学べる学問

  • 社会国際
  • 商 経済
  • 生命環境
  • 情報
↑TOPへ戻る

概要

「世界最高の理工系総合大学」の実現と、さらなる改革を推進

「ものつくり」を支えてきた伝統を背景に、社会と世界に貢献する人材を育成する。世界トップクラスの研究者が最先端研究を推進する中、「世界トップ10に入るリサーチユニバーシティ」を目指し、2016年度には学部と大学院とを統一した「学院」を設置し、全学的な組織改革に取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●大岡山キャンパス(全学部)
・東急線「大岡山駅」から徒歩約1分

●すずかけ台キャンパス(生命理工学部)
・東急田園都市線「すずかけ台駅」から徒歩約5分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:1071名)
教授:378名 准教授:349名 講師:17名 その他:327名
生徒数(合計:4780名)
男:4208名 女:572名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 862,800円
周辺家賃相場 76,000~96,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1881年
設立
東京職工学校が設立
1929年
大学昇格、改称
東京工業大学に昇格、改称し、工業分野に8学科4教室を持つ大学となる
1949年
国立大学化
国立学校設置法によって国立東京工業大学が設立。工学部を設置
1955~67年
学部改称、分割
1955年、工学部を理工学部に改称。67年、理、工の2つの学部に分割
1970年~2000年
学科拡充
学科の増設と再編を経て、23まで学科数を拡大
2004年
法人化
国立大学法人東京工業大学となる
2016年
学院設置
学部と大学院を統一化し、「学院」を設置
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

東京工業大学の特徴的な学びの制度は?

継続的な学びを支える学修一貫、修博一貫の教育カリキュラムです。 2016年度に東京工業大学は日本の大学で初めて、学部と大学院を統一した「学院」を創設しました。具体的には、理、工、物質理工、情報理工、生命理工、環境・社会理工の6つの学院が設置されています。この制度により、学士課程、修士課程、博士課程の学習を継ぎ目なく行うことができます。
1年次の学生は、入学試験を受験する際に選択した7つの類のいずれかに分かれて理工系や文系の多様な教養科目を幅広く学習します。そのうえで2年次に自らの類と対応する学院に進学することになります。第1類は自然科学や情報数理など、おもに自然界の原理を学ぶ類で、理学院や情報理工学院に進みます。第2類は金属やプラスチックなど人間社会を支える材料についての幅広い材料学を学ぶ類で、物質理工学院に進みます。第3類は原子などナノレベルの世界から製品への応用までの化学全般を学ぶ類で、物質理工学院や工学院に進みます。第4類は機械分野などのものづくりに加えて、システム制御や経営工学についても学べる類で、工学院や環境・社会理工学院に進みます。第5類は電子、通信、情報など広く電気系について学ぶ類で、情報理工学院や工学院に進みます。第6類は人の生活を支える都市環境技術や建築、土木などの社会基盤について学ぶ類で、環境・社会理工学院に進みます。第7類は生命の仕組みについて理工学の知識を基礎として学ぶ類で、生命理工学院に進みます。
各学院には、学士課程に相当する系と、修士、博士課程に相当するコースが設置されています。このように学生は類から系、系からコースへと豊富な選択肢の中から自らの希望に合わせて学習を行い、専門性を深めることができます。

奨学金や授業料免除などの学生支援制度はあるの?

奨学金制度、授業料免除など学生支援体制は充実しています。 東京工業大学では、創立130周年を機に、同窓会組織である蔵前工業会及び同窓生などからの支援を受けて「東京工業大学基金」を創設し、各種奨学金制度を整備しています。「手島精一記念奨学金」は、2年次の学生を対象に一定の所得基準にもとづいて審査が行われ、月額50,000円が卒業(修了)時までに支給されます。修士課程の学生を対象とした「青木朗記念奨学金」、博士課程の学生を対象とした「草間秀俊記念奨学金」も設けられています。
日本学生支援機構や地方自治体、民間団体による各種奨学金も利用可能です。日本学生支援機構の奨学金では、無利子貸与の第一種、有利子貸与の第二種の2つの種類が用意されています。貸与月額は第一種が自宅通学者で30,000円または45,000円、自宅外通学者で30,000円または51,000円です。第二種では30,000~120,000円です。
他にも、経済的理由や風水害などによる被害を受けたなどの理由で入学料や授業料の納付が困難な学生などに対して、学業が優秀であると認められた者には入学料の半額が免除される制度や授業料の半額または全額が免除される制度があります。
金銭以外の学生支援制度としては学生寮があります。男子用、女子用、留学生用があり、入居者は経済的負担の少ない生活ができますが、経済的条件と地理的条件による応募の制限があります。

海外留学の制度はどうなっているの?

学生のニーズに合わせた様々な留学プログラムが用意されています。 東京工業大学では、学生の潜在能力を開花させる方法の1つとして海外留学を奨励し、語学力の向上を目的とした短期間の語学留学や、1学期以上1年以内の期間で協定校に留学する派遣交換留学など様々な留学プログラムを用意しています。
派遣交換留学はミュンヘン工科大学(ドイツ)、カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ)、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス)、スウェーデン王立工科大学(スウェーデン)、清華大学(中国)などといった協定校に留学するもので、東京工業大学に授業料を支払えば、留学先の授業料などが免除されます。
その他にも、留学先での学位取得が可能な長期留学や「グローバル理工人育成コース超短期派遣」など多種多様な留学プログラムが用意され、学生の幅広いニーズに応えています。
留学する学生に対しては様々な支援が行われています。金銭的な援助としては2週間から2カ月程度の留学のうち、学生が計画から実行までを主体的に行うものに対して留学費用を助成する「滝久雄基金海外体験学習助成」などがあります。留学経験者による留学報告会や留学希望者向けのオリエンテーションなど経済面以外での支援も充実しています。
↑TOPへ戻る