学べる学問

  • 医療
↑TOPへ戻る

概要

和歌山県の医療の充実を図り、人類の健康の向上に寄与する

医療や保健看護学に関する幅広い知識と高い水準の技術、さらには医学に携わる者として必要とされる人間性と倫理観をはぐくむ。和歌山県の医療と保健の充実に貢献することのできる「医の心」を持った人材を育成する。

↑TOPへ戻る

アクセス

●三葛キャンパス(医、保健看護学部)
JR「紀三井寺駅」から徒歩約10分
●紀三井寺キャンパス(医学部)
JR「紀三井寺駅」から徒歩約7分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

375名(教授:62名 准教授:54名 講師:100名 その他:158名)

生徒数

956名(男:436名(45.6%)女:520名(54.4%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 825,600~1,295,600円
周辺家賃相場 46,300~58,100円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1945年、和歌山県立医学専門学校の設置認可を受ける。1955年、和歌山県立医科大学を開校。1960年、大学院設置認可を受ける。2004年、保健看護学部を設置。2006年、公立大学法人に。2008年、大学院保健看護学研究科及び助産学専攻科を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

和歌山県立医科大学の推薦入試について教えて!

和歌山県立医科大学では、推薦入試を全学部で実施しています(2018年度)。医学部の推薦入試では、大学入試センター試験の結果による第一段階選抜と、出願書類と面接にもとづく第二段階選抜によって、最終合格者が決定されます。募集定員は県内の高校生が対象の「一般枠」及び「地域医療枠」でそれぞれ6名程度と10名、全国募集の「県民医療枠」で5名程度です。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

奨学金などの学生サポートはどうなっているの?

和歌山県立医科大学では、経済的理由により入学金及び授業料の納付が困難な学生に対し、入学金及び授業料を半額または全額免除する制度を設けています。健康かつ学業と人物共に優秀で、経済的な理由から就学が困難な学生に対して、奨学金制度が用意されています。大学独自の奨学金として、医学部の6年次生を対象として一定額を1年間無利子で貸与する「修学奨学金」や「修学奨励金」の他、卒業して臨床研修を受けたのちに県内の医療機関などで働く意志のある学生を対象とした、給付型の「医学部学生支援奨学金」などが用意されています。また、日本学生支援機構、地方自治体及び各種団体などによる奨学金も利用可能です。

「大学院準備課程」って何?

大学院博士課程の一部を学部在学中に履修できる制度で、指導教員の同意を得たうえで、医学部の1~4年次生のみ登録することができます。これに登録することで、医学部に在籍しながら大学院の研究を行うことや、講義を受けることが可能になり、大学院の履修課程を先取りして学べます。大学院の講義を受講し、担当教員の指導のもとで作成した論文が審査に合格することで、医学研究科委員会による認定のうえ「修学証明書」が交付されます。この制度を利用することで、大学院での履修期間を短縮することも可能です。
↑TOPへ戻る
大学名和歌山県立医科大学
国/公/私公立
住所和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
入試関連
問合せ先
学生課(紀三井寺キャンパス)