東進SNS公式アカウント
永瀬昭幸 理事長インタビュー全国統一テスト企業案内サイトマップニュースリリース
数学オリンピック

東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 早稲田大学 > 基本情報

学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

グローバルリーダーを育成し、世界に貢献するWASEDAへ

「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」という三大教旨を基盤に、現代社会で通用するように策定された「Waseda Vision 150」のもと、グローバル人材を創出する。さらに、グローバルな視点に加え、地域の文化を牽引する人材を育成することにも取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●早稲田キャンパス(政治経済、法、教育、商学部など)
・地下鉄・都電荒川線「早稲田駅」から徒歩約5分
●戸山キャンパス、西早稲田キャンパス、所沢キャンパス ●早稲田キャンパス
・地下鉄・都電荒川線「早稲田駅」から徒歩約5分
・JR・地下鉄・西武新宿線「高田馬場駅」から徒歩約20分
●戸山キャンパス
・地下鉄「早稲田駅」から徒歩約3分
●西早稲田キャンパス
・地下鉄「西早稲田駅」下車
●所沢キャンパス
・西武池袋線「小手指駅」からバスで約15分、「早稲田大学」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:5074名)
教授:1292名 准教授:263 講師:57名 その他:3462
生徒数(合計:42930名)
男:27188名 女:15742名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,237,620~1,785,000円
周辺家賃相場 67,000~87,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1882年
設立
東京専門学校として創立
1902~04年
改称
1902年、早稲田大学と改称。04年、専門学校令で大学に
1920年
大学昇格
大学令により大学となる。政治経済、法、文、商、理工の5つの学部と大学院を設置
1949年
新制移行
新制大学に移行
1966~87年
学部増設
1966年、社会科学部を設置。87年、人間科学部を設置
2003~04年
学部増設
2003年、スポーツ科学部を設置。04年、国際教養学部を設置
2007年
学部再編
第一、第二文学部を文化構想、文の2つの学部に、理工学部を基幹理工、創造理工、先進理工の3つの学部に改組
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

家計が苦しくて学費の負担が……奨学金制度はありますか?

様々な奨学金や入学時ローンなどが利用できます早稲田大学では成績が優秀な者、または経済的に就学が困難な者に対して、多様な奨学金を用意しています。利用できる奨学金は250種類以上にのぼり、延べ2万人以上が交付を受け、その交付総額は約150億円にものぼります。また、約100種類の学内奨学金は、すべて返還義務のない給付型の奨学金です。
在学中に活用できるものとしては、「大隈記念奨学金」や「小野梓記念奨学金」をはじめ、多種多様です。例えば、「めざせ!都の西北奨学金」は学業成績が優秀で、家計の事情により早稲田大学への進学を断念せざるをえない状況にある、遠隔地域の高校出身者が対象です。出願前または出願期間中に申し込み、書類選考により奨学金受給に相当であると認められた場合、奨学金採用候補者として入学後に奨学金の交付が約束されます。
学外奨学金としては、民間団体や日本学生支援機構、地方自治体による奨学金が用意されています。また、家計が急変した場合には早稲田大学緊急奨学金などが利用できます。これらの奨学金以外にも、早稲田大学学費ローンなどのローン制度も利用することが可能です。

大学では色んなことを学びたいけれど、どんな授業が受講できるの?

約3,500科目に及ぶオープン科目など、多種多様な講義が準備されています早稲田大学では全学共通教育のシステムを導入し、学術的文章の作成や文系の学生のための統計学、情報教育など広く教養を身につけるための科目を設置し、学部を越えた様々な学びが可能です。
全学共通副専攻制度である「テーマスタディ」は、主専攻となる分野とは別に、複数領域を組み合わせた学びに触れることで、豊かな教養と感性を身につけた、個性あふれる人材を育成するためのプログラムです。
また、あるテーマのもとに各学部の学生と教員が少人数で集い、学生の幅広い教養を支える「テーマカレッジ」、低年次から実際に社会で働く人々と共に働き、関わりを持つことで、仕事の本質について考える「プロフェッショナルズ・ワークショップ」、環境や農業、人権、教育、交流、地域づくりといった分野で行われているボランティア活動など多種多様な教育システムを整えています。
さらに、学部や学年の枠を越えて学べる多彩なオープン科目は、大学生に「知」の世界の広がりを体感してもらうため、各学部やグローバルエデュケーションセンター、他大学などから提供され、合わせて約3,500科目が設けられています。

留学は盛んに行われているの?

多種多様な留学制度やサポート制度などが用意されています早稲田大学ではグローバル社会に貢献できる人材を育成するため、グローバル展開を積極的に行っています。2015年5月現在、早稲田大学には約5,000名の外国人学生が在籍しており、グローバルキャンパスの形成を推進しています。
海外留学も盛んで、79の国や地域の約700の大学と協定を結び、年間約3,300名の学生が海外で学んでいます。留学のプログラムは様々で、長期留学や短期留学など学生のあらゆるニーズに応えることができます。
長期留学のプログラムの種類としては、早稲田大学の学位と派遣先大学の所定の学位を取得することができる「ダブルディグリー・プログラム」、早稲田大学の学費のみで、留学先の大学の学費は原則として免除される交換留学、国際社会で強いリーダーシップを発揮できる人材を育成するためにアメリカへ1年間の留学を行う「グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム」、留学先の大学が設定する学生の語学レベルにもとづいたプログラムに参加する「CSプログラム」などがあります。これらの留学プログラムでは留学先での単位認定により多くの学部では4年間で卒業することが可能です。
留学をサポートするシステムも充実しています。留学の不安を軽減するための語学能力検定試験対策講座などの留学準備講座や相談窓口の設置、留学に関連した様々な奨学金も利用可能です。
なお、2016年度より、政治経済学部では国際社会における様々な分野で活躍する「グローバルリーダーの輩出」を目指し、AO入試の一環として「グローバル入試」を導入しました。社会に対する強い興味や関心、問題意識を持ち、地域及び世界の発展に貢献するための理解力、分析力、思考力、表現力、行動力などを身につけようという意志のある学生に門戸を開いており、TOEFL、TOEIC、IELTSなど英語の外部試験の出願基準や合格基準は、特に設けていません。募集定員は約50名です。
↑TOPへ戻る
大学名早稲田大学
国/公/私私立
住所東京都新宿区西早稲田1-6-1
入試関連
問合せ先
入学センター(早稲田キャンパス)
インターネット出願https://www.apply.waseda.jp/

この大学のOB・OGの方へのインタビュー内容を掲載しています。