東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

社会で活躍する先輩からのメッセージ

相馬 健太 氏

そうまけんた: 東京工業大学工学部機械宇宙学科、同大学院理工学研究科機械物理工学専攻出身。三菱重工業株式会社交通輸送ドメインMRJ事業部勤務

生産技術者は、いわば「航空機のレシピ」を作る仕事です


私は現在、国産ジェット旅客機MRJの開発・量産に生産技術者として従事し、おもに量産立上げと今後の量産拡大の体制検討・準備を行っています。
「生産技術者」という仕事は、受験生の皆さんにはなじみがないと思います(自分も社会人になるまではよく知らなかった……)。設計者が仕様を決めて設計した図面上の航空機を、作業者が安全に飛ばせる航空機に造り上げ、お客様へ納品します。
作業者が正しく円滑に仕事をするために、あらかじめ「どのような工具や設備を使って、どんな手順で材料→部品→航空機に組み上げていくか」などを決めておき、作業の手順書に落とし込んで用意しておく必要があります。このいわば「航空機のレシピ」の検討を取りまとめるのが生産技術者の大きな仕事の1つです。
この仕事に就いたきっかけは、大学時代からの“濃い”ものづくりライフでした。学部1~3年次は人力飛行機(鳥人間コンテスト)の設計や製作、4年次は「缶サット」という小型模擬人工衛星の製作、大学院時代には高校生対象のものづくり教育プロジェクトなど、課外活動に日々明け暮れていました。
その過程で、様々な製造技術だけでなく、プロジェクトマネジメントや生産管理に興味を持ち、色々な方の話を聞いて調べたり、課外活動で試してみたりして、自分なりに勉強しました。予備知識や多少の経験があったおかげで、入社後に配属された現場でスタッフとして働いた際には、作業者の皆さんと円滑なコミュニケーションをとることができました。
そこで現場目線での仕事の仕方や知識をたくさん叩き込んでもらったおかげで、現在行っているコストダウン・作業時間短縮へ向けた設計、生産技術者、現場一体での図面・工程改善活動における成果につながっています。

ものづくりの面白さは、大学院時代から今も続いています!


大学院時代に、ハイブリッドロケットという2m程度の無火薬ロケットを題材とした高校生対象の教育プロジェクトに、東京拠点指導員として参加、東工大内でロケットチームを立ち上げて活動していました。
高校生にミッションの検討から、「仕様決定→設計→製作→打上げ→成果報告」という流れを一貫して経験してもらい、「ものづくりの面白さや難しさといった魅力を伝え、答えのない課題に対して主体的に考える力を養ってもらう」という教育内容でした。
最初は修士研究の合間で時間がないと思っていましたが、いつの間にか夢中になり、研究室の教官から怒られるという苦い思い出も……。
実は、高校生に向けたものづくりの紹介・指導に関する活動は、今も続いています。当時の仲間が立ち上げた社会人サークルでの教育部門の活動として、部活や学園祭でのミニ講演会や缶サット(空き缶サイズの模擬人工衛星)を教材にした理科学実験のお手伝い、イベント運営支援や審査員などです(写真は最近の活動の1コマ。高校生の実験支援として、高校生たちが製作した「缶サット」をロケットで打ち上げた際の写真です!)。講演や指導などの機会は、相手の立場や理解力に合わせて短時間でわかりやすく説明するトレーニングにもなり、現在の業務にも活きています。

勉強に終わりなし。自ら考え抜き、計画を立てて行動してみよう


勉強というものは、大学受験や就職までで終わるということはありません。私も現在継続して、ものづくりの根幹を成す品質工学、QC(品質管理)、IE(経営工学)、VE(価値工学)といった技法を日々勉強し、業務で活用して経験を積んでいます(その道のプロを目指しています!)
社会人になるとほとんどの場合、まず「何を習得する必要があるか」「どのように学習するのか」ということを、自分で考え、参考資料や情報を探すところから勉強が始まります(運よく参考書類が市販されているとは限りません)。大学受験や大学での勉強とは、また違った難しさがあります。学生のうちに将来自分は何をやりたいのか、そのためにはどんな勉強が必要か、時間がかかっても良いので、自ら考え抜いて、自ら計画を立てて行動するトレーニングを重ねてほしいと思います。
そのために、受験生の間は「目標を持って学習計画を立て、定期的に達成度合いを振り返り、遅れがわかればリカバリー計画を立て直し、学習を続ける」という習慣づけに、ぜひチャレンジしてみてください。最初は計画通りに進まずつらいかもしれませんが、自分でコントロールできるようになれば、成果が目に見えるようになり、モチベーションも上がります。これからやりたいことや志望する大学を見つけて受験勉強に挑む皆さんの参考になればと思います。頑張ってください!

私の大学 ~後輩の皆さん、こんな大学です~

梅津 開人 くん

うめつ かいと:東京都 都立 豊多摩高校 卒 工学部 情報工学科 4年

どんな高校生活を送っていましたか?東京工業大学を志望した理由は?


高校生の頃は、天文部と生物部の活動や友だちとのつき合いで忙しく、毎日勉強するようなことはほとんどなく、授業はしっかり聞いているものの、定期テスト前に大慌てで一気に勉強するようなタイプでした。何となくずるずると3年間が過ぎてしまったように感じます。
大学選びについては、進学したい大学を決めようとした際に「自分が何になりたいのか」「どんな仕事をしたいのか」について、あまり具体的に考えていなかったことに気がつきました。理数系が得意だったので、その方面に進んでいけたらいいなと思っていた程度だったので、改めて自分のなりたいものについて具体的に考えてみました。
しかし、それはまだ漠然とし過ぎていて、結局、絞り込むことができませんでした。そんなふうに悩んでいるときに、ある人から「今、無理やりに決めようとしなくてもいいんじゃない?」と声をかけてもらい、入学後の選択肢が幅広い大学に興味を持ち始めました。また、どうせならレベルの高いところを狙ってやろうという挑戦心も湧き出てきたことから、最終的に東京工業大学を第一志望校に決めました。
東工大では、1年次に基礎科目を勉強し、2年次から自分の進みたい学科を選択できるという仕組みですが、これが私にはぴったりと合っていたのです。

大学ではどのようなことを学んでいますか?


今の大学での生活はとても充実しています。大学には、面白い授業がたくさんあります。私は、情報工学科というパソコンを専門とする学科に所属しているので、当然それに関係する授業が多いです。例えば、情報実験という授業では、実際にアセンブリ言語などを用いてプログラムを書いて提出します。また、言語学や現代史など自分の専門外のことに関する授業も受けられます。大学の授業はとても幅広く、どの授業も決して簡単な授業ではないですが、とても面白いです。
サークル活動なども大学生活には欠かせないものだと思います。私は、ロボットを創るサークルに入り、これまでにも何体かのロボットを製作しました。その中では、授業で学んだ知識を活かし、反対に、ロボット製作で学び得たことを授業で活かすことができました。また、周囲のハイレベルな人たちと関わることは、いい刺激にもなっています。
このように、いい循環を作り出していけることが、サークル活動の良さだと思っています。受験生の皆さんも、大学に入ったらぜひサークルに入って、日々の大学生活に役立ててほしいです。
正直、課題が多くて忙しいときもありますが、大学生活は全体的に自由な時間が高校時代よりも増えると思います。その時間を自分の好きなことに使えるのが魅力です。アルバイトをしたり趣味に費やしたり、長期休みなどを利用して大学の友だちと旅行をしたりしている人もいます。
大学は自由であり、高校と違って自分のことはすべて自分に任されるので、自分次第で何事も有効活用できる生活が、とても気に入っています。

ものづくりの「夢」に向かって、勉強を続けます


大学で3年近くを過ごして、将来はものづくりに携わり、誰かの役に立つものを創りたいと考えるようになりました。その夢を実現させるために今後やるべきことは、勉強を続けていくことと、幅広く可能性を探っていくこと、さらに人づき合いを大切にすることです。
今後の目標としては、留学と大学院進学を考えています。今までにないようなものを創ってみたいという「夢」を実現させるためには、日本の技術や考え方だけでは足りないと思い、海外で最先端の技術や知識、考え方を取り入れることが必要であると思っています。大学院では、留学経験で培ったものを学部ではできなかった研究などに活かしつつ、さらに色々な知識や技術を学んでいきたいです。このような目標に向けて、さらに努力して勉強を続けていこうと思います。
とはいえ、実際にはかなり漠然とした夢しかないというのが今の状況です。これから自分が具体的に何を創っていきたいのか、何を創ることができるかは、まだあやふやなままです。ですから、自分のやりたいことを見つけるために、幅広く様々なことに対して「網を張ること」が必要不可欠ですし、自分のやりたいことは自分の興味や関心から生まれるものなので、その興味関心に沿って何でもチャレンジしていく姿勢が重要であると思っています。
私は、大学受験での成功体験から一生懸命に頑張ればできないことはない、ということを知りました。たとえ自分の見つけたやりたいことがどんなに困難であったとしても、ひるまずに挑戦していきたいです。
また、私は、一番大切なものは自分のまわりの人たちであると考えています。大げさかもしれませんが、これまでの人生の中には私の運命を変えてくれた人たちがいます、つらいことや頑張らなくてはいけないときに応援してくれたり、支えてくれたりした人がいます。本当にありがたいことです。今後の人生の出会いの中で、誰がその人になってくれるか、今はまだわかりません。だからこそ、私は出会いの1つひとつを大切にしていくと共に、友だちにとって私自身がそのような人になれるように頑張っていきたいと思います。

相原 雪菜 さん

あいはら ゆきな さん:東京都 私立 豊島岡女子学園高校 卒 第二類

「すずかけ祭」がきっかけで「東工大に通いたい!」と思いました。


高校時代はコーラス部に所属し、合唱が大好きな部活生でした。週6回で活動し、コンクールや文化祭の直前は特に忙しかったです。高2生の夏に予備校に入学するまでは、学校の小テストや定期考査の対策を中心に勉強していました。苦手科目は数学、好きな科目は理科でした。また、英語は好きだけれどできないという状態から、予備校で得意科目にしていきました。
東京工業大学を志望したのは、5月に行われる「すずかけ祭」という学園祭兼オープンキャンパスに行ったことがきっかけです。8月のオープンキャンパスでは人が多すぎて大学の雰囲気がよくわからなかったのですが、「すずかけ祭」では教授や学生の方々とたくさんお話をすることができました。そこで、朴訥として柔らかな物腰の教授や学生の皆さん、のびのびと過ごしている女子学生の姿を見て、「東工大に通いたい!」と強く思うようになりました。

材料分野から人の心を動かす仕事まで将来への視野が広がっています


目も必修科目に含まれています。私は第2類に所属していますが、類に関係なく物理、化学、生物の実験の授業を取ることができるので、興味を持ったことを自由に学べます。その他に、泊まりがけで地層や火山の火口、天文台などを見学する集中講義も受けました。文字ではなく実物を見て、肌で感じながら学ぶことができ、とても楽しかったです。
大学入学当初は食堂などで様々な言語が聞こえてくるのが新鮮でした。留学生と話す機会も多く、中国やマレーシア、タイから来た留学生に故郷の国のことを教えてもらうなどしています。
将来は、材料分野でバイオミメティクスという生き物の構造から着想を得て工学などに活かすことをしてみたいと考えています。一方で、人の心を動かす仕事をしたいとも思っています。技術者や研究者は、研究対象が心でない限り人間に対して文系的なアプローチをしないイメージがありますが、うまく中間点を探っていきたいです。

川合健太くん

かわい けんた くん:千葉県 私立 東邦大学付属東邦高校 卒 工学部 社会工学科 4年

多岐にわたる「建築」を学ぶために


高校時代のほとんどは部活動のサッカーに力を入れて過ごしました。休みは週に1日、長期の休みも少なく、引退時期も高3生の10月だったので、受験勉強との両立は大変でした。帰宅後に疲れて勉強できなくならないように、必ず予備校に立ち寄ってから家に帰るように心がけていました。その頃にテレビで観た建築家に関する番組がきっかけで、都市計画に興味を持つようになりました。大学では都市計画を学びたいと考え、建築系の学科を調べましたが、調べているうちに都市計画に関わる学科が1つではなく、建築学、土木工学、社会工学など多岐にわたることを知りました。そこで、入学後に進路を決められる東工大の第6類を志望しました。

専門だけに偏らない幅広い分野の学習を心がけています


入学前は、理系の大学講義が朝から夕方まで詰まっているという先入観を持っていました。確かに学部1年次は、数学や物理、第二外国語など教養的な学問の講義が多かったです。しかし、2年次以降は専門科目が中心になり、講義自体の数はだんだんと少なくなりました。1・2年次に文系科目の講義があるのも驚きでした。東京工業大学では幅広い視野を身に付けることを目的に、文系科目にも力を入れています。テレビにも出演するような著名な先生方による講義もあり、面白い講義が多いです。その他にも単位互換の制度を活用し、東京医科歯科大学、一橋大学での講義を履修することができます。専門に偏りすぎることなく様々な分野の学問が学べるうえ、他大学の学生との意見交換は刺激的で大変良い機会となっています。

先輩たちの「生の声」入試アドバイス

入試本番アドバイス

試験本番は勉強するよりもリラックス!


私はよくお腹が痛くなる体質で、電車移動で途中下車せずに到着したら「ラッキー!」くらいの気持ちで試験会場に向かいました。会場には辞書のように使っていた参考書を持っていきましたが、休み時間には次の科目の勉強をすることもあれば、机に突っ伏せてぼーっとすることもありました。必ずやることなどは特に決めず、そのときにしたいことをしていました。また、音楽はいったん聞き出すと頭の中を回り始めてしまうので(苦笑)聞かないようにしていました。試験本番は勉強するよりもリラックスすることが大切だと思います。ただ、試験が終わったらすぐに気持ちを次に向け、帰り道はいつものように英単語のおさらいをしたり、予備校に立ち寄って勉強したりと、それまでの受験勉強のリズムを崩さないように心がけていました。(第2類 相原さん)

AO入試の体験談をお話します


東工大の試験は、各教科の間の休憩時間がとても長いのが特徴です。過ごし方は自由ですが、緊張しながら勉強をしていても頭に入ってきません。私はなるべく教室の外に出るようにしていました。また、私はAO入試も受験しました。試験には面接と、面接の前に解いた筆記試験の解答を試験官に説明するという「プレゼン」があります。自分が説明したあとに、解答に対する考察などを質問されます。高度な考察でなくても、自分の考えをきちんと答えることができるかがポイントだと思います。
なお、一般入試の傾向と対策について。英語は近年、長文化傾向にあり、今まで求められていた能力に加えて、スピードも求められるようになりました。長い英文を読むには英文を読む「体力」が求められます。日頃から長い文章に触れる機会を増やしておくといいと思います。また、英文の内容は海外の理系雑誌に掲載されている文章に近いです。余裕がある人は、そのようなものにも目を通しておくといいでしょう。数学の特徴は、何といっても試験時間です。180分の試験時間を設けている大学は、他にはあまりないでしょう。難しいというイメージを持たれがちの東工大の数学ですが、そこまでの難問は少ないと思います。配点も大きいため、数学を得点源にできると合格に大きく近づきます。取るべきところを取り切ることができれば高得点も難しくはありません。(工学部社会工学科 川合くん)

↑TOPへ戻る