべての授業を英語で行う国際コースを設置している。なお、国際コースのカリキュラムの大部分は土木工学コースに準拠している。
建築学科(80)人間生活のあらゆる面に密接に関わる建築について、自然科学、人文科学、社会科学から芸術まで幅広い分野の教育と研究を行う。都市や建築の空間形成原理や設計方法を考える計画系、防災を念頭におき建築設計を行う構造系、光や音などの環境が人間に与える影響を考慮に入れ、設備計画を立てる環境系の3つの分野をおもに学ぶ。
物理工学科(235)物理学の視点から、新しいシステム、材料、エネルギー源の開発、宇宙空間の利用などに関する研究の基礎力を習得する。2年次から分かれる機械システム学、材料科学、宇宙基礎工学、原子核工学、エネルギー応用工学の5つのコースが一体となり、新技術の創造のために必要な基礎的な教育・研究と幅広い専門教育を行う。
電気電子工学科(130)21世紀のエネルギーと情報化社会を支えることを目標に、幅広い知識と広い視野の他、高い独創性と倫理性を兼ね備えた人材を育成する。電気電子工学のさらなる発展を目指して、基礎を入念に学習後、専門科目の学習、実験、実習、演習を通して最先端の知識と科学技術が身につけられるようにカリキュラムが組まれている。
情報学科(90)巨大化し複雑化する情報化社会における情報の本質の究明を目指す。2年次から数理工学、計算機科学の2つのコースに分かれて専門教育を受ける。基礎から応用までの総合的な教育を通して、物理学、数学を基礎とする数理的思考を駆使して問題を解決し、計算機や情報システムの構築を行うことのできる人材を育成する。
工業化学科(235)1年半の共通カリキュラムのあと、2年次後期から3つのコースに分かれる。創成化学コースでは新物質、新構造の設計や新素材の開発などを行う。工業基礎化学コースでは大学院での高度な研究活動につながる、化学の基礎を習得する。化学プロセス工学コースでは最適システムの構築による物質の高機能化、エネルギーの効率的生産などを研究する。

農学部

生命、食料、環境に関わる、多様かつ複合的な諸問題に立ち向かう

農学部定員入学金282,000円学べる学問経済 商・経営 生物 生物資源 農・林業 水産 化学 環境工 食物
300人年間授業料535,800円

【特色】4年一貫教育のもと、3年次から本格的に専門科目を履修し、4年次には研究分野別に卒業研究を行う。
【進路】卒業生の8割超が大学院に進学する。就職先は情報・通信業、公務、製造業など多岐にわたる。

取得できる免許・資格教員免許(中-理、高-理・農・水)、食品衛生管理者、食品衛生監視員、測量士(補)、樹木医(補)
主な出身者中尾佐助(植物学者)、辻英明(岡山県立大学長)、德永光俊(大阪経済大学長)、松本晃(カルビー会長兼CEO)、日暮清(すてきナイスグループ社長)、福岡伸一(青山学院大学教授)、荒山裕行(京都産業大学客員教授)、山﨑正幸(龍谷大学准教授)、吉田宗弘(関西大学教授)、森見登美彦(小説家)、マック赤坂(スマイルセラピー協会会長)、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)、八木麻紗子(テレビ朝日アナウンサー)
学科・コース・専修一覧
資源生物科学科(94)陸地や海洋に生息する資源生物の生産性と品質の向上を環境との調和の中で追究し、応用分野の研究につなげる。30の専門分野があり、大きく資源植物、資源動物、海洋生物、生産環境の4つのグループに分かれる。1・2年次の全般的な履修、3年次での選択科目受講ののち、4年次に分属分野を選択する。
応用生命科学科(47)多彩な生物を対象とした13の分野からなる。農業生産、発酵・食品・化学工業、環境保全に関する様々な問題を生命現象の原理にもとづき解決する。化学、生物学、生化学、物理学、生理学、分子生物学などを基盤として生命の謎を探究するバイオサイエンスと、その成果を社会に還元するバイオテクノロジーの研究をおもに行っている。
地域環境工学科(37)農業生産活動が行われる「地域」という空間の有用性を認識しその積極的かつ賢明な活用を目指す。環境を美しく、豊かに保全する方法を学ぶ「水・土・緑系」に関する4つの分野と、環境やエネルギーを考慮した食料生産、バイオマス・エネルギー開発などを学ぶ「食料・エネルギー系」に関する3つの分野が教育の主体となっている。
食料・環境経済学科(32)世界規模の食料問題や環境問題、農林水畜産業を取り巻く様々な環境について、他産業や都市との関係も考慮しつつ研究する。教育分野には農業問題を組織の経営などミクロの視点でとらえるグループ、地域・国家レベルの政策、開発などマクロの視点でとらえるグループ、歴史的過程の中で対象を比較することによりとらえるグループの3つがある。
森林科学科(57)幅広く森林に関する事象を取り扱う学科として19もの教育分野を備え、森林生態系に関する自然科学の基礎と応用を学ぶ分野、森林から生まれる生物資源の利用を学ぶ分野、森林と人間の共生を学ぶ分野の3つに分かれる。3年次には講義や実験、実習を通して森林とその利用について広く学び、4年次にはそれぞれの分野に分属して課題研究を行う。
食品生物科学科(33)1・2年次で生化学、有機化学、物理化学、分子生物学など専門教育につながる分野を系統的に学び、3年次からより専門的な講義を受ける。体系的な実験法の指導プログラムにより、高度な実験技術も習得する。一般企業から招いた講師による講義で視野を広げる機会も設けている。新たな食品科学の創成によって人間の幸福に貢献する。