全国172の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

データサイエンティスト
東京大学 教養学部
株式会社トライディア(3idea Inc.) Data Scientist
那珂 将人 (なか まさと)氏

2015年12月東進タイムズ掲載

データサイエンティストだからできる新しい「働き方」「生き方」

吉林大学で研究を行いながら日本のベンチャーで働く東大器械体操部で西岡の後輩にあたる那珂将人は、東大大学院を休学して、中国の吉林大学修士課程に入学。現在吉林大学でデータマイニングの研究を行っている。研究者、それに加えて日本で事業展開するトライディアで働くという「二足のわらじ」を履いている。これまでにない「新しい働き方」を実践しているといえるが、両立させるうえでの不安は「まったくなかった」と那珂はいう。「データマイニングの研究は場所を選びません。パソコンがあってデータが手に入れば、どこででもできます。東大在学中から留学生との交流が多く、いずれは海外に出てみたいという思いが強かったんです。それで思い切って中国の大学院に進むことにしました」玉石混交の大量のデータから価値ある情報を抽出するデータマイニングが、那珂の専門分野だ。しかし始めからコンピュータサイエンスに興味があったわけではないという。「きっかけはiTunesでした。もともと統計が好きで、あるときiTunesでの再生回数の分布に興味を持ったんです。その後、YouTubeの再生回数から人気となりそうな話題の時間的な変化を抽出するといったことを研究室では取り組んでいましたね」1000年かかる計算を5分で解け!データマイニングの醍醐味とは?中国吉林大学で現在、那珂はT w i t t e rの公開データをもとに、位置情報から人間の移動パターンを明らかにする研究に携わっている。トライディアにおいても大量のデータを扱うが、データマイニングの醍醐味は「どのデータに着目し、意味づけするか」だと那珂はいう。「実際のデータは未整理で、分析には不要な要素やノイズが絡み合っています。量も億単位です。そこにいろいろな処理を施すことによってようやく解析できるデータになる。手計算では1000年かかるような計算を、コンピュータを使って5分で解ける手法を見つける。優秀な計算手順、つまりアルゴリズムを生み出すことが私の仕事になります。困難ではありますが、だからこそ挑戦しがいがあります」二つの国を股に掛け、研究と仕事にまい進する那珂は、「二足のわらじ」をいかにも楽しんでいるように見える。「私にとっての仕事は、お金をもらうために自分の何かを犠牲にするものではありません。やりたいから、やる。それによって誰かを助け、引き換えとして報酬を受け取る。今の仕事は、たとえ無給でもやりたいと思っています。それぐらい意義のあることなんです」場所や時間に縛られず、好きなことを「仕事」にする那珂の姿は、これから社会に出る若者たちに多くの示唆を与えるに違いない。

※文中敬称略。所属・役職等は取材当時のものです。
東京大学に関連した職業はこちら!
東京大学 理学部 卒業
研究者
唯 美津木 氏
東京大学 教育学部 卒業
CMプランナー
石田 茂富 氏
東京大学 農学部 卒業
コピーライター
福井 秀明 氏
東京大学 文科I類 卒業
国際弁護士
藤本 美枝 氏
東京大学経済学部 卒業
広告会社
廣重 博信 氏
東京大学 理科III類 卒業
医師
尾形 逸郎 氏

	
IT・コンピュータに関連した職業はこちら!
青山学院大学 文学部 英米文学科 卒業
ソフトウェア開発
柳沼 友香 氏
青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 卒業
ITコンサルタント
村中 剛志 氏
駒澤大学 文学部 歴史学科 卒業
通信
高橋 政彦 氏
恵泉女学園大学 人文学部 英米文化学科 卒業
通信
椙本 亜利沙 氏
成蹊大学 工学部(現・理工学部) 卒業
印刷会社 デジタルコンテンツ開発
野阪 知新 氏
専門学校 ヒューマンクリエイティブスクール 卒業
ソフトウェア開発
井上 達也 氏