学べる学問

  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

地域に根ざした医療と福祉の向上を目指して

豊かな人間性と幅広い学問的視野を有し、高度な知識と技術、倫理観を身につけた医療人及び研究者
を育成する。地域に根ざした医療と福祉の向上に貢献することを目標として、教育、研究、医療活動
を通じて、国際社会の発展に寄与する医師及び看護職者の育成に力を入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

・JR「旭川駅」からバスで約30分、「緑が丘3条4丁目」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

347名(教授:63名 准教授:44名 講師:65名 その他:175名)

生徒数

978名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 892,710~918,060円
周辺家賃相場 28,000円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1973年、旭川医科大学を設置。1976年、医学部附属病院を開院。1979年、大学院医学研究科を設置。1996年、看護学科を設置。1999年、情報処理センター、遠隔医療センターを設置。2000年、大学院医学系研究科修士課程看護学専攻を設置。2004年、国立大学法人となり、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

推薦入試道北・道東特別選抜とAO入試北海道特別選抜って?

旭川医科大学では、医師及び看護職者としての適性と共に地域社会への関心を持ち、自らが問題を見つけ解決する意欲と行動力を持つ者を学生像とする「アドミッション・ポリシー」(入学者受け入れ方針)のもと、入学定員の約半分を地域枠として設けています。「推薦入試道北・道東特別選抜」は、道北、道東地区の著しい医師不足を解消するため、当該地域で生まれ育った学生を、高等学校長からの推薦を受け、旭川医科大学で教育と研修を行い、将来当該地域での医療過疎を解消する人材を募集する入試制度です。「AO入試北海道特別選抜」は、北海道出身の学生に意欲、能力及び適性などを基準に自己推薦により出願させ、医師不足問題を抱える北海道全体の地域医療に貢献することを目指す入試制度です。2018年度入試では「AO入試北海道特別選抜」の定員が2名増加し、入学定員に占める割合が大きくなっています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

大学独自の奨学金にはどのようなものがあるの?

旭川医科大学では、「医学科奨学資金」「看護学科奨学資金」「卒業生に対する奨学資金」の3つの奨学金制度が用意されています。「医学科奨学資金」は旭川医科大学に卒後臨床研修医として在職した場合、または卒後臨床研修後に引き続いて在職した場合は在職月数分の返還が免除されます。「看護学科奨学資金」は卒業直後に旭川医科大学の大学附属病院に常勤の看護職員として勤務した場合に、勤務月数分の返還が免除されます。また、経済的理由によって入学金や授業料が減免される制度や、授業料を貸与する「学部学生授業料特別貸与制度」、学外実習の際の移動経費などを支給する「学外実習経費支給制度」など経済面での支援が充実しています。

どのような国際交流が行われているの?

旭川医科大学では、教育と研究の面で活発な国際交流を行っています。中国やタイ、インドネシア、モンゴル、カザフスタンの大学と学術交流協定を締結している他、外国人留学生の受け入れや世界各国の共同研究者との交流などにも力を入れています。国際協力や国際貢献活動としては、国際協力機構(JICA)の委託を受け、「アフリカ地域 地域保健担当官のための保健行政」の研修を実施し、学生にとって国際性豊かな医療人としての素養を身につける場になっています。また、留学や外国の大学での語学研修に対する「学生海外留学助成制度」、外国でのボランティア活動などに対する「学部学生海外活動助成制度」といった学生のグローバルな活動を支援する様々な制度も整えられています。
↑TOPへ戻る
大学名旭川医科大学
国/公/私国立
住所北海道旭川市緑が丘東2条1-1-1
入試関連
問合せ先
教務部入試課入学試験係