東進SNS公式アカウント
永瀬昭幸 理事長インタビュー全国統一テスト企業案内サイトマップニュースリリース
数学オリンピック

東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 一橋大学 > 基本情報

学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
↑TOPへ戻る

概要

国際的に通用する産業界のリーダーたりうる人材を育成

建学当初から商業活動に関わる実学を重んじ“Captains of Industry”の精神に則って、構想力ある専門人、理性ある革新者、指導力ある政治経済人の育成を目指す。伝統であるゼミを中心とした少人数教育や、十分な実績を誇る海外留学制度など国際化の推進にも力を入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●国立キャンパス
・JR 「国立駅」 から徒歩約10分
・JR 「谷保駅」 から徒歩約20分
・JR 「谷保駅」 からバスで約6分、 「一橋大学」 下車
●小平国際キャンパス (学部以外設置)
・西武多摩湖線 「一橋学園駅」 から徒歩約7分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:378名)
教授:195名 准教授:89 講師:24名 その他:70
生徒数(合計:4456名)
男:3318名 女:1138名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 50,000~65,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1875年
設立
東京銀座尾張町に商法講習所を設立
1920年
大学昇格
東京高等商業学校を経て、東京商科大学に昇格
1949年
改称、改組
一橋大学に改称。商、経済、法学社会の3学部体制に
1951~53年
学部再編
1951年、法学社会学部を法、社会の2学部に分割。53年、大学院を設置
1998~2000年
大学院重点化
大学院の重点化を進め、大学院大学となる
2004年
法人化
国立大学法人一橋大学を設立。法科大学院 (ロースクール)を設置
2005年
大学院新設
国際・公共政策大学院を設置
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

就職や学生生活への支援制度について教えて!

同窓会組織の「如水会」による支援が大きいでしょう。一橋大学は創立140年近くという長い歴史に比べて、卒業生は比較的少ないため、卒業生と在学生との縦のつながりが非常に強いことが特色の1つとして挙げられます。それを代表するのが卒業生による同窓会組織兼大学支援組織である「如水会」です。「如水会」の協力のもと、第一線で活躍する社会人を少人数ゼミに呼び、業界への実践的理解を深める「如水ゼミ」が設置されています。
「如水会」の援助で一橋大学独自の学生支援制度も設立されています。代表的なものが一橋大学海外留学奨学金制度です。留学準備金及び滞在費をカバーするもので、これを利用して累計700名以上の学生が世界各国の大学へ留学してきました。また、一橋大学基金募金支援会により母校の財政支援にも協力しています。さらに、「如水会」は東京都千代田
区一ツ橋に「如水会ビル」を所有しており、会員どうしの交流ができる他、結婚式場なども完備され、
各種文化事業も開催されています。学生もゼミやサークルで利用しています。
なお、学生に対する支援制度として、最近では2007年度から一橋大学学業優秀学生奨学金制度が開設されました。2年次以上の学生で学業優秀な者に対して月額8万円(国立大学独自の奨学金としては高額)が給付されます。日本学生支援機構などの奨学金との併給も可能です。
これら経済的支援に加え、学生寮も整備されています。新入生は小平国際キャンパスに設置された寮への入居となりますが、国立キャンパスまでは電車や自転車で30分程度の距離です。

商学部と経済学部との違いは?

商学部は「企業」、経済学部は「国家」が対象です。商学部が研究対象とするのは、おもに企業行動です。実業者による講座など、その内容はかなり理論的かつ実践的です。端的にいえば「ビジネスに関連する社会科学」と表現できるでしょう。
一方、経済学部が研究対象とするのはおもに国家や世界レベルでの経済活動で、社会的要請への対応という側面を重視し、経済学に関する高度な知識と技術を備えた高度専門職業人の育成を目指しています。
進路に合わせてどちらに軸足をおきたいかを決めることが大切ですが、共に社会を理解することを目標とする学部です。一橋大学では学部間の垣根が低いのも特色の1つですから、他学部の講義もかなり自由に履修できます。
また、法学部と経済学部の間には「経済学・法学副専攻プログラム」も設けられ、これらを利用すれば双方の学部のカリキュラムを効率的に習得できます。さらに、一橋大学では意欲のある学生には大学院科目も開放しており、4年間で本格的な学習まで可能です。

一橋大学は公認会計士試験において高い合格率を維持しています。この実績を支える商学部では、1年次に導入ゼミ、2年次に前期ゼミ(英書講読)を履修することで、3・4年次の後期ゼミにおける高度な学習・研究の基礎を形成するように、実践力を重視した教育が行われています。

5年間で修士号が取れるって本当?

商、経済の2つの学部なら5年間で修士号が取得できます。近年グローバル化が急速に発展し、一人ひとりに求められる専門性は飛躍的に高まっています。このような中で、一橋大学では高い専門性と深い思考力を兼ね備えた人材を輩出するべく、商学研究科で「5年一貫教育プログラム」、経済学研究科で「5年一貫教育システム」を実施しています。これらを利用すると、学部3・4年次から学部科目の他に修士課程の科目も先取りして履修でき、すぐれた研究成果をあげることができた学生の場合、学士号に加えて、通常より1年早く修士号も取得できる仕組みになっています。
しかし、誰でも利用可能なわけではありません。経済学研究科の「5年一貫教育システム」を例にとると、3年次夏学期までに履修した科目の成績や本人の研究計画書、教授による推薦と面接を通して行われる「大学院経済学研究科修士課程特別選抜入試に向けた学部特別選考」によって利用可能な学生が決定されます。
また、1年間で修士課程の全単位を取ることは大変ですが、学部在籍時に取得した10単位分を大学院の単位に算入できるなど、学生に対しても配慮されています。もちろん、5年間で修士課程まで終えるのは容易なことではありません。この制度の利用を考えるなら、1・2年次のうちから大学生活の明確なビジョンを固めておく必要があるでしょう。
↑TOPへ戻る