学べる学問

  • 商 経済
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

復興に伴う社会の新たな発展と変化に応える大学として

人を思いやるホスピタリティ精神と、快い生活環境を重んじるアメニティ感覚に溢れる人間と社会の形成を目指し、高度な実学を身につけた実践力のある人材を育成する。社会の要請に応じた実学の研究を行い、学術・文化のさらなる発展と、豊かで活力のある地域社会の形成に寄与する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●大和キャンパス(看護、事業構想学群)
・仙台市営地下鉄南北線「泉中央駅」からバスで約30~35分、「宮城大学・仙台保健福祉専門学校前」下車
●太白キャンパス(食産業学群)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

216名(教授:67名 准教授:34名 講師:89名 その他:26名)

生徒数

1,783名(男:579名(32.5%)女:1,204名(67.5%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 870,060~1,182,149円
周辺家賃相場 23,000~87,000円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1997年に開学し、看護、事業構想の2学部を設置。2001年、大学院(修士課程)を設置。2005年、食産業学部を設置。大連大学(中国)との交流協定を締結。2007年、大崎市、気仙沼市と連携協定に調印。2017年、学部・学科を学群・学類に改組し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

宮城大学の推薦・AO入試について教えて!

宮城大学では、推薦入試とAO入試を全学群で実施しています(2018年度)。推薦入試は学群ごと、AO入試は学類ごとの選考となっています。AO入試の第2次選考では、資料読解や口頭試問を含む面接、当日受講する講義の内容に関するレポート作成やグループワークを行います。募集定員は推薦入試が92名、AO入試が48名です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

学生に対する支援はどのようなものがあるの?

宮城大学では、経済的事情により授業料の支払いが困難で、学業成績が優秀な学生を対象に授業料の半額または全額の免除、もしくは分割納付や納付猶予を認める制度があります。また、日本学生支援機構などによる奨学金や、日本政策金融公庫による教育ローンも利用可能です。修学上の問題や精神、健康上の悩みなどの相談には学生相談室、保健室、スチューデントサービスセンターなどが利用できます。

「学群制」って何?

2017年度から導入された新たな教育体制とそのカリキュラムのことです。一般入試や推薦入試は学群単位で実施し、事業構想学群と食産業学群の学生は1年次の終わりに学びたい学類を選択します。この場合、1年次の成績や提出するレポートを総合的に判断して学類が決定されます。この制度により、学生は自らが進む専門分野について時間をかけて選ぶことと共に、学類を越えた様々な分野の専門教育を受けることが可能になります。すでに学びたい分野が決まっている受験者は、AO入試によって学類単位の試験を受験することも可能です。
↑TOPへ戻る
大学名宮城大学
国/公/私公立
住所宮城県黒川郡大和町学苑1-1
入試関連
問合せ先
アドミッションセンター(大和キャンパス)