東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 琉球大学 > 学部・学科情報

目次

学部の選択をして下さい。

人文社会学部
国際地域創造学部
教育学部
理学部
医学部
工学部
農学部

人文社会学部

人文社会学部定員入学金282,000円学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 メディア 国際 法 政治 教育 心理
200人年間授業料535,800円

【特色】「平和共生・沖縄理解」を共通基盤科目とし、地域社会の平和と発展に貢献できる人材を育成する。
【進路】「就職先・職種トップ3」 1位:一般企業174名、2位:公務員59名、3位:教員9名

取得できる免許・資格教員免許(中-国、高-国・公)、学芸員、社会福祉士、認定心理士
学科・コース・専修一覧
国際法政学科(80)社会の持続可能な発展や平和構築のため、柔軟かつ的確な判断力や政策提言力などを身につけた人材を育成する。2つのプログラムで構成され、法学プログラムではおもに実定法を学び、政治・国際関係学プログラムではおもに国際関係学を学ぶ。さらに、法科大学院(ロースクール)と連携して法曹界を目指す「LS進学等特修クラス」も準備している。
人間社会学科(80)人類の直面する諸課題を多角的に研究し、これからの時代を創造できる人材を育成する。3つのプログラムで構成されており、哲学と教育学の2つのコースがある哲学・教育学プログラム、科学的手法も取り入れて心理を研究する心理学プログラム、社会や福祉、ジャーナリズムを研究する社会学プログラムがある。
琉球アジア文化学科(40)沖縄や琉球をはじめ、日本、朝鮮半島、中国、台湾の歴史、文化、言語、文学などを多角的に研究し理解を深め、継承と発展に貢献する人材を育成する。2年次から歴史・民俗学、言語学、文学の3つのプログラムに分かれて学び、東アジアの多様な文化の中で共生しコミュニケーションする能力、国際的にアジアについて発信する能力を身につける。

国際地域創造学部

国際地域創造学部定員定員(夜間)入学金282,000円学べる学問文学 地理歴史 文化 言語・語学 国際 経済 商・経営
345人80人年間授業料535,800円

【特色】「未来志向型教育」を掲げ、地域、産業、文化の研究と振興に貢献できる人材を育成する。
【進路】卒業後は、サービス業や情報・通信業をはじめ様々な分野の企業への就職が期待される。

取得できる免許・資格教員免許(中-社・英、高-地歴・英)
学科・コース・専修一覧
国際地域創造学科(345)1年次には観光学、経営学、経済学、語学、地理学、歴史学、人類学を横断的に学ぶことができ、2年次から観光地域デザイン、経営、経済学、国際言語文化、地域文化科学の4つの専門プログラムに配属される。グローバルとローカルの両方の視点をもち、国内外の産業、地域、文化の振興に貢献できる人材の育成を目指す。

教育学部

教育学部定員入学金282,000円学べる学問教員養成 教育 子ども
140人年間授業料535,800円

【特色】沖縄の地域的特性や現代的な教育課題などを学び、多様なニーズに対応できる教員を養成する。
【進路】「就職先・職種トップ3」 1位:教員77名、2位:一般企業37名、3位:公務員9名

取得できる免許・資格教員免許(幼一種、小一種、中-国・数・理・社・音・美・保体・技・家・英、高-国・ 数・理・地歴・公・家・工業・音・美・工芸・保体・英、その他)、司書教諭、学芸員
学科・コース・専修一覧
学校教育教員養成課程(140)多様な教育課題に対して柔軟かつ力強く応えることができる教員の養成を目指す。小学校教育、中学校教育、特別支援教育の3つのコースで構成され、ICTの活用などの現代の教育環境や、離島教育、子どもの貧困など沖縄の地域的課題を系統的に学ぶことができる。1年次から実習や体験が充実し、現場での実践力を養うことができる。

理学部

理学部定員入学金282,000円学べる学問生物 地球環境 数学 物理 化学 情報科学
200人年間授業料535,800円

【特色】幅広い基礎学習で各学問の壁を取り払い、沖縄の豊かな自然環境を活かした個性的な研究を行う。
【進路】2割超が進学。「就職先・職種トップ3」 1位:一般企業69名、2位:教員15名、3位:公務員14名

取得できる免許・資格 教員免許(中-数・理、高-数・理)、学芸員、危険物取扱者、測量士(補)、毒物劇物取扱責任者
学科・コース・専修一覧
数理科学科(40)数学を通してコンピュータや経済学、物理学への応用を含めた幅広い研究を行い、現代科学に必要不可欠な数学者を養成する。1年次は少人数の基礎ゼミに所属し、大学数学への導入を行う。2・3年次に代数、幾何、解析学の学びを深める。プログラミングやアクチュアリー資格取得、数学教員養成など将来の希望に応じた科目も設けている。
物質地球科学科(65)物理と地学の2つの系統に分かれて募集を行う。物理系では物性物理学や素粒子・宇宙物理学など、物理学を体系的に理解する。原子配列を調べる大規模な実験施設など充実した設備がある。地学系では地球を対象として海洋、島々、亜熱帯に重点をおいた地学研究を行う。亜熱帯気象やサンゴ礁など、沖縄の地理的特性を活かした研究ができる。
海洋自然科学科(95)化学と生物の2つの系統に分かれて募集を行う。化学系では基礎的な分野だけでなく、地域の特性を加えた教育や研究を展開し、物理化学、有機化学、無機化学、分析化学などの学習に加えて海洋化学の研究も行っている。生物系では沖縄の自然的特性を活かし、サンゴ礁や島嶼生態系の理解や保全を含めた総合的な研究にも取り組んでいる。

医学部

医学部定員入学金282,000円学べる学問医 看護 保健・介護
172人年間授業料535,800円

【特色】「南に開かれた国際性豊かな医学部」を目指し、地域特性に根ざした医学及び医療の課題解決に取り組む。
【進路】医学科の卒業生の9割超が臨床研修医に、保健学科の卒業生の約6割が医療・福祉業に就職する。

取得できる免許・資格教員免許(養護一種)、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、医師
学科・コース・専修一覧
医学科(112)6年制。柔軟な対応力と倫理観を兼ね備え、沖縄をはじめ近隣の東南アジアや南太平洋地域の医療に貢献できる国際的な医師の育成を目指す。沖縄の特性を理解し、地域医療への関心を高めるため、3年次は学生全員に離島での病院見学実習を実施する他、希望者には宮古島など離島診療所で参加型臨床実習も行う。
保健学科(60)4年制。健康への多様なニーズに応える科学的知識と倫理観をもち、沖縄の地域医療や国際医療に貢献できる人材を育成する。2年次からおもに看護師や養護教諭、保健師、助産師を目指す看護学コース、おもに臨床検査技師を目指す検査技術学コースの2つのコースに分かれる。病院などでの臨地実習と卒業研究に取り組み、国家試験対策も行う。

工学部

工学部定員定員(夜間)入学金282,000円学べる学問物理 機械 土木・建築 環境工 電気電子 エネルギー 情報科学
350人機械システム工学科20人、電気電子工学科10人年間授業料535,800円

【特色】7つのコースを設置し、地域産業の変革に貢献できる専門技術者の育成を目指す。
【進路】約3割が進学。「就職先・職種トップ2」 1位:一般企業158名、2位:公務員34名

取得できる免許・資格 教員免許(高-情・工業)、測量士(補)、電気通信主任技術者、電気主任技術者、建築士 (一・二級、木造)、技術士(補)、ボイラー取扱者、土木施工管理技士
学科・コース・専修一覧
工学科(350)機械工学、エネルギー環境工学、電気システム工学、電子情報通信、社会基盤デザイン、建築学、知能情報の7つのコースからなる。さらに大学院修士課程も含めた6年間の一貫教育を行うグローバルエンジニアプログラムを各コースに設置することで、留学などを通じて新たな産業を牽引しグローバルに活躍できる専門技術者を育成する。

農学部

農学部定員入学金282,000円学べる学問経済 商・経営 生物 地球環境 生物資源 農・林業 化学 環境工 食物
140人年間授業料535,800円

【特色】沖縄の亜熱帯という地理的特性を活かした農学研究を通じ、食料や環境など現代の問題解決を目指す。
【進路】約2割は進学。「就職先・職種トップ2」 1位:一般企業57名、2位:公務員20名

取得できる免許・資格 教員免許(高-農)、危険物取扱者、食品衛生管理者、食品衛生監視員、管理栄養士、栄 養士、測量士(補)、毒物劇物取扱責任者、技術士(補)、樹木医(補)
学科・コース・専修一覧
亜熱帯地域農学科(35)農業と地域社会が共に歩んでいくためのシステム構築を考え、国際的な視点から地域の農林畜産業の発展を支える人材を育成する。持続的な食料自給システムについて学ぶ農林経済学、亜熱帯地域における植物種の展開を扱う植物開発学、家畜生産を通じた循環型農業を目指す循環畜産学、動植物と人間の関係に触れる農林共生学の4つのコースからなる。
亜熱帯農林環境科学科(35)動植物の生理研究や生態研究、土壌や森林生態系の構造・機能の研究、バイオマスなど生物資源の利用の研究を通じて家畜と作物の高品質・安定生産、生態系や森林環境の保全に貢献できる専門家を育成する。持続可能な生物資源の生産や利用を目指し、植物機能学、動物機能学、森林環境学、生態環境科学の4つのコースで沖縄ならではの研究を行う。
地域農業工学科(25)エネルギーと環境を意識した食糧資源の持続的生産を目指す人材を育成する。バイオシステム工学、地域環境工学の2つのコースで構成され、農業生産と流通の効率化、その基盤となる農村の保全を学ぶ。特に沖縄の特産物であるサトウキビなどの生産を念頭に、機械化やICT活用、食品加工、バイオマスなど再生可能エネルギーの開発を研究する。
亜熱帯生物資源科学科(45)亜熱帯の沖縄独自の生物や食資源を研究し、新たな健康食品や医農薬品の開発を目標とする。健康栄養科学コースでは栄養士の資格を目指すことができ、その他のコースは3年次から生物機能開発学、食品機能科学、発酵・生命科学の3つに分かれ、人間の健康生活の向上に貢献することを目指して専門科目を学ぶ。