学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

地域から地球規模まで様々な問題解決に挑む人材を育成する

長崎の伝統文化と地域性を継承しながら、豊かな心をはぐくみ、世界平和を支える科学を作り出すことで、社会の調和的発展に貢献する。地理的環境を活かし、長年にわたり培ってきた大学の特性をもとに、新たな価値観を持った人材育成に取り組んでいる。

↑TOPへ戻る

アクセス

●文教キャンパス(多文化社会、教育、薬、工、環境科学、水産学部)
・長崎電気軌道「長崎大学前駅」下車
●片淵キャンパス(経済学部)、坂本キャンパス(医、歯学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

1,724名(教授:310名 准教授:304名 講師:651名 その他:459名)

生徒数

7,482名(男:4,543名(60.7%)女:2,939名(39.3%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 857,800~957,800円
周辺家賃相場 40,600~49,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、旧制の長崎医科大学、長崎医科大学附属薬学専門部、長崎経済専門学校などを統合し、学芸、経済、医、薬、水産の5つの学部から発足。1966年、工学部を設置し、学芸学部を教育学部に改組。1979年、歯学部を設置。2014年、多文化社会学部を設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

長崎大学の推薦・AO入試について教えて!

長崎大学では、推薦入試を教育、経済、医、環境科学、水産の5つの学部で、AO入試を多文化社会、教育、経済、歯、薬、工、水産の7つの学部で、それぞれ実施しています(2018年度)。教育学部のAO入試では、自己推薦書、諸活動の記録、調査書などによる第1次選考を経て、課題論文や「自己表現」、個人面接による第2次選抜によって最終合格者が決定されます。なお、募集定員は26名です。また、2018年度より医学部医学科では、従来の推薦入試D(一般研究医枠)、推薦入試E(熱帯医学研究医枠)、推薦入試F(国際保健医療枠)を推薦入試D(グローバルヘルス研究医枠)として整理統合し、新たに面接を課しています。その他にも、学部によって様々な形式の推薦入試やAO入試が行われています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

どのような経済支援が行われているの?

学業に秀でた学生であり、かつ学資負担者の死亡や被災、または経済的理由により入学料や授業料の納付が困難である場合、入学料や授業料の全額または半額を免除する制度があります。加えて、日本学生支援機構や地方自治体、一般企業などの各種団体による奨学金も利用可能です。各種奨学金は、2017年時点で約4,000名の学生が利用しています。その他にも、学費負担者の収入が一定の基準を満たしている場合、パソコンを用意することができない学生に対して半年間パソコンを貸与するサポート制度も設けられています。

教養教育ではどのようなことをするの?

長崎大学では、1〜3年次にかけて教養教育という全学共通の教育過程を設置し、大学4年間の学習の基礎を形成していきます。教養教育の特色の1つとして、「モジュール方式」と呼ばれる仕組みがあります。現代社会が直面しているテーマをあらゆる観点からとらえて学び、探求能力や批判的精神を養うひとまとまりの科目群を「モジュール」と呼んでいます。学生は自らの興味や関心に応じたテーマのモジュールを自ら選択し、積極的に授業に参加していきます。また、卒業時のTOEICの目標成績を達成するために、携帯端末からも英語教材にアクセスできる自学学習システムなど英語教育も充実しています。
↑TOPへ戻る
大学名長崎大学
国/公/私国立
住所長崎県長崎市文教町1-14
入試関連
問合せ先
学生支援部入試課(文教キャンパス)