学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

横浜から世界へと羽ばたく人材を育成する

「教育重視」「学生中心」「地域貢献」の3つを教育理念とする。1年次の共通教養教育とコミュニケーション能力を重視した英語教育を土台として専門性を身につけることで、多文化共生社会において自ら問題を発見し、解決する力を培い、社会や世界で活躍できるグローバル人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●金沢八景キャンパス(全学部)
・京浜急行「金沢八景駅」から徒歩約5分
●福浦キャンパス(医学部)、鶴見キャンパス(国際総合科学部)、舞岡キャンパス(国際総合科学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

1,522名(教授:143名 准教授:165名 講師:875名 その他:339名)

生徒数

4,161名(男:1,709名(41.1%)女:2,452名(58.9%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 798,700~1,078,000円
周辺家賃相場 53,100~86,800円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、商学部と経済研究所を設置して創立。1952年、横浜医科大学を統合して文理、医学部を設置。1995年、文理学部を改組し、国際文化、理学部を設置。2005年、商、国際文化、理学部を統合し、国際総合科学部を設置。2018年、データサイエンス学部を新設し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

横浜市立大学の推薦・AO入試について教えて!

横浜市立大学では、指定校推薦入試を全学部で、公募推薦入試を国際総合科学部で、特別推薦入試を医学部で、AO入試を国際総合科学、データサイエンスの2つの学部で実施しています(2018年度)。国際総合科学部のAO入試は、TOEFLやTOEICなど、大学所定の基準以上の英語資格を持つ者を対象に書類選考と面接を行います。なお、募集定員は合わせて35名です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

大学独自の奨学金制度はあるの?

成績優秀な学生に学業奨励金を給付する「学業奨励」があり、「伊藤雅俊奨学金制度」と「成績優秀者特待生制度」の2つが設けられています。学習意欲の向上と教育研究の活性化を目的に、選出制で奨学金を授与する対象者が決まります。応募制の制度としては「学長賞・学長奨励賞」があります。

「プラクティカル・イングリッシュ」って何?

「プラクティカル・イングリッシュ」とは、大学での学習活動を英語で行うコミュニケーション能力を習得する授業で、「4技能」の基本的なスキルを用いながら、すべて英語で行われます。到達度の最低目標はTOEFL ITPで500点相当です。また、「プラクティカル・イングリッシュ・センター」では、授業カリキュラムの作成と運営、個別相談などのサポートが行われています。
↑TOPへ戻る
大学名横浜市立大学
国/公/私公立
住所神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2
入試関連
問合せ先
アドミッションズセンター(金沢八景キャンパス)