学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

「市民の誇りとなる大学」「市民に親しまれる大学」

大学の普遍的使命でもある「すぐれた人材の育成と真理の探究」の実現に取り組む。「都市型総合大学」として、大阪の伝統や文化を継承し、新たな知の創造を目指して独創的な研究を推進している。

↑TOPへ戻る

アクセス

●杉本キャンパス(医学部以外)
・JR「杉本町駅」下車
●阿倍野キャンパス(医学部)
・JR・地下鉄「天王寺駅」から徒歩約10分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

733名(教授:295名 准教授:248名 講師:151名 その他:39名)

生徒数

6,556名(男:3,993名(60.9%)女:2,563名(39.1%)
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 757,800~917,800円
周辺家賃相場 31,000~66,200円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、大阪市立都島工業専門学校、大阪市立女子専門学校などを統合し大阪市立大学を創立。1953年、法、文の2つの学部に改組。1955年、大阪市立医科大学を編入し、医学部を設置。1959年、理、工の2つの学部に改組。2006年に公立大学法人となり、現在に至る。
主な出身者荒川哲男(大阪市立大学理事長兼学長)、尾山基(アシックス会長兼CEO)、相良暁(小野薬品工業社長)、古川弘成(阪和興業社長)、高取英(劇作家)、アサダワタル(アーティスト)、ほりたよしか(フォトグラファー)、若林有子(TBSアナウンサー)、澤井志帆(静岡第一テレビアナウンサー)、三代澤康司(ABCラジオパーソナリティ)
特待生制度なし
学外試験場あり
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

大学独自の奨学金などの支援制度について教えて!

市民の寄附をもとに経済的支援の必要な学生に対して月額20,000円が給付される「大阪市立大学奨学金」、商学部と経済学部の学生を対象とした「大阪市立大学野瀬健三奨学金」など、複数の奨学金制度があります。また、家庭の経済的事情により授業料の納付が困難になった学生に対する授業料の減免または分納制度や、外国人留学生向けの支援制度なども設けられています。

特徴的なカリキュラムはあるの?

特徴的な学びの1つとして「副専攻プログラム」が挙げられます。その中でも、「コミュニティ再生副専攻」は都市や地域社会が抱える諸課題の解決策を教員と学生が共に見出していくプログラムで、地域社会の取り組みに自ら進んで携わる人材を育成するものです。このプログラムは地域活性、地域・文化資源、地理・空間、環境・防災、地域福利の5つの分野を背景とした多角的な学びを目指しており、「地域実践演習」ではフィールドワークを通して地域課題とどう向き合っていくべきか知ることができる他、「アゴラセミナー」では現場で活動している人々との交流を通じて課題を明確にし、学生自身がテーマを設定して、課題の解決方法を学びます。
↑TOPへ戻る
大学名大阪市立大学
国/公/私公立
住所大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138
入試関連
問合せ先
大学運営本部入試室(杉本キャンパス)