全国172の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

ライセンス・ビジネス業界
同志社大学 法学部 法律学科
IMG Japan シニアバイスプレジデント ライセンシング・アジア部門統括
山本 美樹 (やまもと みき)氏

2015年08月東進タイムズ掲載

たくさんの「経験」を積んで柔軟で多様な発想力を磨く

グローバル企業で活躍するための3つの要素IMGのライセンシング部門でアジア統括責任者を務める山本美樹は、日本、中国、韓国、東南アジア各支社のスタッフを束ねるリーダーだ。そんな山本が彼らに求めるのは「積極的に外へ出て行くこと」である。「私たちの部署で扱うものの多くは、衣料や生活用品など身近な消費財です。ですから、オフィスで頭をひねるばかりでは不十分です。それを使う人たちを実際に目にしなければいけません。例えば海外からの旅行者が日本でどのような商品を欲しがるのか。これも現地で見なければわかりません。ですので、日本のスタッフには頻繁に上海や韓国へ行ってもらっています。逆に海外のスタッフに日本に来てもらうこともあります。この点は、グローバルに事業を展開するIMGだからこそできる人財育成法かもしれませんね」グローバル企業だからといって、IMGでは「語学力」や「海外経験」ばかりが重要視されるわけではない。山本自身、英語は堪能だが、アジア統括に任命された当時、中国語や韓国語はまったく話せなかったという。「もちろん、言語や文化の違いによる困難はあります。けれどもそれより重要なのは、b ec r e a t i v e(創造的であれ)、be energetic(情熱的であれ)、be strategic(戦略的であれ)という三点です。クリエイティブな発想力と、ものごとをとことんまで突き詰める情熱、そしてそこから生まれる戦略。これが備わっていないと、いくら語学に秀でていても役に立てることができないのです」スタッフの成長こそが一番の醍醐味IMGで期待されているのは即戦力だ。新卒社員のように、一から手取り足取り、仕事を教えてくれるわけではない。自ら考え、率先してビジネスを推し進めていく行動力が求められる。そのうえでスタッフの成長が、仕事の「一番の醍醐味」であり「喜び」であると山本はいう。「人が伸びていくというのは、単純に戦力が一人分増えるということではありません。その人が今度はほかの人を育てることもできるわけですから、1.5倍ぐらいになります。人の成長って、ブドウのツタがどんどん伸びていくみたいに加速していくんですね。それを見ていくのがとても楽しみなんです」では、高校生の「成長」にとって必要なものは何だろうか。山本に訊いてみると「経験」というキーワードが返ってきた。「学生時代にはいろんな絵を観たり、音楽を聴いたり、進んで旅行に行ったりするとよいでしょうね。そうした体験を通じて、例えば絵を観る人は何を感じるのだろうとか、あるいは、海外に行ってお金を落としてしまったときに自分で対処するにはどうしたらよいかと思いをめぐらせるでしょう。柔軟で多様な発想を得るためには、いろいろなことを経験することが大切だと思います」国際社会で活躍する人財を多く率いてきた山本の言葉だけに、強い説得力がある。

※文中敬称略。所属・役職等は取材当時のものです。

	
企画・調査・コンサルタントに関連した職業はこちら!
早稲田大学 理工学部 卒業
戦略コンサルタント
金 惺潤 氏
早稲田大学人間科学部 卒業
イベントプロデューサー
黒岩 義人 氏
東京大学 経済学部 卒業
経営コンサルタント
今岡 朋史 氏
立命館大学 理工学部 卒業
戦略コンサルタント
太田 一郎 氏
筑波大学 第一学群自然学類 卒業
イベントプロデューサー
田中 翔太 氏
一橋大学 商学部 経営学科 卒業
経営コンサルタント
山本 菜月 氏