東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

社会で活躍する先輩からのメッセージ

相馬 健太 氏

そうまけんた: 東京工業大学工学部機械宇宙学科、同大学院理工学研究科機械物理工学専攻出身。三菱重工業株式会社MRJ事業部勤務

生産技術者は、いわば「航空機のレシピ」を作る仕事です


 私は現在、国産ジェット旅客機MRJの開発・量産に生産技術者として、おもに量産立上げと今後の量産拡大の体制検討・準備に従事しています。
 「生産技術者」という仕事は、受験生の皆さんにはなじみがないと思います(自分も社会人になるまではよく知らなかった……)。設計者が仕様を決めて設計した図面上の航空機を、作業者が安全に飛ばせる航空機に造り上げ、お客様へ納品します。作業者が正しく円滑に仕事をするために、あらかじめ「どのような工具や設備を使って、どんな手順で材料→部品→航空機に組み上げていくか」などを決めておき、作業の手順書に落とし込んで用意しておく必要があります。いわば「航空機のレシピ」の検討を取りまとめるのが生産技術者の大きな仕事の1つです。
 この仕事に就いたきっかけは、大学時代からの“濃い”ものづくりライフでした。学部1~3年次は人力飛行機(鳥人間コンテスト)の設計や製作、4年次は「缶サット」という小型模擬人工衛星の製作、大学院時代には高校生対象のものづくり教育プロジェクトなど課外活動に明け暮れていました。
 その過程で、様々な製造技術だけでなく、プロジェクトマネジメントや生産管理に興味を持ち、色々な方の話を聞いて調べたり、課外活動で試してみたりして、自分なりに勉強しました。予備知識や多少の経験があったおかげで、入社後に配属された現場で働いた際には、作業者の皆さんと円滑にコミュニケーションができました。
 そこで現場目線での仕事の仕方や知識をたくさん叩き込んでもらったおかげで、現在行っているコストダウン・作業時間短縮へ向けた設計、生産技術者、現場一体での図面・工程改善活動における成果につながっています。

ものづくりの面白さは、大学院時代から今も続いています!


 大学院時代に、ハイブリッドロケットという2m程度の無火薬ロケットを題材とした高校生対象の教育プロジェクトに、東京拠点指導員として参加、東工大内でロケットチームを立ち上げて活動していました。
 高校生にミッションの検討から、「仕様決定→設計→製作→打上げ→成果報告」という流れを一貫して経験してもらい、「ものづくりの面白さや難しさといった魅力を伝え、答えのない課題に対して主体的に考える力を養ってもらう」という教育内容でした。
 最初は修士研究の合間で時間がないと思っていましたが、いつの間にか夢中になり、研究室の教官から怒られるという苦い思い出も……。
 実は、高校生に向けたものづくりの紹介・指導に関する活動は、今も続けています。当時の仲間が立ち上げた社会人サークルでの教育部門の活動として、部活や学園祭でのミニ講演会や缶サットを教材にした理科学実験のお手伝い、イベント運営支援や審査員などです(写真は最近の活動の1コマ。高校生の実験支援として、高校生たちが製作した「缶サット」をロケットで打ち上げた際の写真です!)。
 講演や指導などの機会は、相手の立場や理解力に合わせて短時間でわかりやすく説明するトレーニングにもなり、現在の業務にも活きています。

勉強に終わりなし。考え抜き、計画を立てて行動してみよう!


 勉強というものは、大学受験や就職までで終わるということはありません。
 私も現在継続して、ものづくりの根幹を成す品質工学、QC(品質管理)、IE(経営工学)、VE(価値工学)といった技法を日々勉強し、業務で活用して経験を積んでいます(その道のプロを目指しています!)。
 社会人になるとほとんどの場合、まず「何を習得する必要があるか」「どのように学習するのか」ということを、自分で考え、参考資料や情報を探すところから勉強が始まります(運よく参考書類が市販されているとは限りません)。大学受験や大学での勉強とは、また違った難しさがあります。学生のうちに将来自分は何をやりたいのか、そのためにはどんな勉強が必要か、時間がかかっても良いので、自ら考え抜いて、自ら計画を立てて行動するトレーニングを重ねてほしいと思います。
 そのために、受験生の間は「目標を持って学習計画を立て、定期的に達成度合いを振り返り、遅れがわかればリカバリー計画を立て直し、学習を続ける」という習慣づけに、ぜひチャレンジしてみてください。最初は計画通りに進まずつらいかもしれませんが、自分でコントロールできるようになれば、成果が目に見えるようになり、モチベーションも上がります。
 私のお話が、これからやりたいことや志望する大学を見つけて受験勉強に挑む皆さんの参考になればと思います。応援しています。頑張ってください!

私の大学 ~後輩の皆さん、こんな大学です~

相原 雪菜 さん

あいはら ゆきな さん:東京都 私立 豊島岡女子学園高校 卒  材料系 2年

「すずかけ祭」がきっかけで「東工大に通いたい」と思いました。


 高校時代はコーラス部に所属し、合唱が大好きな部活生でした。週6回で活動し、コンクールや文化祭の直前は特に忙しかったです。高2生の夏に予備校に入学するまでは、学校の小テストや定期考査の対策を中心に勉強していました。苦手科目は数学、好きな科目は理科でした。また、英語は好きだけれどできないという状態から、予備校で得意科目にしていきました。
 東京工業大学を志望したのは、5月に行われる「すずかけ祭」という学園祭兼オープンキャンパスに行ったことがきっかけです。8月のオープンキャンパスでは人が多すぎて大学の雰囲気がよくわからなかったのですが、「すずかけ祭」では教授や学生の方々とたくさんお話をすることができました。そこで、朴訥として柔らかな物腰の教授や学生の皆さん、のびのびと過ごしている女子学生の姿を見て、「東工大に通いたい!」と強く思うようになりました。

文系の学びも充実し、内容も濃いものばかりです!


 2年次になり、専門科目の授業がほとんどとなりました。私の所属する材料系では量子力学や熱力学な
どの理論の授業と、学生実験や実験データを扱うためのプログラミングなどの発展的な授業を受けています。実験では金属の組織図と硬さや変形のしやすさなどの機械的性質の関係について、1カ月をかけて調べました。大変ですが、授業で得た知識が実際に実験データの値と結びついたときや、文献を読むことなどで実験結果の意味をより深く理解できたときに嬉しさを感じます。文系科目も必修で、様々な講義があります。工業大学であるのを疑うほど充実し、濃い内容の授業が多いのも東工大の良いところだと思います。
 受験生の頃は、研究でバイオミメティクスという生き物の構造から着想を得て工学に活かしたいと思っていました。今は、環境問題やエネルギー問題に興味を持ち、その方面で社会に関われるような研究がしたいという思いも強くなりました。まずは大学院に進学し、しっかりと学んで力をつけて、社会に出たらものづくりや、それを支える仕事に就きたいです。自分が属する団体や国家などの枠組みだけはなく、世界全体で考えるという視点から、技術が良い方向へ発展できるように、社会の動きも学んでいきたいです。

後岡 健太郎くん

うしろおか けんたろう:埼玉県 県立 川越高校 卒 生命理工学系 3年

どんな高校生活を送っていましたか? 東京工業大学を志望した理由は?


 高校時代は、普段の勉強では興味のあるものや受験で課される内容の授業だけを真面目に受けていて、それ以外は正直、寝てしまっていました(苦笑)。テスト期間だけ勉強し、平均かそれより少し上の成績を維持するというように過ごしていました。高2生の8月に予備校に通い始めたものの、あまり登校せずに、高3生の10月までサッカー部の活動に力を入れていました。本格的な受験勉強を始めたのは部活動の引退後からです。
 東京工業大学を志望した理由は、大きく2つあります。1つは学力の高さです。現役当時は合格できる気が全くしなかったので受験しませんでしたが、浪人することになったとき、「1年間、受験勉強をするのだから、より学力の高いところを目指そう!」と決めました。東工大に合格すれば、浪人することで負担をかけてしまった親にも納得してもらえると思ったのです。
 もう1つは、最先端のライフサイエンスを学べるからです。東工大の生命理工学院には、ノーベル賞を受賞された大隅良典先生をはじめ、最先端の研究を行っている教授が数多く在籍されています。その教授たちが実験や講義を担当してくれるので、自ずとそれらもハイレベルかつ専門的なものとなり、2つひとつの授業が新鮮に感じられると思いました。
 なお、東工大の理系科目の試験対策について。数学は、試験時間3時間で大問が5つと、時間的に多少の余裕がありますが、難易度が高い問題がいくつか出題されるので全問完答は難しいでしょう。予備校のテキストを何周もおさらいし、考え方やアプローチを徹底的に固め、過去問演習(8年分)と難しめの問題集でアウトプットの練習を繰り返しました。理科は物理と化学を選択しました。物理は大問3題のレベルはどれも高めですが、物理の原理を理解していれば高得点を狙えると思います。化学も大問3題でハイレベルです。選択問題ではかなり細かいところまで問われ、解答形式も特徴的なので過去問演習が必須です。

大学ではどのようなことを学んでいますか?


 生命理工学院の生命理工学系では、3年生の後期から研究室に所属します。生命理工学系では細胞やタンパク質、有機化学や微生物など様々な分野の研究が行われています。私の所属する研究室では、ヒトの腸内にいる細菌を研究しています。実験には、学問的知識はもちろん、実験器具を扱うテクニックも必要とされるので、最初の頃は先生や先輩のお手本をもとに取り組みます。
 もう1つ、研究室で学ぶために必要とされるのが英語です。私の所属する研究室には3人の留学生が学んでいて、コミュニケーションでは英語と日本語が使われています。簡単な日常会話なら何とかなるのですが、実験中の会話は専門用語なども多く、意思疎通が取れないことがしばしばあります。しかし、困難があるだけ学ぶことがあるので、とても刺激的な生活を送っています。
 また、3年生の後期には「教養卒論」という必修の授業があります。2016年から東工大ではリベラルアーツ教育が始まりました。教養を学ぶことで社会性・人間性・創造性を磨いていき、「志」のある人間を育成するのが目的です。学士課程におけるリベラルアーツ教育の締めとなるのが「教養卒論」です。これまで学んできた教養と専門分野の関係性を考え、論文という形にまとめます。授業では隣の学生と論文を読み合い批評するというピアレビューを行い、内容をブラッシュアップします。初めての論文執筆で、最初はとても苦戦しましたが、研究室の先生やTA(ティーチングアシスタント)の大学院生のサポートなどもあり、自分なりに納得のいくものに仕上がりました。

研究成果を何かの形にまとめ社会に貢献したい


 先程もお話したように、私が所属している研究室では腸内細菌の研究を行っています。腸内細菌といっても莫大な種類がありますが、その中でもメインに扱っているのが乳酸菌です。人の腸内にはおよそ1,000種類、1,000兆個もの細菌がいます(個人差あり)。それらは善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類に分類され、健康な人だと約2:1:7の割合でそれぞれ存在しています。
 簡単にいえば、身体にいいのが善玉菌、悪いのが悪玉菌、前者2つのうち優勢な方に味方するのが日和見菌です。乳酸菌は善玉菌のおよそ0.1%といわれ、全体を占める割合としてはとても少ないです。ただ数は少なくともその力は大きく、健康促進に大きく貢献しているのです。
乳酸菌はその名の通り、乳酸を産生することで悪玉菌を不活化します。さらに腸を刺激することで蠕動運動を促し軟便や便秘を改善します。乳酸菌の種類によっては、免疫を高めたり、脂質の吸収を抑えたりするものもあります。その中には、アレルギーを根本的に抑えるものもあります。
 私は、こうした多様な乳酸菌を研究し、それを何らかの形にまとめたいと考えています。例えば食品であったり薬であったりなどです。しかし、これらを達成するには多くのことを学ばなければなりません。専門知識はいわずもがなです。教科書に記載されていることはもちろん、これまで書かれた多くの論文を読み最先端の情報を仕入れる必要があります。また、コミュニケーション能力も必須だと思います。
 実験を円滑に進めるためには、まわりの人たちと考えを正確に共有することも大切です。研究者は日本人だけではないので最低でも英語はネイティブレベルにまで仕上げないと、グローバル化が進む社会では生きにくくなるのではとも考えています。さらには、教養です。教養を身につければ思考が広く、深くなり、より良い結論にたどり着けると考えています。
 これらのことをすべて学んだとしても、研究がうまくいく保証はありません。しかしやらなければ可能性は低いままです。思考と行動を繰り返し、学び続けることで夢を追うとともに、人間として大きく成長したいです。

安部 歩夢くん

あべ あゆむ:東京都 都立 国立高校 卒 機械系 2年

「日本トップクラスの理系大学」は輝いて見えました!


 何かを犠牲にして何かを得るという考えがあまり好きではなく、高校時代は勉強、部活動、文化祭活動など、無駄な時間を削ってやれることはほとんどやり切りました。
 東工大は高校受験の頃の塾の先生にすすめられたことがきっかけで志望しました。附属の高校には進学しませんでしたが、都立の高校から大学受験で東工大を目指そうと決心しました。負けず嫌いの性格と、理系教科が好きな私にとって「日本トップクラスの理系大学」は輝いて見え、環境が完備されている東工大で思いっきり研究に取り組みたいと強く思い、受験しました。

今は「夢を見つけること」が夢です


 大学では機械について、設計や材料に関する授業やロボットの動かし方などを中心に学んでいます。機械分野は学ぶことが多く、毎日授業と課題に追われて大変です。サークルを掛け持ちもしていて、アルバイトもしています。高校時代よりも断然忙しくなりましたが、高校と違うことは「すべて」私がやりたいものなので、楽しく頑張っています!
 今はまだ明確な将来の夢はありません。夢を持つと行動の原動力や指針となるのかもしれませんが、今は色んな経験をするために大学で学んでいくことでいいのかなと思います。今は「夢を見つけること」が夢といえます。高校から大学と、様々なことに取り組んできたので、将来も1つの枠組みにとらわれずにチャレンジしていきたいと思っています。

日比野 圭佑 くん

ひびのけいすけ:東京工業大学大学院 理学院 化学系 博士課程(後期) 3年

物質について理解すればするほど、深く理解し、研究したくなる


 私はすぐれた機能(性能)を持つ様々な材料(素材)に関して、「“なぜ”そのような機能が発現するのか」を明らかにする研究を行っています。
 この研究は、扱う材料や機能こそ違いますが「ダイヤモンド(=材料)は“なぜ”硬い(=機能)のかを明らかにする研究」とよく似ています。材料の中でも無機材料について、結晶構造に注目して“なぜ”を明らかにするのが私の専門です。最近は、燃料電池に使われる材料を研究対象として扱い、「“なぜ”その物質がすぐれているのか」について調べています。物質が持つマクロな性質について、基本的な原子や化学結合の性質というミクロな視点から説明できるのが、この研究の魅力です。
 私は、学部4年生の頃から研究分野を変えずに、研究を続けています。物質について理解すればするほど新しい疑問が生まれ、さらに深く理解したいと思うようになったからです。研究を初めて5年以上経った現在も、新しい疑問が尽きません。
 化学の研究というとフラスコや試験管を使って実験しているようなイメージがあるかもしれません。ただ、私はこのような器具をほとんど使いません。結晶構造を調べるためには、X線回折や中性子回折という手法を用います。これらを行うためには、国内外の大規模な施設へ出向いて実験する必要があります。私はこれまでにイギリスやオーストラリアなどで実験を行いました。このような外部の施設では、24時間通して複数人で実験を行います。
体力的に大変なこともありますが、やり終えたときの達成感は格別です。
 博士課程(後期)に進学してからは、自分の研究成果について海外の研究者に説明し議論する機会が増えました。自分は英語を話すのは得意な方ではありませんが、それでも海外の研究者と協力しながら自分たちの実験を進めたり、議論をしたりする中で新しいアイディアを得るのはとても楽しいです。

博士課程は学問と真剣に向き合う最後のチャンス


 私はこれまでの研究で得た知識や経験を活かし、材料に関するより良い分析技術・測定技術を開発し、日本や世界の科学技術に貢献したいと思っています。なぜなら、これらは化学・材料研究の最も基本的な部分であり、化学・材料分野はもちろん、化学や材料を利用するあらゆる分野に影響を与えうるからです。
 博士課程に在籍していると、「将来は学者になるの?」と尋ねられることがありますが、私は企業に就職するつもりでいます。大学や研究機関で働くよりも、企業で働く方が、よ
り直接的に世界に貢献できると思うのです。「博士」について、もしかしたら「就職しにくいのでは……」というイメージがあるかもしれませんが、実際は意外とそうでもありません。化学系の博士に関していえば、化学・材料系の企業では「博士枠」が設けられているところも多く、化学・材料系以外でも電機・機械・インフラなどの多くの企業で博士が求められ、多くの活躍の場があります。
 博士課程は学問と真剣に向き合う最後のチャンスだといえると思います。ものを知ったり調べたりすることが好きな人には、博士課程への進学はとてもおすすめです。

先輩たちの「生の声」入試アドバイス

入試本番アドバイス

試験本番は勉強するよりもリラックス!


私はよくお腹が痛くなる体質で、電車移動で途中下車せずに到着したら「ラッキー!」くらいの気持ちで試験会場に向かいました。会場には辞書のように使っていた参考書を持っていきましたが、休み時間には次の科目の勉強をすることもあれば、机に突っ伏せてぼーっとすることもありました。必ずやることなどは特に決めず、そのときにしたいことをしていました。また、音楽はいったん聞き出すと頭の中を回り始めてしまうので(苦笑)聞かないようにしていました。試験本番は勉強するよりもリラックスすることが大切だと思います。ただ、試験が終わったらすぐに気持ちを次に向け、帰り道はいつものように英単語のおさらいをしたり、予備校に立ち寄って勉強したりと、それまでの受験勉強のリズムを崩さないように心がけていました。(第2類 相原さん)

時間には余裕を持って行動しよう!


試験当日は時間に余裕を持って会場に行きました。実際、センター試験の受験票を忘れてしまったのです が、時間に余裕があったので落ち着いて対処できました。休み時間は音楽を聴いたり携帯を見たりしてリラ ックスするようにしました。勉強すると穴が見つかり不安になると思い、一切しませんでした。私は一般受 験を5つしましたが、第一志望である東京工業大学の勉強時間を確保するために、他の大学の対策はほとん どせず、試験前日に出題形式を確認するくらいです。しかし、その結果は悲惨なことになってしまいました ……。やはり、1年分くらいは解いておくことをおすすめします。(生命理工学院 後岡くん)

試験本番に何か特別なことをする必要はないと思います


試験当日の緊張状態は点数に直結します。私は、どれだけ入試本番に自分をいつもの状態にできるか、半 年前から考えていました。その結果、「ルーティーン」を行うことを決め、実際にとてもリラックスした状 態で受験することができました。「ルーティン」とは、いつもと同じ音楽を聴いたり、いつもと同じ服を着 たりするなど、いつも通りを意識して行うことです。さらに、入試の休憩時間にはスマートフォンで、いつ も視ているお笑い番組を視聴していました。入試本番だからといって、何か特別なことをする必要はないと 思います。(工学院 安部くん)

↑TOPへ戻る