学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 体育
  • 芸術
↑TOPへ戻る

概要

教育理念「学の実化」のもと、未来を問い、そして挑戦する

「正義を権力より護れ」を建学の精神とし、学理と実際との調和を説いた「学の実化(じつげ)」を教育理念とする。2016年に創立130周年を迎え、挑むべき課題の解決に向けて、自ら考え、積極的に行動する「考動する関大人」を育成すべく、教育と研究、社会貢献に取り組んでいる。

↑TOPへ戻る

アクセス

●千里山キャンパス(人間健康、総合情報、社会安全学部以外)
・阪急電鉄千里線「関大前駅」から徒歩約5分
●堺キャンパス(人間健康学部)、高槻キャンパス(総合情報学部)、高槻ミューズキャンパス(社会安全学部) ●千里山キャンパス
・阪急電鉄千里線「関大前駅」から徒歩約5分
●堺キャンパス
・南海電鉄高野線「浅香山駅」から徒歩約1分
●高槻キャンパス
・JR「高槻駅」または「摂津富田駅」からバスで約20分、「関西大学」下車
●高槻ミューズキャンパス
・JR「高槻駅」から徒歩約7分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数(合計:2252名)
教授:559名 准教授:169名 講師:1492名 その他:32名
生徒数(合計:28568名)
男:17170名 女:11398名
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 1,137,000~1,661,000円
周辺家賃相場 47,000~64,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

校歌

↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1886年
設立
関西法律学校として設立
1905年
改称
私立関西大学と改称
1922年
大学昇格
大学令により大学昇格。法、商の2つの学部を設置
1948年
新制移行
1948年、新制大学へ移行。法、文、商、経済の4つの学部を設置。
1958~67年
学部増設
1958年、工学部を設置。67年、社会学部を設置
1994~2007年
学部増設・改組
1994年、高槻キャンパスに総合情報学部を設置。2007年、政策創造学部を設置。工学部をシステム理工、環境都市工、化学生命工学部に改組
2009~2010年
学部増設
2009年、外国語学部を設置。10年、堺キャンパスに人間健康学部を、高槻ミューズキャンパスに社会安全学部を設置
特待生制度なし
学外試験あり
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校あり
↑TOPへ戻る

Q&A

関西大学の特徴的な入試について教えて?

英語の外部検定試験の成績を利用できる入試方式が導入されました。関西大学では、2017年度より文学部と外国語学部で英語の外部検定試験が利用できる入試方式が導入されました。文学部では、一般入試の「学部個別日程」で、2教科型の英語の外部検定試験利用方式が導入されました。定められた水準以上となる英語の外部検定試験の成績を有する者を対象に、国語(150点満点)と地歴公民または数学(100点満点)の試験の成績から合否を判定します。実用英語技能検定(英 検)「4技 能 型」2級、GTEC CBT1,000点、IELTS(アカデミック・モジュール)4.0、TOEFLiBT42点、TOEIC790点などが求められる水準です。外国語学部では、一般入試の「全学部日程」(2教科型英国方式)で、定められた水準以上となる英語の外部検定試験の成績を有する者の英語の成績を満点とする入試方式が導入されました。実用英語技能検定(英検)「4技能型」準1級、GTEC CBT1,250点、IELTS(アカデミック・モジュール)5.5、TOEFLiBT72点、TOEIC1,095点などが求められる水準です。なお、これらの中には受験した期日に制限がある入試方式もあります。詳細は募集要項かホームページで必ず確認してください。

関西大学にはどのような奨学金制度があるの?

経済的理由で就学困難な学生や成績優秀者などを対象に様々な奨学金を設けています。関西大学では、スポーツ及び文化、学術など様々な分野における成績優秀者などに対して様々な奨学金制度を設けています。返還義務のない給付型の奨学金としては、入学時のみを対象とした「関西大学新入生給付奨学金」があります。入学試験の成績優秀者に対して支給され、2年次以降も出願をすれば「関西大学学部給付奨学金」を利用することが可能です。入学後の奨学金としては、スポーツ面で卓越した成果をあげた者に与えられる「スポーツ振興奨学・奨励金」、文化や学術、福祉活動などですぐれた業績をあげた者に与えられる「関西大学文化・学術活動等奨励金」などがあります。また、関西大学卒業生の組織である校友会の寄附による「関西大学校友会学部給付奨学金」、家計急変などの緊急時に出願できる給付型の奨学金である「関西大学家計急変者給付奨学金」なども用意されています。特徴的な奨学金制度としては、「関西大学「学の実化(じつげ)」入学前予約採用型給付奨学金」があります。一般入試及びセンター試験利用入試に出願する者を対象に、定められた一定の条件を満たせば出願前に奨学金の給付が決定される制度で、最長4年間にわたり継続して奨学金が給付されます。貸与型の奨学金としては、入学時に申請することで入学料相当額が貸与される「関西大学入学時貸与奨学金」、1学期分の授業料相当額が貸与される「関西大学貸与奨学金」の他、日本学生支援機構や民間団体の奨学金も利用可能です。

5年間で修士号が取れるって本当?

学部と修士課程を合わせて5年間で終了する制度があります。一般的な4年制の学部では、4年間を学部で学んだのち、大学院に進学する場合に2年間の修士課程が設けられています。そのため、修士学位を取得するのに最短でも6年間を要すことになりますが、関西大学では5年間で修士学位を取得する制度として、「飛び級制度」や「早期卒業制度」、「5年一貫教育プログラム」が用意されています。「飛び級制度」は文学研究科や法科大学院(ロースクール)をはじめとする一部の大学院に設けられている制度です。学部の成績が優秀な学生が年次終了時点で4年次を飛ばし、大学院への入学が認められる制度です。「早期卒業制度」は学部での成績が一定水準の者を対象に、学部早期卒業と大学院進学が認められる制度です。法、文、商、社会、システム理工、環境都市工の6つの学部で導入されています。「5年一貫教育プログラム」は成績優秀な経済学部の学生が経済学部から経済学研究科に進む場合4年次から大学院の科目を履修でき、大学院入学から最短1年間で修士学位を取得できる制度です。また、法、経済、商、社会、政策創造、外国語、システム理工の7つの学部では、成績優秀な4年次の学生を対象に、より高度な学習の機会を提供する目的で学部在学中から大学院の授業科目を履修できる制度があります。この制度で取得した単位は、各学部と対応する大学院や専門職大学院に進学した場合、修了所用単位として認定されることで、通常より短い期間で修士学位の取得が可能です。
↑TOPへ戻る