学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 情報
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「創造」「協同」「貢献」の3つの精神のもとに

「湖国から世界へ、知の21世紀をきり拓く」をスローガンに、学生の主体性を尊重し、幅広い教養と高度な専門知識を養う。地域の歴史と文化の継承と発展、琵琶湖を起点とした環境保全のための教育に取り組む。

↑TOPへ戻る

アクセス

●大津キャンパス(教育学部)
・JR「石山駅」からバス約15分、「滋賀大西門」下車
●彦根キャンパス(経済、データサイエンス学部)
・JR「彦根駅」からバス約5分、「滋賀大口」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

212名(教授:110名 准教授:76名 講師:16名 その他:10名)

生徒数

3,653名(男:2,228名(61.0%)女:1,425名(39.0%)
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 871,460~915,100円
周辺家賃相場 18,000~64,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年に彦根経済専門学校、滋賀師範学校、滋賀青年師範学校を母体として設立。1966年、学芸学部を教育学部に改称。2004、国立大学法人に。2017年、データサイエンス学部を設置。2019年、データサイエンス研究科を設置、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

滋賀大学の推薦・AO入試について教えて!

滋賀大学では推薦入試を教育、経済の2つの学部で、AO入試をデータサイエンス学部で、それぞれ実施しています(2019年度)AO入試は、データサイエンス講座受講後の課題レポートと個人面接などによる方式(募集定員15名)、オンライン講座のMOOC受講後の小論文と個人面接などによる方式(募集定員15名)、全国規模で開催されるデータ分析やプログラミングに関するコンペティションなどへの参加経験者を対象とする方式(募集定員若干名)があります。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

大学独自の経済支援制度について教えて!

滋賀大学では経済的理由により授業料の納付が困難で、学業成績優秀な学生の授業料の全額または半額を免除する制度が設けられています。また、生活困難や授業料未納を理由として学生が学業を断念することのないよう、授業料免除の特別枠や学内奨学貸与金及び学外奨学金の斡旋をセット化した、滋賀大学学生特別支援政策パッケージ「つづけるくん」が運用されています。

教育参加カリキュラムって何?

教育学部独自の教育実習を中心とした体系的で実践的なカリキュラムです。教育実習と教育体験の2つの領域で構成されています。教育実習は、1・2年次の観察実習や交流実習から始まり、教師として子どもに接する際の態度や、子どもを教育するための実践力を身につけます。教育体験では社会福祉施設でのボランティア体験やキャンプトレーナー、社会教育の事業スタッフなど学校外で子どもたちに触れる機会を通じて、一人ひとりの子どもを大切にする心と姿勢を養います。
↑TOPへ戻る
大学名滋賀大学
国/公/私国立
住所滋賀県彦根市馬場1-1-1
入試関連
問合せ先
入試課入学試験係(彦根キャンパス)