学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

世界に発信し、地域と共に創造する大学

地域活性化の中核的拠点となるべく、グローバルな視点を持って地域課題の解決に取り組む人材を育成する。専門性やすぐれた人間性の基盤となる教養教育に力を入れ、教育環境の整備に重点をおいている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●文京町キャンパス(人文社会科学、教育、理工、農学生命科学部)
・JR「弘前駅」からバス約15分、「弘前大学前」下車
●本町キャンパス(医学部)
・JR「弘前駅」からバス約20分、「大学病院前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

1,107名(教授:231名 准教授:195名 講師:392名 その他:289名)

生徒数

5,930名(男:3,463名(58.4%)女:2,467名(41.6%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 37,800~53,200円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、旧制弘前高等学校などを母体に文理、教育、医学部で発足。1955年、農学部を設置。1965年、文理学部を改組し、人文、理学部を設置。1997年、理、農学部を改組し、理工、農学生命科学部を設置。2016年、人文学部を人文社会科学部に改組し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

弘前大学のAO入試について教えて!

弘前大学ではセンター試験と個別学力試験を免除する「AO入試Ⅰ」と、それ以外の「AO入試Ⅱ」を実施しています(2019年度)。「AO入試Ⅰ」は、人文社会、教育(一部の専修のみ)、理工、農学生命科学の4つの学部で行われ、各学部の募集定員の1~2割を占めます。「AO入試Ⅱ」は、医学部医学科と保健学科のすべての専攻で実施され、募集定員は合計で97名と医学部募集定員全体の約3割を占めます。「AO入試Ⅱ」は、他の学部でも実施し、教育学部の初等中等教育専攻のうち小学校コースの募集定員が25名、農学生命科学部の生物学科と分子生命科学科では各7名です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

学生支援制度はどのようになっているの?

災害や学費負担者の不幸などの特別な事情により、入学金の納入が困難な場合に入学金を免除する制度や、経済的理由により授業料の納入が困難な成績優秀者を対象に授業料を免除する制度があります。授業料免除に関しては、2年次以上の成績優秀者を対象とするものもあります。弘前大学独自の支援としては「岩谷元彰育英基金」をはじめ、「ゆめ応援プロジェクト」や「弘前大学生活支援奨学金」の他、青森県出身学生向けの「弘前大学基金 トヨペット未来の青森県応援事業」という奨学金制度も用意しています。その他、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体や民間団体などが行う奨学金制度も利用可能です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

「教養教育」って何?

弘前大学では学生が主体的かつ能動的に学習すること、多元的な視点や思考法を獲得することなどを目的として、様々な教養科目を開講しています。1年次に必修の「地域学ゼミナール」では学部を横断したクラス編成を行い、地域的な課題について学習することで地域課題の解決に対する意欲の向上を図ります。1年次の選択必修である「グローバル科目」では海外に進出した日本企業や各国の金融システムを学び、グローバル化の進む現代社会での働き方について考察を深めていきます。
↑TOPへ戻る
大学名弘前大学
国/公/私国立
住所青森県弘前市文京町1
入試関連
問合せ先
学務部入試課(文京町キャンパス)