学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

地域に根ざし、地域社会から世界に発信する個性輝く大学

グローバルな感性と柔軟な発想力を持って地域、さらには世界で活躍し、豊かな人間性と高度な専門知識を兼ね備えた人材を育成する。地域に密着した学びの中で地域活性化の要として活躍できる人材を育成し、地域の企業との連携による多面的な研究を行うことで地域の発展に貢献している。

↑TOPへ戻る

アクセス

●松江キャンパス(医学部以外)
・JR「松江駅」からバスで約15分、「島根大学前」下車
●出雲キャンパス(医学部)
・JR「出雲市駅」からバスで約10分、「島根医大病院前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

811名(教授:266名 准教授:200名 講師:96名 その他:249名)学長:服部泰直

生徒数

5,359名(男:3,338名(62.3%)女:2,021名(37.7%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 822,460円
周辺家賃相場 44,700円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、文理、教育の2つの学部からなる大学として発足。1965年、農学部を設置。1978年、法文、理の2つの学部を設置。1995年、総合理工、生物資源科学の2つの学部を設置。2003年に医学部を、2017年に人間科学部を設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

特色ある入試について教えて!

島根大学では、地域課題に貢献したいと考える学生を対象とした「地域貢献人材育成入試」を全学部で行っています。原則として山陰地域在住であることや将来は山陰地域で就職することなどが出願条件で、出願前に教職員と高校生が一対一の面談会を行い、今行うべきことを明確にするという育成型の入試制度です。面談会は実際の出願の有無に関係なく参加可能で、2017年度では10地域で行われました。また、推薦入試を法文、教育、医、総合理工、生物資源科学の5つの学部で、AO入試を教育、人間科学、総合理工、生物資源科学の4つの学部で実施しています(2018年度)。募集定員は各学部で2~40名です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

奨学金は利用できるの?

学業と人物いずれもすぐれていながら、経済的理由により就学が困難な場合、日本学生支援機構による奨学金が利用できます。その他にも、地方自治体や民間団体による奨学金制度が用意されています。経済的に授業料の納入が困難な学生が、銀行から授業料を融資してもらえる授業料奨学融資制度もあります。また、在学中の利子は大学が負担します。卒業の2カ月後から返済が始まりますが、島根県及び鳥取県内で就職した場合には低い金利が適用されます。学業優秀かつ経済的に厳しい者や学資負担者が死亡した者、自然災害で被害を受けた者には、授業料が半額または全額免除される制度もあります。

島根大学の教育はどんな特色があるの?

島根大学では、専攻以外の学びを学生自らが計画的にデザインできる「学びのセルフプロデュース」という仕組みを取り入れています。山陰地方の自然や歴史、文化、産業を体験しながら学びを深めるプログラムや個性豊かな地域遺産について学ぶ中で地域活性化を考えるプログラム、学生一人ひとりが自分のキャリアを形成していく力を養成するプログラム、高度な英語力を身につけ、グローバル社会で活躍できる力を培うプログラムなど学生が主体的に活動できる機会が用意されています。
↑TOPへ戻る
大学名島根大学
国/公/私国立
住所島根県松江市西川津町1060
入試関連
問合せ先
教育・学生支援部 教育・入試企画課(松江キャンパス)