学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

地域と共に未来へ成長し続ける「教育先導大学」を目指して

国内外との交流を通して培ってきた諸分野の研究を基盤とし、地域と共に発展し続ける大学を目指す。学生との意思疎通を緊密に行い、人格形成や技術の習得、基礎から実用開発まで、その能力を最大限に向上させるべく、人材育成と研究活動に取り組んでいる。

↑TOPへ戻る

アクセス

●本庄キャンパス(教育、芸術地域デザイン、経済、理工、農学部)
・JR「佐賀駅」からバス約15分、「佐賀大学前」下車
●鍋島キャンパス(医学部)
・JR「佐賀駅」からバス約25分、「佐賀大学病院」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

1,011名(教授:230名 准教授:201名 講師:380名 その他:200名)

生徒数

6,004名(男:3,506名(58.4%)女:2,498名(41.6%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 48,100~58,900円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、旧制佐賀高等学校、佐賀師範学校、佐賀青年師範学校を統合し、文理、教育学部で発足。1955年、農学部を設置。1966年、文理学部を改組し、経済、理工学部を設置。2004年、国立大学法人に。2016年、教育、芸術地域デザイン学部を改組設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

佐賀大学の推薦・AO入試について教えて!

佐賀大学では、推薦入試を教育、芸術地域デザイン、経済、医、理工、農の6つの学部で、AO入試を教育、芸術地域デザインの2つの学部で、それぞれ実施しています(2018年度)。その中で、教育学部のAO入試では、書類選考を行ったあとに、小論文試験、個人面接、志望分野に関する適性検査を経て、最終合格者が決定されます。なお、定員は18名です。この他にも、学部によって様々な形式の推薦入試やAO入試が行われています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

どのような学生支援制度が用意されているの?

「かささぎ奨学金」は、愛校心に満ちた優秀な人物の育成を目的とする、返済不要の佐賀大学独自の給付型奨学金です。佐賀大学への入学を強く希望し、入学試験の成績がすぐれていた者に対して年間30万円を4年間給付します。その他にも、日本学生支援機構や地方自治体、民間育英団体による奨学金も用意されています。本庄キャンパス内には、遠方からの通学者のための学生寮である「楠葉寮」を設置しています。キャンパスライフに関する疑問や悩みなどの相談に応じ、その内容に応じて適切な解決法の提案や相談員の紹介などを行う「学生なんでも相談窓口」も開設されています。

医学部で行われている「PBL教育」って何?

PBLとは問題基盤型学習(Problem-based Learning)のことです。従来の講義形式と異なり、提示された問題に対し、少人数のグループでのディスカッションを通して自ら問題点を見つけることで解決法を導き出す学習法です。各グループにはPBLチューターと呼ばれる教員がつき、アドバイスを行います。また、PBLと並行してチーム基盤型学習であるTBL(Team-based Learning)を行うことで、学習した内容を活かして病気の診断や治療方法決定を行う能力を身につけることが出来ます。これらPBLとTBLに臨床技能訓練を組み合わせることで、臨床実習に必要な能力を養います。
↑TOPへ戻る
大学名佐賀大学
国/公/私国立
住所佐賀県佐賀市本庄町1
入試関連
問合せ先
学務部入試課(本庄キャンパス)