東進SNS公式アカウント
永瀬昭幸 理事長インタビュー全国統一テスト企業案内サイトマップニュースリリース
数学オリンピック

東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

学べる学問

  • 社会国際
  • 商 経済
  • 生命環境
  • 情報
↑TOPへ戻る

概要

「世界最高の理工系総合大学」の実現と、さらなる改革を推進

「ものつくり」を支えてきた伝統を背景に、社会と世界に貢献する人材を育成する。世界トップクラスの研究者が最先端研究を推進する中、「世界トップ10に入るリサーチユニバーシティ」を目指し、2016年度には学部と大学院とを統一した「学院」を設置し、全学的な組織改革に取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●大岡山キャンパス(全学部)
・東急線「大岡山駅」から徒歩約1分

●すずかけ台キャンパス(生命理工学部)
・東急田園都市線「すずかけ台駅」から徒歩約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:1076名)
教授:381名 准教授:338 講師:18名 その他:339
生徒数(合計:4734名)
男:4179名 女:555名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 73,000~92,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1881年
設立
東京職工学校が設立
1929年
大学昇格、改称
東京工業大学に昇格、改称し、工業分野に8学科4教室を持つ大学となる
1949年
国立大学化
国立学校設置法によって国立東京工業大学が設立。工学部を設置
1955~67年
学部改称、分割
1955年、工学部を理工学部に改称。67年、理、工の2つの学部に分割
1970年~2000年
学科拡充
学科の増設と再編を経て、23まで学科数を拡大
2004年
法人化
国立大学法人東京工業大学となる
2016年
学院設置
学部と大学院を統一化し、「学院」を設置
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

「学院」って何?

学部と大学院を統一した日本の大学で初めてとなる教育システムです 2016年度、東京工業大学では理工系分野ではほとんどの学生が大学院に進学することを選ぶという現状に十分に対応するため、学部と大学院を統一した「学院」を新設しました。
 従来、学部として3つの学部と23の学科が、大学院として6つの研究科に45の専攻が設けられていましたが、これらを6つの学院と19の「系」及び1つの専門職学位課程に改組し、細分化されていた学士課程での学習分野を集約することで、より幅広い分野を深く学んだうえで専門分野を決められるように制度設計されています。
 具体的には、理、工、物質理工、情報理工、生命理工、環境・社会理工の6つの学院のもと、学部に相当する学士課程には系が、修士課程・博士課程にはコースがそれぞれ設置されています。各系には対応するコースがありますが、系によっては他にもエネルギーコースやエンジニアリングデザインコースなど複数の学院にまたがるコースにも進学可能です。学士課程(学部)から修士課程に進むための入学試験や、修士課程から博士後期課程に進むための審査はありますが、これまで各課程の間に存在していたカリキュラムの継ぎ目がなくなり、より学習や研究に集中しやすくなりました。
 なお、同じ分野の系とコースはそれぞれ関連性が高いですが、修士課程に進む際に受験することになる入学試験では、学士課程で学んだ分野とは違う学院や系を選択することもできます。また、一定の条件を満たせば学士課程の学生が修士課程の科目を先取りして履修できるのも特色の1つです。

1年次の「類」ってどういうシステム?

教養科目を含む幅広い分野を学び、自分の進路をじっくりと考えられるシステムです 従来より、東京工業大学では教育分野を7つの「類」に分け、入学試験を類別に行うことで、大学入学後に自分の進路をしっかりと考えていくことができるシステムを採用しています。1年次には理工系に限らない幅広い教養分野の科目を学び、入学時には漠然としていた進路のイメージをより鮮明にしたうえで2年次に進むことができます。
 この類というシステムは、2016年度からの学院においても継承されます。第1類は自然科学や情報数理など、おもに自然界の原理を学ぶ類で、理学院や情報理工学院に進みます。第2類は金属やプラスチックなど身近な材料から最先端の材料技術までの幅広い材料学を学ぶ類で、物質理工学院に進みます。第3類は原子などナノレベルの化学から製品への応用など化学全般を学ぶ類で、物質理工学院や工学院に進みます。第4類は機械分野などのものづくりに加えて、システム制御や経営工学についても学べる類で、工学院や環境・社会理工学院に進みます。第5類は電子・通信・情報など広く電気系について学ぶ類で、工学院や情報理工学院に進みます。第6類は人の生活を支える都市環境技術や建築・土木などの社会基盤について学ぶ類で、環境・社会理工学院に進みます。第7類は生命の仕組みについて理工学の知識を基礎として学ぶ類で、生命理工学院に進みます。

奨学金や授業料免除などの学生支援制度はあるの?

奨学金制度、授業料免除など学生支援体制は充実しています 東京工業大学では、創立130周年を機に、同窓会組織である蔵前工業会及び同窓生などからの支援を受けて「東京工業大学基金」を創設し、各種奨学金制度を整備しています。手島精一記念奨学金は、学士課程2年目の学生を対象に一定の所得基準にもとづいて審査が行われ、月額5万円が卒業(修了)時までに支給されます。他にも、修士課程の学生を対象とした青木朗記念奨学金、博士課程の学生を対象とした草間秀俊記念奨学金も設けられています。
 また、多くの学生が利用しているのが日本学生支援機構の奨学金です。人物及び学業が優秀であり、経済的な理由により修学困難な学生を対象に、無利子貸与の第一種、有利子貸与の第二種の2つの種類が用意されています。貸与月額は第一種が自宅通学者30,000円または45,000円、自宅外通学者30,000円または51,000円です。第二種では30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5つの選択肢から選ぶことができます。
 他にも、経済的理由や風水害などによる被害を受けたなどの理由で入学料や授業料の納付が困難な学生などに対して、学業が優秀であると認められた者には入学料の半額が免除される制度や授業料の全額または半額が免除される制度があります。
 なお、経済的に困窮度が高い学生や自宅からの通学が困難な学生には、男子学生寮の松風学舎への入居が認められており、新入生の募集定員は15名です。
↑TOPへ戻る