学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

「良心を手腕に運用する人物」を育成する

創立者である新島襄の精神を現代に受け継ぎ、良心教育のもと、キリスト教主義、自由主義、国際主義を教育理念として掲げる。変化のスピードが速い時代においても、時代に流されることなく確かな理念を見つめて取り組むために、建学の志を継承し、次代へとまなざしを向けていく。

↑TOPへ戻る

アクセス

●今出川キャンパス(神、文、法、経済、商学部)
・京都市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約1分
●京田辺キャンパス、新町キャンパス、烏丸キャンパス
●今出川キャンパス
・京都市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約1分
・京阪電鉄「出町柳駅」から徒歩約15分
●京田辺キャンパス
・近鉄京都線「興戸駅」から徒歩約15分
・近鉄京都線「新田辺駅」からバスで約10分、「同志社大学正門」下車
・JR「同志社前駅」から徒歩約10分
●新町キャンパス
・京都市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約10分
●烏丸キャンパス
・京都市営地下鉄「今出川駅」から徒歩約5分
●学研都市キャンパス(学部以外設置)
・近鉄京都線「木津川台駅」から徒歩約15分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:809名)
教授:495名 准教授:172名 講師:28名 その他:114名
生徒数(合計:27130名)
男:15649名 女:11481名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,191,000~1,696,000円
周辺家賃相場 43,000~81,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1875年
設立
官許同志社英学校として設立
1920年
大学昇格
大学令により同志社大学を開校。文、法の2つの学部を設置
1948年
新制移行
新制大学へ移行。神、文、法、経済の4つの学部を設置
1949年
学部設置
商、工の2つの学部を設置
2008年
学部設置・改組
生命医科学、スポーツ健康科学の2つの学部を設置。工学部を理工学部に改組
2009年~11年
学部設置・改組
2009年、心理学部を設置。11年、グローバル・コミュニケーション学部を設置
2013年
学部設置
グローバル地域文化学部を設置
特待生制度なし
学外試験あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

同志社大学の推薦・AO入試について教えて!

多くの学部で推薦・AO入試を行っています。同志社大学では、推薦入試を神、文、社会、法、経済、文化情報、理工、スポーツ健康科学、心理、グローバル・コミュニケーション、グローバル地域文化の11の学部で、AO入試を商、文化情報、生命医科学、スポーツ健康科学の4つの学部で、それぞれ実施しています(2018年度)。
 推薦入試には、外国語能力に関する外部検定試験の成績が利用できるものがあります。文学部では2つの学科で利用可能で、英文学科ではTOEIC、TOEFL iBT、TOEFL PBT、美学芸術学科ではTOEIC、TOEFL iBT、TOEFL PBT、実用英語技能検定などの英語の外部検定試験、もしくはドイツ語技能検定、実用フランス語技能検定などで一定の基準を満たしていることが条件です。社会、法、グローバル・コミュニケーション、グローバル地域文化の4つの学部でも、同様に外部検定試験の成績の利用が可能な学科があります。推薦入試の募集は学科やコースごとに行われ、定員は2~36名です。
 同志社大学のAO入試では、一人ひとりの能力や個性と学力を多面的・総合的に評価します。その中で、商学部商学科フレックス複合コースのAO入試では、書類選考による第一次審査を行ったあと、小論文及びプレゼンテーションを含む面接の試験による第二次審査を経て、最終合格者が決定されます。定員は10名です。
 その他にも、学部によって様々な形式の推薦入試やAO入試が行われています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

どんな奨学金制度があるの?

様々な条件で利用できる奨学金制度が用意されています。同志社大学では、学術、文化、スポーツなど広範囲の分野において成績が優秀な学生、または経済的な理由により修学が困難な学生に対して、様々な種類の大学独自の各種奨学金を用意しています。奨学金は多くの学生に利用され、2016年度にはおよそ9,200名が奨学金を受給しています。
 入学前に申請できるものとしては「同志社大学奨学金」などがあり、経済的に修学が困難な学生に対して授業料相当額の半額が給付されます。入学後に申請できるものとしては、学力と人物が共に優秀な者に給付される「同志社大学寄付奨学金」、経済的な理由により就学困難な生徒に給付される「同志社大学修学特別支援奨学金」などが設けられています。
 さらに、「同志社大学育英奨学金」を設け、勉学意欲が旺盛で学術、文化、スポーツ、社会貢献などの分野でめざましい活躍と実績のあった学生を対象に30万円を支給しています。給付者には学長から「同志社大学育英賞」が授与されます。その他にも、給付型、貸与型いずれも大学独自の奨学金が用意されており、また日本学生支援機構や地方自治体、民間団体の各種奨学金も利用可能です。海外留学を希望する際にも「同志社大学外国派遣留学促進のための奨学金」という専用の奨学金制度を利用できます。

「国際教育インスティテュート」って何?

英語で教養を身につけるグローバルなカリキュラムで学べる組織です同志社大学は、文部科学省の「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業」における拠点大学の1つに選定されています。同志社大学の教育理念である「国際主義」を推進するため、英語による授業のみを行うコースや留学生のための日本語コースの開設に取り組んでいます。
その流れの中で、リベラルアーツ教育を英語で行う組織として誕生したのが「国際教育インスティテュート」です。文、社会、法、経済、商、政策の文系の6つの学部と、その中にある15の学科を横断する「国際教養コース」と「国際専修コース」に分かれています。
「国際教養コース」では、外国人留学生や帰国子女である日本人学生がおもな対象です。英語で行われる「国際教育インスティテュート」の授業を4年間履修することで、国際教養の学位を取得することができます。カリキュラムとしては「日本の社会・文化コンセントレーション」「日本の経済・ビジネスコンセントレーション」「日本の法・政策と国際協力コンセントレーション」という3つを重点的に学ぶ分野として設定していますが、複数の分野の科目を履修することも可能です。特定の分野にとどまらず、あらゆる分野に興味や関心を向けることができるような、全学部学科共通のカリキュラム構成となっています。募集定員は各学部10名程度で、4月と9月で入学時期を設定し独自の入試を実施しています。なお、卒業生の約4割が大学院へ進学しています。
「国際専修コース」では、学部ごとに選抜された日本人学生を対象としています。学部の科目に加え国際教育インスティテュートの科目を履修することができ、世界各国の留学生と共に学ぶことで学内で異文化交流ができるカリキュラム構成になっています。
↑TOPへ戻る
大学名同志社大学
国/公/私私立
住所京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
入試関連
問合せ先
入学センター入学課(今出川キャンパス)