東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 群馬大学 > 学部・学科情報

目次

学部の選択をして下さい。

教育学部
社会情報学部
医学部
理工学部

教育学部

教育学部定員入学金282,000円学べる学問教員養成 教育 心理 子ども
220人年間授業料581,460円

【特色】教科と教職に対する高い専門性や実践的指導力、豊かな人間性を兼ね備えた教員を養成する。
【進路】「就職先トップ3」1位:教育・学習支援業149名、2位:公務員16名、3位:一般企業15名

取得できる免許・資格教員免許(幼一・二種、小一種、中-国・数・理・社・音・美・保体・技・家・英、高-国・数・理・地歴・公・情・家・工業・音・美・保体・英、その他)、司書教諭、学芸員、 社会教育主事(補)
学科・コース・専修一覧
学校教育教員養成課程(220)文化・社会、自然・情報、芸術・表現、生活・健康、教育人間科学の5つの系を設置。さらに各系は合計13の専攻に分かれる。1年次から学校現場に触れる授業や機会を設けている。3年次後期には附属校などで8週間にわたる教育実習を行う。4年次には卒業研究と共に、実践的なインターンシップや演習にも取り組む。卒業生の約6割が教職に就く。

社会情報学部

社会情報学部定員入学金282,000円学べる学問文化 社会 メディア 経済 商・経営 法 政治 情報科学
100人年間授業料584,460円

【特色】メディア、コミュニケーション、情報について深く学び、情報化社会の課題を解決できる人材を育成する。
【進路】「業種トップ3」1位:情報・通信業21名、2位:公務員20名、3位:金融・保険業17名

学科・コース・専修一覧
社会情報学科(100)1年次には教養科目に加え専門学習に必要な基礎知識や技術を習得する。2年次以降は、顧客に対する効果的な情報伝達を習得するメディアと文化、地域や行政におけるICT活用力を養う公務と法律、情報の活用によって商機をとらえた戦略立案を目指す経済と経営の3つのディレクションから興味や関心に応じて選択し、専門的知識を身につける。

医学部

医学部定員入学金282,000円学べる学問医 看護 保健・介護
268人年間授業料629,170~839,100円

【特色】知識や技術と共に倫理観を兼ね備え、グローバルとローカルの両面で活躍できる医療従事者を育成する。
【進路】「業種トップ2(医、保健の2つの学科の合計)」 1位:医療・福祉業228名、2位:公務員6名

取得できる免許・資格看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、医師
学科・コース・専修一覧
医学科(108)6年制。専門知識と倫理観、医療技能を兼ね備え、生涯にわたり積極的な学習意欲を持ち続ける医師を育成する。1・2年時には教養教育と専門前教育を通じて基礎を固め、3年時以降は臨床現場における実習も行う。授業外時間に研究室での活動に加わることができるMD-PhDコースなど、特徴ある制度を通じて学生の学びを支援する。
保健学科(160)4年制。看護学、検査技術学、理学療法学、作業療法学の4つの専攻を設置。基礎から臨床まで段階的に専門知識を習得すると共に、先端的な保健医療も学ぶことができる。多職種連携医療の研究・研修に取り組んでおり、国際的な拠点としての役割を果たしている。

理工学部

理工学部定員定員(夜間)入学金282,000円学べる学問生物 物理 化学 機械 環境工 電気電子 エネルギー 情報科学
480人30人年間授業料604,360円

【特色】理学と工学が融合した5学科体制のもとで、幅広く高度な教育と研究を展開している。
【進路】「業種トップ2」 1位:製造業53名、2位:情報・通信業22名

取得できる免許・資格教員免許(高-理・工業)、危険物取扱者、測量士(補)、電気主任技術者、毒物劇物取扱 責任者、技術士(補)、ボイラー取扱者、土木施工管理技士
学科・コース・専修一覧
化学・生物化学科(160)原子や分子から日常生活で用いる材料まで、多様な化学物質について様々なスケールで研究する。化学と生物を横断した教育を行い、新材料の開発や生命現象の解明などを通じてグローバルに活躍できる理工学技術者及び研究者を育成する。
機械知能システム理工学科(110)高度な機械の開発に対応できる人材を育成する。機械の動力源に関するエネルギーシステムや機械の材料に関するマテリアルシステム、機械の動作に関するメカトロニクスの機械工学分野に加え、機械の知能化に必要なインテリジェントシステムなどの分野を扱う。コミュニケーション能力を培うための国際コミュニケーション実習も用意されている。
環境創生理工学科(90)幅広い視野から資源や環境に優しい生産技術と、それらを支える持続可能な社会システムを構築できる人材を育成する。2年次に化学工学を環境やエネルギー、材料、バイオなどの分野に応用する環境工学を中心に学ぶ環境エネルギー、自然と調和する社会基盤施設の設計や管理を学ぶ社会基盤・防災の2つのコースに分かれる。
電子情報理工学科(120)エレクトロニクスと情報システムに関係する最先端の技術を習得する。2年次より電子デバイス、計測制御エネルギー、情報通信システムを学ぶ電気電子と、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークなどについて幅広く学ぶ情報科学の2つのコースに分かれる。