全国172の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

スポーツマネジメント
筑波大学 体育専門学群
株式会社 日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ) ビジネスオペレーション部 兼 アカデミー事業部 兼 ゲームオペレーション部 兼 管理本部 ディヴィジョン ディレクター
東 英樹 (ひがし ひでき)氏

2011年11月東進タイムズ掲載

「バスケを愛する心」と「実業団で養った技術」で
bjリーグを大躍進へと導く立役者

bjリーグを支える有能なビジネスマン
その正体は元トッププレイヤー

「bjリーグ」のビジネスオペレーション部を率いる東英樹は、自身を「何でも屋」と語る。営業や広報活動がメインとなるビジネスオペレーション部の仕事以外にも、東は現在、ゲームオペレーション部やbjリーグアカデミーの理事長も務めている。アカデミーの活動の中心は、日本各地で行われるクリニックと呼ばれる子ども向けのバスケットボール教室である。日々の営業活動の傍ら、東は全国を巡って子どもたちにバスケットボールの魅力を伝えているのだ。スポンサー企業に対して大胆な企画を打ち出す一方、クリニックでは有能なコーチとして指導にあたる。まさに八面六臂の活躍ぶりだ。もともと東は、三井生命の実業団チームの選手だった。昼間は保険会社の仕事をこなし、夜になってから練習に励む。時には、練習後に会社に戻ってまた仕事を続ける日もあったという。しかしながら強豪チームの選手たちと比べて練習に割ける時間が少なく、チームの成績も低迷期にあった。そんなときにヘッドコーチとして就任したのが、現「bjリーグ」コミッショナーの河内敏光だった。河内の指導の下、三井生命はめきめきと強くなっていく。ついには、天皇杯準優勝、日本リーグ3位という結果を残すまでに成長したのである。

保険営業統括部長の職を捨て
プロリーグという未知の世界へ

こうして、バスケットボール選手としての実績と保険会社社員としての経験が、東を「オールマイティ」なビジネスマンへと成長させていった。現役引退後、三井生命女子チームのコーチを経て会社に戻った東は、5年間、統括営業部長として辣腕を振るう。そして2007年、東は始まったばかりの「bjリーグ」に活躍の場を移す。もちろん周囲の反対はあった。保険会社社員という安定した肩書きを捨てた上で、できたばかりのプロリーグへの転身である。東本人にも迷いはあった。だがその迷いを取り除いてくれたのは、妻の言葉だった。「ひと言、"やりたいんでしょ"って言ってくれた。それで腹が決まりました」保険会社での経験から、東は営業の本質を「人の心に訴えることだ」と悟っていた。プロバスケットリーグの営業は、製品を売る仕事ではない。形のないものにお金を出してもらう仕事だ。その点、東は十分にバスケットボールの酸いも甘いも噛み分けてきた。そこから発せられる言葉が、説得力を持たないはずはない。「バスケをビジネスとして成功させることのできる人間は、自分しかいない」。その確信を胸に、東は今日も日本中を飛び回っている。
※文中敬称略。所属・役職等は取材当時のものです。
筑波大学に関連した職業はこちら!
筑波大学 第一学群自然学類 卒業
イベントプロデューサー
田中 翔太 氏
筑波大学 第一学群 人文学類 卒業
大学教授
大西 泰斗 氏

	
スポーツに関連した職業はこちら!
立命館大学 理工学部 卒業
スポーツ品メーカー
寺下 正記 氏
近畿大学 商経学部(現・経済学部・経営学部) 卒業
競泳強化コーチ
堀井 利有司 氏
京都工芸繊維大学 工芸学部 意匠工芸科 (現・工芸科学部 造形科学域 造形工学過程) 卒業
スポーツ品メーカー
内田 広 氏
早稲田大学 スポーツ科学部 卒業
プロサッカークラブ運営
永井 紘 氏
関西大学 社会学部 卒業
スポーツ品メーカー
三宅 浩 氏
早稲田大学 教育学部教育学科 卒業
プロ野球選手
小宮山 悟 氏