全国172の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

公認会計士
横浜国立大学 教育人間科学部 マルチメディア文化課程
新日本監査法人 監査第五部 会計士補
富田 将道 (とみた まさみち)氏

2008年07月東進タイムズ掲載

企業の信頼性を証明し、 経済市場の透明性を守る会計のエキスパートを目指す

企業の会計監査業務は公認会計士のみに許された仕事

 皆さんの中で、「公認会計士」と聞いてその仕事内容にピンとくる人が何人いるでしょうか。公認会計士は、一般的に高校生が日常で接する機会がほとんどないので、名前は知っていても仕事内容をイメージできる人は多くはないでしょう。

 公認会計士の仕事はいくつかに分類できますが、中でも「会計監査業務」は会計士だけに認められた責任のある業務であり 、仕事の中心を占めています。企業は、社会的信頼性を維持するために、経営成績や財政状況を〝財務諸表″という書類にまとめ、株主や一般投資家に向けて公表します。〝財務諸表″は、企業の利害に関係する人や株主が会社の経営状態を把握するための大変重要な資料であり、その内容が適正かどうか公平に判断を下すことが、会計士の仕事です。

 私が所属している新日本監査法人では、クライアントの規模によっても大きく異なりますが、実務処理全般を行うスタッフのまとめ役となる主査1~2名と、重要ポイントの判断業務を中心に担う業務執行社員2~3名で5~10名のチームを組み、年間延べ数カ月間、企業の一室を借りきって監査業務を行います。

 定められた会計ルールと照らし合わせながら、帳簿や証憑(領収書や請求書)、重要書類を細かくチェックし、監査証拠を積み上げていく。チェックすべき書類は膨大な量に上り、決算監査期間は連日睡眠3~4時間というときもあります。

 デスクワークだけでなく、書類に書かれていることが本当かどうか、企業の担当者にヒアリングしたり、企業の保有する商品の棚卸し※の現場に足を運び、資産チェックを行う「立会い作業」を行ったりもします。

 私の場合、会計士の仕事を始めて丸2年が過ぎたところですが、補助業務などを含め、関わった企業の数は60社以上。売上や利益を得る仕組み、資産の管理方法は業界や企業ごとに異なるので、そのたびに頭を切り替えて臨まなくてはなりません。一回一回が新しい体験であり、貴重な学びの連続です。

※棚卸し・・・帳簿に記載された在庫の数量と実際の在庫の数量が一致しているか、在庫の数量を定期的に確認すること

公正な目で企業を見つめるために、常に求められるチームワーク

 会計監査業務は、デスクの上で書類を黙々とチェックするだけではありません。どんな監査業務に入る前にも必ず、経営者の方に企業の目的や現況、今後のビジョンなどについて詳しくお伺いします。会計士としての経験年数にかかわらず、じかに経 営者の方のお話を伺う機会に恵まれているのは、この仕事の大きな魅力の一つですね。

 私がこれまでお会いした経営者の方は皆さん、揺るぎない信念のもと将来のビジョンをやり遂げる気迫に溢れている方ばかりでした。人間ですから、迷いや不安を感じるときもあると思うのですが、それを微塵も見せない意志の強さや仕事への誇りは、ひとりの人間の生き方として得るものが多くあります。

 また、日々自分が成長している手応えを得られることも大きなやりがいですね。知識として頭に入っていても、監査の現場でそのまま通用するとは限りません。例えば、A社がB社の株式を資産として所有している場合。かなり大雑把な説明ですが、会計ルールによると、B社の純資産(企業が持っている資産から負債を差し引いたもの)が株式の取得価額の半分以下になれば、資産として計上できる金額は純資産の金額だけとなります。ただし、今後確実に業績がよくなるなどの事情がある場合には、資産として計上できる金額は取得したときの金額となります。ここまでは知識として頭に入っていることです。しかし監査の現場では、今後業績がよくなるという会社の判断が、客観的で合理的なものであるかの検討を行わなければなりません。このような判断を積み重ねていくことにより新しい考え方が身についていくのだと思います。

 監査は企業の信用を左右する大変重要な仕事であり、一つひとつのケースを丹念に調べて正しい判断を下さなければなりません。思うように仕事が進まなかったこともありましたが、それらを乗り越えられたのは、同じチームで業務を行う上司や先輩会計士のサポートのおかげです。過去の類似ケースをどう処理してきたか、こういうときはどのように考えればいいか、壁にぶつかるたびに質問し、的確なアドバイスをいただくことができました。

 公認会計士はプロフェッショナルとして独立した存在ですが、仕事は常にチームワークです。業務全体の流れを把握し、そのなかで自分の役割をきちんと果たすことが大切だと思います。

厳しい試験を突破した原動力は、「もっと知りたい」という知的好気心

 高校時代の私は、公認会計士がどんな仕事かも知らず、ましてや自分がその道に進むとは想像すらしていませんでした。大学も経済学部や法学部ではなく、教育人間科学部に進学。それが大きく方向転換することになったのは、学生時代のレストランチェーン店でのアルバイトがきっかけです。店長が本社の社員と店舗経営の話をしているのを耳にし、その内容を自分も理解したいという些細な好奇心がきっかけでした。耳慣れない経営用語や、経理の簡単な仕組みをわかるようになりたいと簿記2級の勉強を始めたらそのおもしろさにはまり、さらに1級を目指す過程で公認会計士の仕事を知り、この職業を意識するようになったんです。

 受験勉強はアルバイトと両立しながらでしたので肉体的にはハードでしたが、それをつらいと思ったことはありませんでした。それよりも、自分の知識が増えていくことのほうがうれしかったですね。もともと数学が好きで、数字が武器となる仕事が合っていたこともあったのだと思います。

 試験科目の中では、原価計算など経営の基礎に関わる「管理会計論」というのが特に好きで、アルバイト先のレストランのことを思い浮かべながら勉強していました。売り上げ目標はいくらで利益がいくらだとか、光熱費は○円までに抑えなければならないといった数値が、どのような考え方に基づいているのかが理解できるようになり、より広い視野で物事を考えられるようになりました。

 簿記2級は独学で取得しましたが、1級および公認会計士試験は専門のスクールに通いました。一人で勉強していたら多くの時間を費やしてしまっていたかもしれませんが、ポイントを的確に押さえた講義で、効率よく勉強できたのがよかったと思います。そうして公認会計士試験に合格を果たすことができたのは、簿記の勉強を始めてから約2年3カ月後のことでした。

さまざまな能力を総合した「人間力」こそが会計士に求められる一番の資質

 資格は実際の仕事で活かされてこそ価値があります。監査の現場で求められるのは会計の知識を含めた「総合力」です。聞きたい情報を引き出すヒアリング能力、自分の言いたいことを伝えるコミュニケーション能力、長時間の監査をやり抜く集中力、それを支える健康な肉体などさまざまな能力を総結集して臨まなければなりません。そのためには出来るだけ多くの経験を積むことです。高校生の皆さんは勉強だけでなく、部活や友達との付き合いなど自分のしたいことにどんどん挑戦してください!

 現代は、企業の社会的責任の一環として情報開示が強く求められる時代です。それに伴い、会計士のニーズは年々増加し、活躍のフィールドも広がっています。私たち公認会計士の使命は、経済社会の透明性を維持し、日本社会全体の発展に貢献することです。その精神を忘れずに誇りを持って仕事に取り組んでいきたいと思います。

※文中敬称略。所属・役職等は取材当時のものです。
横浜国立大学に関連した職業はこちら!
横浜国立大学 経済学部 経済法学科 卒業
銀行 国際部門
加藤 修 氏
横浜国立大学 経済学部 卒業
旅行会社
上田 泰志 氏
横浜国立大学 経済学部 卒業
銀行
小林 英明 氏

	
公務員・法律・政治に関連した職業はこちら!
早稲田大学 教育学部 社会科学専修 卒業
国会議員
下村 博文 氏
東京大学 文科I類 卒業
国際弁護士
藤本 美枝 氏
京都大学法学部 卒業
裁判官
加藤 雅寛 氏
慶應義塾大学 法学部法律学科 卒業
国際弁護士
土屋 智恵子 氏
慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
弁護士
川井 慎司 氏
早稲田大学社会科学部 卒業
弁護士
関根 健児 氏