東進が厳選した全国の大学情報を掲載!志望校選びに役立つ情報・卒業生や現役大学生の“ナマの声”満載!

大学案内 > 大阪大学 > 先輩の声

私の大学 ~後輩の皆さん、こんな大学です~

中井 佳奈 さん

なかい かな:奈良県 国立 奈良女子大学附属高校 卒 医学部 保健学科(看護学専攻) 3年

どのような高校生でしたか?大阪大学を志望したきっかけは?


高校時代は国際交流活動と部活動に没頭していました。私の母校はユネスコスクールに登録されていたため、カナダの高校生と交換留学やアジアの高校生との国際会議など様々な国際交流に参加しました。また、部活動はオーケストラ部に所属し、毎日活動していました。
その一方で、高1生の春から予備校に通っていたので、学校の帰りに授業を受けていました。低学年の頃から部活後に勉強する習慣がついたことで、第一志望校に入学できたのだと思います。
私は、中学生の頃から助産師になりたいという夢がありました。年の離れた妹が生まれたとき、妊婦を全力でサポートし、家族に幸せを届ける助産師に大変魅力を感じたからです。
志望校を考え始めた頃には、関西で一番レベルの高い看護学科に進学しようという理由だけで大阪大学を目指しました。けれども、大阪大学や他の大学について比べながら調べていくうちに、大阪大学の幅広い視野を持ち国際的に貢献する人材を育成するという考えにとても惹かれるようになりました。
もともと国際交流に興味があり、大学在学中に様々な国でボランティアをして、将来は世界で人の役に立ちたいという夢があったため、大阪大学医学部保健学科に入学し、国際的に活躍できる助産師になりたいと思いました。

どのようなキャンパスライフを送っていますか?


2回生以降になると、専門教科がかなり増え、それにつれて覚えることも増えていきました。将来の仕事に直結する授業なこともあり大変でしたが、興味深い内容も多くなりました。入学してすぐの1回生の頃とは異なり、サークルやアルバイト、遊びの時間は減りましたが、とても充実した毎日を送っています。
興味深い授業として、基礎看護学実習では、患者役と看護師役になって、実際に患者さんのケアや治療についてロールプレイをしながら学びます。患者さんへの接し方などは、決まった答えがなく、その場その場に適した対応が必要なため、非常に難しい実習ですが、それだけにとても勉強になりました。
サークルは、環境サークルで活動しています。地域の人と一緒に川の清掃をしたり、工作や実験などを通じて子どもたちと環境について教えたりしています。もともと子どもが好きだったために入ったサークルですが、先輩や同級生には環境保全に本気で取り組みたいと考えている人、国際ボランティアなど多くの慈善活動に参加している人などがたくさんいて、とても良い刺激を受けています。
私自身、少しでも多くの子どもたちに環境の大切さ、自然の良さを伝えようと思い、活動に取り組んでいます。地域の子どもたちと植物園に行き、自分たちが住んでいる街にはどのような動物や植物が生息しているのかなどについて一緒に学ぶ機会もありました。子どもたちは私たちには想像できないような豊かな発想力や思考力を持っていて、私が子どもたちから学ぶことも多いです。
大学入学前は、大学生といえば授業が始まるのが遅く、朝はゆったりしているというイメージがありました。しかし、私の専攻はなぜか1限目に必修科目が多く、8時50分から授業が始まる日もあります。また、奈良の自宅から大阪のキャンパスに通っているため、片道で約2時間かかります。朝が早いと、夜に寝る時間も早くなりますし、終電も早いため、毎日5時過ぎに起きて24時前には寝るという健康的な生活を送っています。

福喜多 史樹くん

ふくきた ふみき:滋賀県 県立 守山高校 卒 法学部法学科 2年

レベルの高い学生を間近にして阪大を受験することを決めました


高校時代は、たいして勉強もせず、部活動に明け暮れていました。部活動が終わって家に帰ると夜9時を過ぎていて、それから風呂に入り夜ご飯を食べ、スマホをチェックしながら寝落ちしてしまうという毎日。勉強は定期テストの前日に一夜づけをする程度でした。
私は、中学生の頃から漠然と弁護士という職業にあこがれを抱いていて、高校生になって初めて裁判所を見学する機会があり、それを1つのきっかけに本格的に法律を学んで弁護士になりたいという思いが大きくなりました。そんな折にオープンキャンパスで大阪大学を訪れ、レベルの高い学生を間近で見たことで、この大学の法学部で法律を学びたいと思いました。

「あこがれ」から具体的な「夢」へと変化していきました


入学してすぐの1回生では、まず法律や政治に関する基礎を学びます。おそらく法学部であれば、基本的にどの大学でも同じではないでしょうか。ただし、基礎とはいえ、決して簡単ではなく、法律や政治の理念や概念を学んでいくものです。課外活動については、2つのサークルに加入し、週2回でアルバイトもしています。加えて、自宅から2時間弱かけて通学しているため、平日は自由に使える時間があまりありません。今の生活は、入学前の「大学生は楽だ」という印象とは少し違っています。
将来の夢は弁護士になること……でしたが、大学生活を送る中で弁護士になって社会的地位の低い人や貧しい人を助けるという「夢」へと変わっていきました。弁護士という職業に漠然とあこがれを抱いていただけの頃よりも、大学生となって具体的な「夢」を持てるようになれました。今はその「夢」に向かって努力しています。

岩月 りさ子さん

いわつき りさこ:愛知県 私立 南山高校(女子部) 卒 外国語学科(フランス語専攻)1年

「外国のことを学びたい!」地元を離れて大阪大学を目指しました


高校は中高一貫校に通っていて、中1生から高2生の終わりまでバスケ部に所属していました。キャプテンを務めたこともあり、忙しい毎日でしたが、その分、忍耐力がついたと思います。勉強は学年でも下から数えたほうが早く、高1生の頃まではひどいもので、そこからやっと本腰を入れ始めました。
もともとは理系志望でしたが、私は旅行が好きで、外国のことをもっと学びたいと思い、国際系の学部に進むことを決めました。愛知県は国公立大学で国際系について学べる大学が少ないと感じ、地元を離れて大学に進学することを考えていました。志望校選びでは、東京外国語大学と迷ったのですが、総合大学であるという強みから、自分の可能性を広げてくれそうな大阪大学への進学を決めました。

あらゆることに興味を持って大学生活を送っています


1回生の現在は一般教養として様々な授業を選んで学ぶことができます。これが総合大学の強みだと思います。私はフランス語づけの毎日に加え、スウェーデン語を履修しています。スウェーデン語を学べるのは大阪大学くらいなもので、とても興味深く授業を受けています。来年度は中国語も勉強しようと考えています。私の学部は先生に対して学生の人数が比較的少ないと思います。入学後に知ったことですが、阪大の外国語学部に入って良かったなと感じる点の1つです。
阪大にはまじめな学生が多いのかな、というイメージを持っていましたが、そういうわけでもなく(笑)、みんな関西弁でとても明るい人が多く、とても楽しく大学生活を送っています。
高校生の頃に、将来はCA(キャビンアテンダント)になりたかったのですが、1つだけに夢を限定する必要はないと思うようになりました。私のまわりには「外務省に入りたい」「国連で働きたい」と話している学生もいます。日々刺激を受けながら、大学生活の中でしっかりと探していこうと思います。

先輩たちの「生の声」入試アドバイス

科目別アドバイス

国語


二次試験の国語は、予備校の授業や過去問の添削指導を受けていました。また、学校の授業も1つひとつのことを大切に学んでいました。
古典については、知識があるかどうかが大きいと感じます。なお、センター試験は時間との勝負です。入試本番は内容が全然頭に入ってきません(苦笑)。なので、過去問演習では時間を計って解くようにするといいと思います。(外国語学部 岩月さん)

入試本番アドバイス

試験前日は「心」と「体」を休めましょう


試験前日に意識したことは、「心」を休めることと「体」を休めることです。「心」を休めるとは、あまり緊張しすぎないように、ゆっくりテレビを見たり、気持ちを落ち着かせるために前日までに試験会場を下見したりするといったことです。「体」を休めるとは、消化に良いものを前日の昼食や夕食に選んだり、試験当日に備えて早く寝たりすることです。こういった細かい心配りが、意外と当日の出来を左右するように思います。また試験当日は、試験が始まる3時間前までには起きるようにし、空いた時間に英単語や古文単語を見直していました。なお、数学について。私自身、数学がとても苦手で、学校の定期テストなどでは平均点にも及ばないことが多々ありました。そこで、最も大切にしていたのは、「難しい問題に長時間挑む」ことをせずに「簡単な問題に短時間取り組む」ことです。入試本番では、50%の確率で難問を解くことのできる力よりも、100%の確率で基礎から標準レベルの問題を解くことのできる力の方が、応用が利いて実用的です。とにかく、入試本番では最後まで諦めない気持ちが合格を呼び込むと思います。受験生の皆さん、頑張ってください!(法学部 福喜多くん)

一番大切なことは、心の余裕です


併願校が複数ある場合、その数が多すぎて、入試スケジュールが過密になることは、あまりおすすめしません。私は、どうしても大阪大学にいきたかったので、試験当日の1週間前は何も試験がないように日程をあけておこうと考えました。ただ、試験の予行演習は大切です。センター試験のときは、いつもどおりに起床して、少し早めの行動を心がけました。私は世界史を解いてるときに、お腹がぐーと鳴らないかとハラハラしました。同じように気になる人は、小腹を満たす食べ物が必需品です。阪大の試験の前日には会場の下見に出かけました。翌日のシミュレーションでもありますが、「ここが来年の学び舎かぁ」とモチベーションを高めるための行動でした(笑)。一番大切なことは「心の余裕」です。「絶対受かる!」と思って、まわりの人を観察するくらいの余裕があればいいと思います。なお、英語について。阪大の外国語学部は、すべて記述式という、得意な人には“ハマる”試験だと思います。私は基礎基本を終えたら過去問演習に取り組み、毎日のように英文に触れていました。難しい構文をとる練習をするのもおすすめです。リスニング対策ではシャドーイングにも取り組みました。入試本番では英語がキーとなります。落ち着いて試験に取り組むためにも、過去問演習はやりすぎるくらいがちょうどいいと思います。(外国語学部 岩月さん)

↑TOPへ戻る