学べる学問

  • 生命環境
  • 情報
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

幅広い分野での「知と美と技」を探求する

一般企業や地域社会との連携のもと、ものづくりを経験する機会を活かしながら、社会貢献と共にさらなるものづくりを目指す。学域の壁を飛び越えた有機的な連携により、知性と感性の融合のもと、実力と国際性を兼ね備えたリーダーシップを持つ人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●松ヶ崎キャンパス
・京都市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」から徒歩約8分
●福知山キャンパス
・JR「福知山駅」からバス約9分、「小谷ヶ丘」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

294名(教授:129名 准教授:87名 講師:9名 その他:69名)

生徒数

2,676名(男:1,983名(74.1%)女:693名(25.9%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 892,460円
周辺家賃相場 15,000~85,000円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1899年に開設された京都蚕業講習所を起源とする。1902年、京都高等工芸学校と改称。数度の改称を経て、1949年、京都工芸繊維大学設立。さらなる学科や専攻などの学内整備を実施。2006年、工芸科学部を設置、1学部3学域体制となり、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

京都工芸繊維大学のダビンチ(AO)入試について教えて!

京都工芸繊維大学では、ダビンチ(AO)入試を「一般プログラム」と「地域創生Tech Program」として行っています。2018年度からは一般プログラムの募集区分が「一般」と「グローバル」に区分され、「グローバル」は英語運用能力に長けた志願者が対象です。第一次選考では全区分共通でレポート作成が課されますが、最終選考において一般区分では課程によってレポート作成やグループディスカッション、面接などを、各課程のグローバル区分では最終選考でレポート作成と英語運用能力の試験を課します。なお、募集定員は80名です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

どんな経済支援制度があるの?

経済的な理由による学業への支障がないよう、様々な経済支援制度が設けられています。経済的な理由で入学料や授業料の納付が困難である場合には、入学料免除制度、授業料免除制度によって半額または全額が免除されます。特にすぐれた学業成績の学生については「京都工芸繊維大学特待生制度」により授業料の半額または全額が免除されます。また、日本学生支援機構、地方自治体、各種法人による奨学金制度も用意されています。

「KITスタンダード」って何?

京都工芸繊維大学では、将来を担う専門技術者に不可欠な、遺伝子、環境科学、ものづくり、造形感覚、知的財産の5つの分野における知識、技能、リテラシーを「KITスタンダード」として位置づけ、これらを習得するための教育プログラムを設定しています。また、グローバルな理工科系専門技術者を養成するため、「3×3(スリー・バイ・スリー)」というカリキュラム改革も行っています。4年制の学士課程と2年制の修士課程をそれぞれ実質的に3年制に変えることで、初めの3年で専門力や外国語運用能力などをはぐくみ、次の3年で卒業研究や海外インターンシップに取り組めるようになっています。
↑TOPへ戻る
大学名京都工芸繊維大学
国/公/私国立
住所京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1
入試関連
問合せ先
入試課学部入試係(松ヶ崎キャンパス)〒606-8585 京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町1TEL(075)724-7164