学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 医療
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

個を拓(みが)き、強い絆で「知」を発信する

豊かな創造性と高い学術性を有する「県民の誇りとなる価値ある大学」の実現に向け、研究や教育、地域貢献に取り組む。学生を第一に考え、高度で丁寧な教育を提供することで、社会に貢献できる人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●草薙キャンパス(全学部)
・JR・静岡鉄道「草薙駅」から徒歩約15分
●小鹿キャンパス(看護学部)
・静岡鉄道「柚木駅」から徒歩約20分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

275名(教授:91名 准教授:56名 講師:49名 その他:79名)

生徒数

2,788名(男:1,029名(36.9%)女:1,759名(63.1%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 753,460~1,045,125円
周辺家賃相場 52,300~66,200円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1987年、静岡薬科大学、静岡女子大学、静岡女子短期大学を改組、統合し、総合大学として開学。1988年、大学院薬学研究科を設置。1991年、大学院生活健康科学研究科及び国際関係学研究科を設置。1997年、看護学部を設置。2007年、公立大学法人となり、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

静岡県立大学の推薦入試について教えて!

静岡県立大学では全学部で推薦入試を実施しています(2019年度)。薬学部の推薦入試の中でセンター試験を課す形式では、センター試験及び志望理由書、調査書、推薦書、面接試験を総合して選抜が行われます。なお、募集定員は薬科学科7名と薬学科13名の合計20名です。その他にも、様々な形式の推薦入試が行われています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

「しずおか学」って一体何なの?

静岡県立大学では教養教育である全学共通科目のうち、静岡県について学ぶグループを「しずおか学科目群」とし、全学必修科目に位置付けることで、地域課題の認識及び課題の解決に主体的に取り組む意識を高めています。「地域産業の国際比較-静岡と世界」「静岡の防災と医療」「茶学入門」「地域づくりの方法」といった多彩なテーマのもと、活発なフィールドワークなど、地域での実践的な経験を積むことができます。

海外に留学して勉強してみたい!どんな留学制度があるの?

静岡県立大学では「交換留学」と「語学研修」という2つの方式で海外留学に関するプログラムを用意しています。交換留学協定を結んでいる大学には、モスクワ国立国際関係大学(ロシア)やリール政治学院(フランス)、ブレーメン州立経済工科大学(ドイツ)などがあります。語学研修提携校としては、浙江大学(中国)やオハイオ州立大学(アメリカ)などがあり、長期休暇を利用した短期研修を体験できます。
↑TOPへ戻る
大学名静岡県立大学
国/公/私公立
住所 静岡県静岡市駿河区谷田52-1
入試関連
問合せ先
学生部入試室(草薙キャンパス)