全国172の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

通信
恵泉女学園大学 人文学部 英米文化学科
ソフトバンクモバイル株式会社 マーケティング・コミュニケーション本部 販売促進部 プリント&イベントプロモーション課
椙本 亜利沙 (すぎもと ありさ)氏

2009年03月東進タイムズ掲載

月800万アクセスを超えるモバイルサイト

私は現在、マーケティング・コミュニケーション本部に所属して、販売促進の仕事をしています。販売促進とは簡単に言うと、お客様に自社の商品やサービスを「使いたい」「欲しい」「買いたい」という気持ち(購買意欲)を持っていただけるような施策を実施することです。

販売促進の業務がいちばん忙しくなるのは、進学や就職を契機に携帯電話を買い換える人が多い2~3月の春商戦と、7月の夏商戦、そして10~11月の冬商戦の時期。それに合わせて、私たちもプロモーションに力を入れていきます。

私の所属する課では、ソフトバンクショップで配布する商品カタログや冊子、チラシを作成したり、商品発表会や協賛イベントを行っています。私の担当業務は、毎月1回発行するフリーペーパー『+magazine(プラスマガジン)』の制作。「携帯のあらゆるスタイルを提案する」をモットーに、新機種の紹介や便利な携帯コンテンツの活用法、かわいいデコレメールの紹介などをしています。

『+magazine』にはモバイルサイトもあり、こちらは私がすべて一人で担当しています。モバイルサイトではテレビCMでおなじみ白戸家のお父さんの犬の絵文字や、「予想外です」のフレーズで人気のお兄さんの着ボイス配信、最新映画とタイアップした限定コンテンツなど、さまざまなオリジナルのデジタルコンテンツを無料で提供しています。

モバイルサイトの更新はほぼ毎日行っています。本誌の制作と重なったときは休憩を取る暇もほとんどありませんが、制作担当のスタッフと話し合いながらおもしろいコンテンツを考えるのはとてもやりがいのある業務です。

実は、白戸家のお父さん犬を使ったデジタルコンテンツをいちばん最初に始めたは『+magazineモバイル』でした。それが大反響を呼び、今では月800万のアクセスがある人気サイトに成長しました。

ユーザーからの反応がやる気の原動力

毎月、速いスピードの進行スケジュールなので大変なことも多いのですが、思い返してみるとつらいと感じたことは一度もありません。幸いなことに私の仕事は、「アクセス数」という形ですぐに反響がわかりますし、フリーペーパーなら店頭や電車の中などで読んでいる方を見かけることが多々あり、お客様の反応が目に見えやすいんです。「形に残る仕事をしている」という自負が、私のモチベーションの支えになっています。

モバイルサイトではアンケートを毎月取っているのですが、「こんなデコレメールが欲しかったんです!」「お父さん犬が大好きなので、もっといろんなものを作ってください!」など、お客様からの好意的な感想を寄せてもらえたときは、本当に「やってきて良かった」と思います。

販売促進の仕事で大事だと思うことの一つに「調整力」があると思います。制作会社や広告代理店、編集プロダクションなどいろいろなスタッフが関わっているので、スケジュールをすり合わせながら進行管理をする能力が求められます。

そして、いろいろな情報をキャッチする「情報収集力」も大切です。普段街中を歩いているときも、常にポスターや電車の中吊り広告などを見て、どんな広告やキャッチコピーがターゲット層に響くのかを考えています。いいキャッチコピーを見ると携帯電話のメモ帳に記録したり、写真撮影したり…。

また、普段から旅行誌やビジネス誌、女子高生向けの雑誌など幅広い年齢層のいろいろなジャンルの雑誌を毎月20冊くらいチェックして、ユーザーが今どんなことに興味を持っているのかをリサーチし、企画作りに活かしています。好奇心旺盛にアンテナを張り巡らすことが、そのまま仕事に役立っていますね。

※文中敬称略。所属・役職等は取材当時のものです。

	
IT・コンピュータに関連した職業はこちら!
神戸大学 発達科学部 卒業
ウェブプロデューサー
塚本 洋 氏
東京大学 教養学部 卒業
データサイエンティスト
那珂 将人 氏
東京大学 教養学部 卒業
データサイエンティスト
西岡 賢一郎 氏
専門学校 ヒューマンクリエイティブスクール 卒業
ソフトウェア開発
井上 達也 氏
獨協大学 経済学部 卒業
ウェブコンサルタント
熊木 淳一 氏
青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 卒業
ITコンサルタント
村中 剛志 氏