学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「自由平等・寛容平和」の精神に則り、人材の育成に取り組む

「真理の探究」「地域・国際社会への貢献」「平和・共生の追求」を基本理念とする。沖縄という多様な文化が共存する環境の中で、国際化が進む現代社会における「21世紀型市民」を育成する。沖縄県との協働を進め、島嶼地域固有の課題解決に向け、地域再生を担う人材育成にも取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●千原キャンパス(医学部以外)
・「那覇バスターミナル」からバスで約40分、「琉大北口」下車
●上原キャンパス(医学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

1,263名(教授:303名 准教授:264名 講師:472名 その他:224名)

生徒数

7,284名(男:4,496名(61.7%)女:2,788名(38.3%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 25,000~68,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1950年、英語、教育、社会科学、理、農、応用学芸の6つの学部で発足。1972年、国に移管され国立大学に。1979年、医学部を設置。2004年に国立大学法人に。2008年、観光産業科学部を設置。2018年、法文、観光産業科学部を改組し、人文社会、国際地域創造学部を新設。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

琉球大学の入試について教えて!

琉球大学は、国際地域創造、教育、農の3つの学部で大学入試センター試験を課さない「推薦入試Ⅰ」を、人文社会、教育、理、医、工の5つの学部で大学入試センター試験を課す「推薦入試Ⅱ」を、工学部においてAO入試を実施しています(2018年度)。工学部のAO入試では書類選考の後プレゼンテーションと質疑応答により選抜を行います。課題はコースごとに異なります。なお、定員は36名です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

琉球大学の学びの特徴は?

琉球大学は、URGCC(琉大グローバルシティズン・カリキュラム)のもとで、地域社会と世界の架け橋となる21世紀の市民として学生を育成するべく一貫した教育を行っています。自律性、社会性、地域・国際性、コミュニケーション・スキル、情報リテラシー、問題解決力、専門性という7つの学習教育目標を掲げ、大学の各学部学科で展開されている30の専門的な学士教育プログラムや共通教育等科目による学部横断的な学びを通して、グローバルに活躍する人材に求められる人間力をはぐくみます。

どのような国際交流が行われているの?

琉球大学は、32の国や地域の大学などと国際交流協定を締結しており、学生の海外留学をサポートしています。特に、アジア、太平洋地域の様々な大学に留学が可能なのは琉球大学ならではの特徴といえます。「琉球大学短期派遣(留学)プログラム」では琉球大学に在籍したまま海外の大学への1年間以内の留学が可能で、留学期間中は留学先の大学の授業料が免除され、留学先で取得した単位は卒業要件の単位として認められます。さらに、観光産業科学部の学生を対象として「かりゆしホテルズ観光人材育成基金」が実施している海外大学研修や医学部の学生を対象として実施されているラオスでの医学生人材育成支援事業など、専門性の高い体験型の国際交流プログラムも各学部で行われています。
↑TOPへ戻る
大学名琉球大学
国/公/私国立
住所沖縄県中頭郡西原町字千原1
入試関連
問合せ先
学生部入試課(千原キャンパス)