学べる学問

  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

「済世救民」を建学の精神に掲げる

貧しいうえに病気で苦しんでいる人を救うのが医師の最も大切な道であるとする「済生救民」という建学の精神を現代に受け継ぎ、教育と研究に取り組む。「我が身を捨てて、広く人々のために尽くす」こと、「愛と研究心を有する質の高い医師と医学者の育成」に力を入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●武蔵境キャンパス(1年次)
・JR「武蔵境駅」から徒歩約2分
●千駄木キャンパス(2年次以降)
・地下鉄「千駄木駅」から徒歩約8分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

1,039名(教授:91名 准教授:135名 講師:115名 その他:698名)

生徒数

698名(男:453名(64.9%)女:245名(35.1%)
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 5,307,800円
周辺家賃相場 68,800~128,900円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1876年、済生学舎を設立。1904年、私立日本医学校を創設。廃校となった済生学舎を継承。1926年、日本医科大学に昇格。1952年、新制日本医科大学へ移行。1970年、6年制に移行。2014年、新丸子キャンパスが武蔵境キャンパスに移転し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

奨学金制度は利用できるの?

日本医科大学では、大学独自の奨学金制度として新入生及び在学生奨学金、父母会奨学金、特別学資ローンなどによるサポートを行っています。また、前期入学試験で第10位以内、後期入学試験で第3位以内の成績上位の者を対象に、初年度の年間授業料250万円(2018年度金額)を免除する特待生制度も設けています。また、2018年度入学者より学納金(入学時最小限納入額)が450万円に大きく引き下げられました。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

特徴的な教育制度はある?

日本医科大学では、段階的なカリキュラムによる6年一貫教育を実施しています。基礎知識や専門知識の学習だけでなく、低年次から「特別教育」を行うことで、医学を学ぶ目的をはっきりさせ、豊かな人間性を養います。4年次後半からの臨床実習では、実際に大学病院の患者の治療や診療に参加し、知識と技量を身につけ、医療チームの一員として他職種の人々との連係について学べます。また、各診療科を2~6週間かけて回ることで多様な症例に触れ、経過観察の方法論も学べます。医師国家試験への対策も充実し、国家試験対策委員会によるサポートに加え、対策講義を特別枠で実施しています。上級生が下級生のフォローを行う「学生アドバイザー制度」も用意されています。

国際交流について教えて!

国際交流センターでは、人類と医学の多様な関係に対応可能な、グローバルな医療人の養成を目標に掲げています。その一環として、6年次に履修する選択臨床実習は、助成金制度を使って海外の提携大学でも行うことができます。臨床実習以外にも米国国立衛生研究所(National Institutes of Health)の研究室にサマースチューデントとして短期留学ができる夏期研究留学のプログラムなども設けられています。東南アジア医学研究会によるアジア諸国への医学留学やヨーロッパ諸国との短期交換留学制度なども行われています。なお、国際交流センターでは留学希望者に対する助成金制度を用意しています。
↑TOPへ戻る
大学名日本医科大学
国/公/私私立
住所東京都武蔵野市境南町1-7-1
入試関連
問合せ先
事務室(武蔵境キャンパス)