東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 明治大学 > 学部・学科情報

目次

学部の選択をして下さい。

法学部
商学部
政治経済学部
文学部
理工学部
農学部
経営学部
情報コミュニケーション学部
国際日本学部
総合数理学部

法学部

自由と自治の精神をはぐくむ学風のもと、 人間性と国際性にもとづくリーガルマインドを養う

法学部定員入学金200,000円学べる学問国際 法 情報科学
920人年間授業料1,098,300円

【特色】2年次から5つのコースに分かれて専門性を身につける。多彩な少人数制授業も特色の1つである。
【進路】卒業後は、金融・保険業や公務、製造業などに就職する者が多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
主な出身者三木武夫(第66代内閣総理大臣)、土屋恵一郎(明治大学長)、青野覚(明治大学副学長)、小池恒(オリコン社長)、工藤誠一(聖光学院中学校・高等学校長)、宇崎竜童(ミュージシャン)、原田大二郎(俳優)、篠原哲雄(映画監督)、山越康平(サッカー選手)、佐藤賢希(馬術選手)、宮崎政久(衆議院議員)、井野俊郎(衆議院議員)、高畑百合子(TBSアナウンサー)、飯村真一(テレビ朝日アナウンサー)
学科・コース・専修一覧
法律学科定員入学金200,000円学べる学問国際 法 情報科学
920人年間授業料1,098,300円

ビジネスローコース法的なものの考え方であるリーガルマインドを身につけ、現代ビジネス社会で活躍できる人材を育成する。基本六法の科目の他にも、金融商品取引法、会社法、知的財産法など企業や社会と関わる多様な法律科目を配置し、きめ細かい教育を行う。国際的な活躍を想定し、英語による講義も設けている。
国際関係法コース国家間に共通の規則を設定する国際法と外交に関わる各国の国内法を学ぶことで、国際的に活動する際にどのような法的ルールが適用されるのか、国際的な紛争が発生した際に、どのように処理されるのかといったテーマについて考察する。様々な国や地域の文化に関する科目も設置し、国際社会に関する理解をより深める。
法と情報コース現代情報社会の構造や問題点、情報関連の法制度、情報セキュリティなどに関する知識と解決能力を身につけ、現代の高度情報化社会で生じる様々な法的問題に適切に対応できる人材を育成する。法律家の他にも、一般企業や官公庁への就職など様々な進路を想定している。法律科目だけでなく情報関連科目を履修することもできる。
公共法務コース国家公務員、地方公務員、裁判所職員及び国会職員といった公務員や、行政書士、税理士などの法律関連の専門家になるうえで必要となる知識や教養を身につける。公務員や法律専門職にとって必須知識となる憲法や民法、行政法を中心とした各種法律科目に加え、国家試験合格に役立つ学習ができるカリキュラムを展開している。
法曹コース裁判官、検察官、弁護士をはじめとする法律実務家を育成し、法科大学院(ロースクール)への進学に必要とされる法律の基礎知識と法的思考能力を身につけられる教育を行う。憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法の6つの科目を中心としつつ、租税法や医事法といった専門分野の法律の学習も可能となっている。

商学部

「総合的市場科学」としての商学を学び、 ビジネスの最前線で活躍する人材を育成する

学科・コース・専修一覧
商学科定員入学金200,000円学べる学問国際 経済 商・経営
1150人年間授業料1,094,000円

【特色】3年次から7つのコースに分かれて専門性を養う他、2つの系統のゼミを通して学際的な学びを深める。
【進路】卒業後は、金融・保険業、製造業に加え、情報・通信業に就職する者が多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公・商業)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
主な出身者柳谷孝(明治大学理事長)、出見世信之(明治大学教授)、堀威夫(ホリプロ創業者)、渡 邊美樹(ワタミ創業者、参議院議員)、久保田裕一(北海製罐社長)、久保憲一(バナーズ 会長)、岩熊博之(平和不動産社長)、鳥塚亮(いすみ鉄道社長)、羽田圭介(小説家)、両 沢和幸(脚本家、演出家)、山下智久(俳優)、北川景子(女優)、海老沼匡(柔道選手、 ロンドン五輪・リオデジャネイロ五輪銅メダリスト)、上原健太(プロ野球選手)、野村祐 輔(プロ野球選手)、差波優人(サッカー選手)、櫻田義孝(衆議院議員)、萩生田光一(衆 議院議員)、松山政司(参議院議員)、渡辺宣嗣(ニュースキャスター)、中野謙吾(日本 テレビアナウンサー)
アプライド・エコノミクスコース国内外に様々な経済問題が噴出する現代社会において、市場経済の現状を正確に把握し、市場による解決が困難な問題を経済の基本的知識を駆使し分析することで、その解決方法を模索できる人材を育成する。1・2年次に学んだ経済学の基礎理論や経済活動の歴史を前提に、政府の政策や国際経済の分析方法などを学習し応用力を身につける。
マーケティングコース商取引そのものに焦点をあてるマーケティングの理論を学ぶ。2つの部門に分かれる。流通・マーケティング部門では製品開発から消費者の購買心理までについて学ぶ。交通部門ではモノや人の動きを分析し、理想的な交通サービスを考察する。企業のマーケティング担当者やイベント立案者、新商品の開発スタッフなどとして活躍する人材を育成する。
ファイナンス&インシュアランスコースファイナンス(金融・証券)の仕組みを知ることでビジネス社会に必要な改革を理解すると共に、インシュアランス(保険)の役割を理解することで、企業や個人の適切かつ実践的なリスク管理を行う能力を育成する。証券アナリストやファイナンシャル・プランナーなどの各種資格取得に役立つ授業も行われている。
グローバル・ビジネスコース世界と日本との貿易、経済関係を学び、世界的視野に立って企業活動や経営を追究する。2つのサブコースを設置。理論中心のサブコースでは貿易の様々なシステムや制度を学び、日本経済の将来を展望する。ビジネス中心のサブコースでは日本の国際経営活動を幅広く学習し、ビジネス交渉などの企業活動も体系的に理解しながら実践力を養う。
マネジメントコース国際化、高度情報化社会における企業活動の実態を、基礎から実践まで体系的かつ総合的に学び、企業人や起業家、公務員などとして様々な分野で独自の視点を持って活躍できる人材を育成する。経営戦略論や生産管理論などの基礎科目の他、経営哲学や国際経営論のような現代的なテーマを扱う講義も設置されている。
アカウンティングコース経理のスペシャリストを数多く輩出してきた伝統を背景に、アカウンティング(会計)の知識と世界に向けた発信力を兼ね備えた会計専門職、ビジネスリーダー、財務、経理、広報担当者などを養成する。各種会計資格の取得に必要な知識と共に、コミュニケーションツールとしての会計スキルを身につけられるカリキュラムを展開している。
クリエイティブ・ビジネスコース経済や社会が大きな転換点を迎えている現在において、各方面で生じている大きなビジネスチャンスを的確に把握し、新たな価値を持つビジネスを創造できる起業家精神あふれる人材を育成する。起業や独立に対して積極的に支援するためのカリキュラムを展開しているのも特色の1つである。

政治経済学部

政治と経済を社会の骨格ととらえ、 双方の学びから物事の本質を見極める力を育てる

政治経済学部定員入学金200,000円学べる学問文化 社会 メディア 経済 政治
1150人年間授業料1,099,000円

【特色】ゼミと専門科目の学習を関連づけ、興味や関心に応じて体系的に学ぶゼミ指導型コース制を採用している。
【進路】卒業後の就職先は、金融・保険業や製造業、情報・通信業など多岐にわたる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
主な出身者村山富市(第81代内閣総理大臣)、小西德應(明治大学教授)、鈴木利大(明治大学教授)、藤田元宏(ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス社長)、山本一雄(長崎銀行頭取)、太田和宏(東京テアトル社長)、安原晃(岡山県貨物運送会長)、野尻佳孝(テイクアンドギヴ・ニーズ会長)、山田司朗(Far Yeast Brewing代表取締役)、長友佑都(サッカー選手)、山崎福也(プロ野球選手)、柳裕也(プロ野球選手)、石川駿(プロ野球選手)、水谷隼(卓球選手、リオデジャネイロ五輪銅メダリスト)、薗田峻輔(プロゴルファー)、西原忠佑(ラグビー選手)、中沢けい(小説家、法政大学教授)、藤原智美(小説家)、山田正紀(小説家)、三田紀房(漫画家)、園田英樹(脚本家)、谷公一(衆議院議員)、田中良(東京都杉並区長)、三瓶宏志(NHKアナウンサー)、山本紘之(日本テレビアナウンサー)、篠原光(日本テレビアナウンサー)、藤森慎吾(お笑い芸人)、向井慧(お笑い芸人)、三上真史(俳優)、さいねい龍二(タレント)、木村綾子(タレント、作家)
学科・コース・専修一覧
政治学科(290)政治現象を分析してその仕組みや成り立ちを解き明かす力や社会構造を把握して自立した行動判断ができる力を、事実と理論の双方の観点から磨く。政治学を中心に関連する多彩な学問分野まで網羅したカリキュラムを通して、社会や人間の行動について包括的に理解する。幅広い見識と専門性を兼ね備えたグローバルな人材を育成する。
経済学科(695)富の再分配を通して幸福で快適な社会を実現する方法を考える。経済学の視点のみならず、他学科に設置されている政治学や行政学、社会学系科目などの学際的な科目も合わせて履修することで、総合的な視点から経済学を学ぶ。様々な経済事象を多角的に分析し、政策立案能力と国際社会に通用する教養を兼ね備えた人材を育成する。
地域行政学科(165)「地域」を「地方」ではなく人々が生活する圏域としてとらえ、その中における企業、家計、公共のあり方について学ぶ。理論と実践の両方を重視し、より良い地域運営や産業・社会の活性化に貢献できる専門家を育成する。3年次には「地域研究インターンシップ」で地域の現場を実際に体験する。

文学部

高い専門性と豊かな教養を養うことで、 人間と文化を理解する力を磨く

文学部定員入学金200,000円学べる学問文学 哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 メディア 心理 演劇
910人年間授業料1,144,000円

【特色】1年次から少人数演習科目であるゼミが行われ、4年次には卒業論文に取り組む。
【進路】卒業後の就職先は、情報・通信業、サービス業、金融・保険業など多岐にわたる。

取得できる免許・資格教員免許(中-国・社・英・フランス語・ドイツ語、高-国・地歴・公・英・フランス語・ドイツ語)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
主な出身者石川日出志(明治大学教授)、唐十郎(劇作家、演出家)、かわぐちかいじ(漫画家)、阿木燿子(作詞家)、吉田紀子(脚本家)、原雅彦(演出家、俳優)、天童荒太(小説家)、和智正喜(小説家)、落合恵子(作家)、垣谷美雨(小説家)、荻原博子(経済ジャーナリスト)、枝元なほみ(料理研究家)、佐々部清(映画監督)、広瀬明日子(芸術家)、田中裕子(女優)、井上真央(女優)、松重豊(俳優)、柴田理恵(女優、タレント)、原田夏希(女優)、川島海荷(女優)、寺田有希(女優)、泉里香(モデル、女優)、ハマカワフミエ(女優)、今井麻美(声優)、田村優(ラグビー選手)、髙山俊(プロ野球選手)、坂本誠志郎(プロ野球選手)、中東泰斗(バスケットボール選手)、広澤克実(プロ野球解説者)、新藤義孝(衆議院議員)、安住紳一郎(TBSアナウンサー)、水野真裕美(TBSアナウンサー)、山本恵里伽(TBSアナウンサー)、浦浜アリサ(モデル)、エド・はるみ(お笑い芸人)
学科・コース・専修一覧
文学科(465)6つの専攻を設置。日本文学専攻では国語学、日本文学、漢文学を中心に日本文化を多角的に学ぶ。英米文学専攻ではおもに英語の運用能力を養う。ドイツ文学専攻ではドイツ語圏の文化を、フランス文学専攻ではフランス文化の多様な価値観を学ぶ。演劇学専攻では種々の演劇について、文芸メディア専攻ではメディアとしての文芸について考察する。
史学地理学科(290)5つの専攻を設置。日本史学専攻では各時代に専任教員を配置し、自由度のある研究を行う。アジア史専攻ではアジア諸国の歴史理解を通して国際的な人材を育成する。西洋史学専攻では西洋史の学習から世界に対する理解を深める。考古学専攻では多くの研究実績を持つ伝統のもとで充実した研究を行う。地理学専攻では人間と自然について幅広く学ぶ。
心理社会学科(155)2018年度改組。3つの専攻を設置。臨床心理学専攻では人の心のあり方と成長を理解し、そのケアを実践するための専門的知識や技法を習得する。現代社会学専攻では現代社会の実情を現場を体験しながら学ぶことで、実践的知識を磨く。哲学専攻では世界中の哲学を学び、変動する現代社会において自らの考えを発信する力を養う。

理工学部

学部と大学院の一貫教育により、 高度な専門知識と幅広い教養を習得する

理工学部定員入学金200,000円学べる学問数学 物理 化学 機械 土木・建築 電気電子 情報科学
1065人年間授業料1,576,000~1,596,000円

【特色】無学科混合クラスを通して理工の垣根を越えた教育を行うなど、全人教育に力を入れている。
【進路】卒業生の約3割が大学院に進学する。卒業後の就職先は、製造業や情報・通信業、サービス業が多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-数・理、高-数・理・情)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事、危険物取扱者、測量士(補)、電気主任技術者、建築士(一・二級、木造)、技術士(補)、ボイラー取扱者、土木施工管理技士
主な出身者菊池浩明(明治大学教授)、伊原学(東京工業大学大学院教授)、北野大(淑徳大学教授)、北野武(映画監督)、西郷真理子(都市計画家、まちづくりカンパニー・シープネットワーク代表取締役)、アキヨシカズタカ(漫画家)、橘ケンチ(パフォーマー)、伊野尾慧(歌手、タレント)、山田パンダ(ミュージシャン)※前身の大学学部出身者含む
学科・コース・専修一覧
電気電子生命学科(236)環境・エネルギー、新素材・デバイス・ナノテクノロジー、通信ネットワーク、情報制御システムの4つの分野を研究対象に、電気電子工学と生命理工学の2つの専攻を設けている。電気電子技術に加え生命科学などの領域を含めて研究することで、多様化が進む現代社会のニーズに対応できる技術者や研究者を育成する。
機械工学科(138)幅広い機械工学の知識と倫理観を持ち、産業機械、自動車、航空機、ロボットなど様々な機械製品を包含する機械工学の分野で活躍できる機械技術者を育成する。材料力学、流体力学、熱力学、機械力学を中心とする領域を基礎から応用まで段階的に学んでいく。4年次には少人数のゼミに所属し、卒業研究に取り組む。
機械情報工学科(138)機械工学に加え、電気及び情報技術についても幅広く学ぶ。従来の考え方に縛られない新しい発想の具体化を目指し、医用システム開発やロボットなど、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせることで技術の革新を実現できる技術者を育成する。学科の教育は日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けている。
建築学科(173)工学でありながら芸術的側面も持つ建築学を学ぶために、建築の基礎的な知識に加え、社会、経済、文化に関わる広範な知識と技術を生み出す創造力、企画力、実行力、表現力などを養う。現代社会の抱える諸問題に適切に対処した快適な居住空間を設計し、人と自然が共生する環境を創出できる建築家を育成する。
応用化学科(127)実験を重視したカリキュラムを通して、理学と工学の双方に立脚し、化学の基礎から応用までを網羅した知識と独創的な発想力を兼ね備えた研究者や技術者を育成する。従来の器具を用いた実験と、コンピュータを活用したシミュレーションの技術を習得する。次世代材料に関する高度な研究も特徴の1つである。
情報科学科(127)コンピュータのみならず、人間の知的活動の解明までを含む多様な問題を扱う。情報に関する基礎理論、コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、情報システムに関する領域に加え、他分野との境界領域も研究の対象とする。コンピュータを活用した演習を行うことで実践的な力を身につける。
数学科(63)原理に立ち返って物事を考えることで、諸科学の基礎である数学的思考を身につける。1・2年次には比較的平易な基礎知識の習得を目指し、大学数学に慣れていく。3年次から代数、幾何、解析のそれぞれの分野でより専門的な内容を学ぶ。コンピュータを扱って計算やコンピュータグラフィックス(CG)作成を行うための技能の習得を重視する。
物理学科(63)あらゆる科学技術の基礎となる物理学を学び、様々な問題に直面した際にも自然の基本法
則をもとに取り組み、社会に貢献できる人材を育成する。低学年のうちから授業と演習、
実験によって物理的なものの見方や考え方を徹底的に身につけ、4年次は卒業研究で最先
端の研究に触れる。

農学部

「食料」「環境」「生命」をテーマに、 地球と人類の未来を探究する

農学部定員入学金200,000円学べる学問商・経営 生物 地球環境 生物資源 農・林業 化学 食物
600人年間授業料1,432,000~1,581,000円

【特色】専攻科目群と総合科目群を融合させたカリキュラムを展開。明治大学黒川農場などでの多彩な実習もある。
【進路】卒業生の2割弱は大学院へ進学する。卒業後の就職先は、製造業、サービス業、卸売・小売業などが多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-理・社、高-理・地歴・公・農)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事、危険物取扱者、食品衛生管理者、食品衛生監視員、測量士(補)、毒物劇物取扱責任者、技術士(補)
主な出身者植村直己(登山家)、山田美和(岩手大学准教授)、渡辺正巳(千葉大学大学院教授)、川﨑淳(ブライトナーズ・コンサルティング代表取締役)、村田弘司(山口大学国際交流コーディネーター)、向井理(俳優)、山本美月(モデル、女優)、斉藤アリス(モデル、ライター)、瀧川鯉昇(落語家)、船木正人(気象予報士)、小野澤玲奈(静岡第一テレビアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
農学科(150)高度文明社会と自然の調和を目指し、食料と環境の観点から国内外で活躍できる人材を育成する。人類の持続的発展、農学に関する諸問題の解決に貢献するため、幅広い分野を系統的に学んでいく。3年次から総合農学、日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定プログラムである食糧生産・環境の2つのコースに分かれる。
農芸化学科(150)人間生活に関わりの深い食品や環境分野の課題を、バイオテクノロジーと最先端の科学によって解決することを目指す。微生物を用いた環境技術や生物由来の有用物質など、幅広い研究テーマが用意されている。1・2年次は豊富な実験を中心に基礎を固め、3・4年次は研究室に所属して専門教育を受けながら卒業研究に取り組む。
生命科学科(150)生命の仕組みを分子レベルや遺伝子レベルから解明し、食糧問題や環境問題などの諸問題の解決を目指すと共に、生命科学の素養と広い視野、総合的な判断力を養う。基礎から専門分野まで体系的に学ぶことができ、授業と実験を組み合わせて行うカリキュラムを組んでいる。3年次から研究室に所属し、卒業研究に取り組む。
食料環境政策学科(150)食料と環境に関する諸問題に対し、政策学、経済学、会計学、社会学、開発学など社会科学の側面から総合的にアプローチする。生物資源や自然資源の研究と利用について、人間の行動の観点から探究することで持続的社会の実現を目指す。農場実習やファームステイ実習などを通して現場を理解する実践力を養う。

経営学部

新たな価値を見出し組織をリードできる 「価値創造人材」を育成する

経営学部定員入学金200,000円学べる学問商・経営
745人年間授業料1,099,000円

【特色】学部一括入試を採用。入学後などのガイダンスや個別相談を経て、2年次から希望の学科に所属する。
【進路】卒業後の就職先は、金融・保険業を中心にサービス業、情報・通信業など多岐にわたる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社、高-地歴・公・商業)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
主な出身者河井英明(Osaka Metro社長)、河合利樹(東京エレクトロン社長兼CEO)、髙見克司(新日本建設社長)、大久保幸世(創業手帳社長)、鈴木英治(小説家)、小川直也(プロレスラー)、吉田秀彦(柔道家)、荒木郁也(プロ野球選手)、黒田アーサー(俳優)、宮沢和史 (ミュージシャン)、竹島宏(歌手)、三遊亭小遊三(落語家、落語芸術協会会長代行兼副会長)、立川志の輔(落語家)、渡辺正行(タレント)、豊嶋真千子(声優)、千田正穂(フリーアナウンサー)
学科・コース・専修一覧
経営学科(485)経営環境の変化や企業の変革を把握し、適切に対応できる人材を育成する。経済のグローバル化や雇用などの身近な問題や知識情報化の進展に対応すべく、国際経営戦略、人的資源マネジメント、情報・技術マネジメントの3つに関する科目を総合的に配置し、多角的に学んでいく。専門に特化して学べるゼミも開講している。
会計学科(160)経営情報を作成し提供する営みである会計に精通したスペシャリストを育成する。1年次には簿記論、2年次には財務会計総論と管理会計総論を学んで会計の基礎的能力を養う。3・4年次にはより専門的な会計理論を体系的に学び、高度な専門性を身につける。国際化が進展するビジネス社会の様々な場面で活躍することを目指す。
公共経営学科(100)NGO・NPO、行政、パブリック・ビジネスの3つの進路を想定したカリキュラムを展開し、産学連携のもと理論と実践を結びつけた教育を行っている。行政組織に加え、医療、福祉、教育、まちづくり、環境保全、公的施設・スポーツ組織の運営など多岐にわたる公共サービス分野のマネジメントを学習する。

情報コミュニケーション学部

伝統的な知の蓄積を尊重しつつ、 情報社会の生きた現実と向き合う

情報コミュニケーション学部定員入学金200,000円学べる学問文化 言語・語学 社会 メディア 経済 商・経営 法 政治 心理 情報科学 芸術理論
520人年間授業料1,099,000円

【特色】4年にわたる段階的なゼミ教育や自由なカリキュラムを通して、創造的な人材を育成する。
【進路】卒業後の就職先は、情報・通信業やサービス業、金融・保険業、卸売・小売業など多岐にわたる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社・英、高-公・情・英)、司書教諭、学芸員、司書、社会調査士、社会教育主事
主な出身者林美沙希(テレビ朝日アナウンサー)、川添佳穂(朝日放送アナウンサー)、小新井涼(アニメコラムニスト)
学科・コース・専修一覧
情報コミュニケーション学科(520)1・2年次に社会科学、人文科学、自然科学の3つの科目群から、3・4年次に社会システム、文化と表象、人間と環境の3つの科目群から、それぞれ個人の問題意識に応じて自由に履修する。基礎となる知識を習得し、自らの研究課題を見つけたのちに、その解決に必要な学びを深められるカリキュラムを展開している。

国際日本学部

世界の文化・社会を幅広く学ぶことで、 世界と日本のつなぎ方を探究する

国際日本学部定員入学金200,000円学べる学問哲学・宗教 地理歴史 文化 言語・語学 社会 メディア 国際 芸術理論
400人年間授業料1,276,000円

【特色】少人数制の英語教育や海外留学制度などを通して国際社会で活躍できる人材を育成する。
【進路】卒業後の就職先は、サービス業や情報・通信業、卸売・小売業など多岐にわたる。

取得できる免許・資格教員免許(中-社・英、高-地歴・公・英)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
主な出身者青木優(MATCHA社長)
学科・コース・専修一覧
国際日本学科(400)ポップカルチャー、視覚文化、社会システム・メディア、国際関係・文化交流、国際文化・思想、日本文化・思想、日本語、英語の8つの研究領域を通して、異文化理解力と国際性を養う。日本に対する理解を促進しつつ、国際感覚を養うための多様な留学制度が用意されている。数多くの留学生と共に学べる環境も整備されている。

総合数理学部

理工学の枠を越えた数理科学を通して、 現実社会の様々な問題の解決に挑む

総合数理学部定員入学金200,000円学べる学問メディア 数学 機械 情報科学
300人年間授業料1,556,000~1,596,000円

【特色】1年次から始まる少人数制のゼミなどを通して、数理科学と情報技術の基礎と最先端の分野を学ぶ。
【進路】卒業生の約3割が情報・通信業に就職している。サービス業や製造業への就職も多い。

取得できる免許・資格教員免許(中-数、高-数・情)、司書教諭、学芸員、司書、社会教育主事
学科・コース・専修一覧
現象数理学科(90)生物学、物理学のみならず、現代では社会学や経済学、医学の分野においても求められている現象数理学を学ぶ。医学・生理学問題や社会的問題、社会現象をモデリングし、コンピュータシミュレーションを通して解明し、得られた数理モデルをあらゆる分野に応用できる能力を備えた人材を育成する。
先端メディアサイエンス学科(120)数理科学的な思考を基盤に社会に必要なものを創造し、文化の発展に貢献できるような発想力と技術力を兼ね備えた人材を育成する。人の心理や感性を解明する数理モデルの構築の他、人間に合わせた情報環境を築くための情報メディアシステムやヒューマンインターフェースの実現、人の心を豊かにできる文化的コンテンツの創出などを目指す。
ネットワークデザイン学科(90)人と環境のどちらにも最適かつ安全なネットワークを構築し、スマートな社会を創造することを目指す。ネットワークを設計、運用するための基礎工学技術やコンピュータ技術を習得するのみならず、ネットワークデザインの技術や柔軟な問題解決のために必要な知能数理システムについても学び、未来の社会基盤を支える人材を育成する。