学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

次世代のリーダーを育成するフロンティア精神

札幌農学校時代の建学の精神とクラーク博士の言葉を受け継ぎ、「フロンティア精神」「国際性の涵養」「全人教育」「実学の重視」を掲げる。専門知識と幅広い教養を兼ね備えた協働の精神を持つ人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

札幌キャンパス(全学部):JR「札幌駅」から徒歩約7分
函館キャンパス(水産学部):JR「函館駅」からバス約20分、「北大前」下車
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:2054名)
教授:686名 准教授:607名 講師:154名 その他:607名
生徒数(合計:11346名)
男:8055名 女:3291名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 821,100~822,600円
周辺家賃相場 40,100~60,600円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1876年 開校 札幌農学校として開校。
1907年 帝国大学に移行 東北帝国大学農科大学となる
1918年 大学再編・改称 東北帝国大学より分離、北海道帝国大学農科大学となる
1919~30年 学部新設 理、医、工の3つの学部を設置
1947~49年 改称、新制移行 1947年、北海道大学と改称。49年、新制北海道大学となる
1953年 大学院設置 9つの研究科を擁する新制大学院を設置
2004~15年 法人化、大学院改組 国立大学法人北海道大学となる。大学院を改組
特待生制度あり
学外試験場なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

「総合入試」って何?

入学後に学生自身で学部を選択することができる制度です。北海道大学では入学してから1年間、本当に学びたいことは何なのか、どの学部が適しているのかをじっくりと考える期間を設けて学部学科を選択できる「総合入試」を導入しています(2020年度)。「総合入試」で入学した学生は、入学後の1年間は「総合教育部」に所属し、文系・理系それぞれをベースとしたカリキュラムのもと基礎的な学習を行います。2年次に進級する際、学部別入試やAO入試合格者は合格した学部に移行しますが、「総合入試」の合格者は入学試験で文系・理系どちらを選択したかに関わらず、すべての学部から進みたい学部を選択し進級することができます。学問分野の細分化と融合が進む現在、1年次で幅広い分野を学びその実情に触れることで、どの学部に進学したいのかをじっくりと考える機会が与えられます。ただし、学部や学科ごとに受け入れ定員には制限が設けられ、それを上回る希望者が出た場合、1年次の成績にもとづいて移行者が決定されますので入学後も意欲を持って学業に取り組むことが必要です。なお、学部や学科の選択に迷う学生のために、相談窓口として「ラーニングサポート室」が設置されています。学問分野ごとに教育、研究の内容を紹介し、目標により近づくための学部を選択できるよう支援する「アカデミック・マップ」や、学部横断的な見識からアドバイスを行うアカデミック・アドバイザーとの面談などによって、学生の疑問や悩みに対応しています。

学生を支援する制度は整っているの?

学生を経済面や精神面で支援する様々な制度や充実した海外留学制度などがあります。北海道大学では入学前の1年間以内に学資負担者の死亡または被災により入学料の納付が困難と認められる学生に対して、入学料の全額または半額が免除される制度を設けています。経済的理由により期限までに入学料の納付が困難な場合などには徴収を猶予される制度もあります。北海道大学で学ぶ強い意思を持ちながら経済的な支援が必要な1年次の学生を対象にした「きのとや奨学金」では、月額4万円が4年間にわたって給付されます。成績優秀な学生に対する独自の奨励金制度や表彰制度も用意されています。「北海道大学新渡戸賞」では、1年次の学業成績が優秀ですぐれた人格を有し、他の学生の模範になると認められた2年次の学生に対して3万円が贈呈されます。「北海道大学クラーク賞」では、卒業時に学業成績が優秀ですぐれた人格の学生に対し5万円と記念楯が贈呈されます。北海道大学は、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援事業」でトップ型大学に採択され、外国語運用能力や情報リテラシーなどグローバル人材に必要なスキルを磨くプログラム「新渡戸カレッジ」を開講し、先進的教育を実施しています。海外留学についても各種プログラムを用意し、49の国や地域の約250大学・機関と学生交流協定を締結(2019年現在)、海外留学を推進しています。長期休暇を利用した留学体験プログラムや最長1年間の交換留学プログラム、2年次以上を対象とした国際インターンシップなど、学生それぞれの目的や興味に応じた多彩なプログラムを提供しています。

どのような就職支援をしているの?

「キャリアセンター」で多様なサポートを行っています。北海道大学では「北海道大学キャリアセンター」を設置し、就職相談や就職情報の収集、インターンシップ支援、企業研究セミナーや内定を得た学生によるセミナーの開催など、自らの意思と責任で将来を決定できる自立した社会人になるためのサポートを行っています。企業研究セミナーでは北海道大学の卒業生の採用に積極的な企業が北海道大学に集まり、就職活動を始める学生がキャンパス内で企業や業界を研究し理解を深める貴重な機会を提供しています。2018年度は690社の企業と約19,700名の学生が参加しました。内定を得た学生によるセミナーでは就職活動を実際に経験した先輩が就職活動の進め方や業界・会社選びのポイント、自己分析の方法といった、就職活動の不安に関する質問に対して丁寧に答えてくれます。また、オンデマンド型の就活ミニ講座も開催しています。実践中心、少人数制の就活講座で、希望者数に応じて随時開催しています。企業の人事担当者が面接者となり模擬面接を行う公開模擬面接会も行われています。マンツーマンで行われる20分程度の模擬面接後には、面接を行う企業の人事という観点から講評やアドバイスを受けられます。その他にも、エントリーシートの書き方講座や業界研究ガイダンスなど学生の様々なニーズに応えた就職支援制度を整えています。
↑TOPへ戻る