学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 医療
  • 体育
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

地域に貢献する「知」を通じて、県民から信頼される大学に

主体的に考え、行動し、地域社会で活躍できる実践力のある人材を育成する。4年間の学士課程教育を通して設置されている全学共通教育科目と、系統的に設定された専門教育との連携を図り、少人数制による綿密な指導のもとでバランスのとれた教育を行う。

↑TOPへ戻る

アクセス

●広島キャンパス(人間文化、経営情報学部)
・JR「広島駅」からバス約20分、「県立広島大学前」下車
●三原キャンパス(保健福祉学部)、庄原キャンパス(生命環境学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

340名(教授:102名 准教授:80名 講師:124名 その他:34名)

生徒数

2,478名(男:801名(32.3%)女:1,677名(67.7%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800~946,200円
周辺家賃相場 56,700~60,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1965年、広島女子大学が開学。1989年、広島県立大学が経営、生物資源学部で開学。2000年、広島女子大学が県立広島女子大学に改称。2005年、3つの県立大学を統合し、県立広島大学となる。2007年、公立大学法人となり、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験あり
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

県立広島大学の推薦入試について教えて!

 県立広島大学では、全学部で推薦入試を行っています(2018年度)。人間文化学部国際文化学科の県内高等学校推薦では異文化体験枠が設けられています。一定以上の語学能力(実用英語技能検定2級、TOEIC550点以上、TOEFL iBT42点以上など)を持ち、留学などの異文化体験を有している受験生が対象であり、面接や外国語でのエッセイ、外国語でのスピーチが課されます。なお、募集定員は6名です。その他にも、学部によって様々な形式の推薦入試が行われています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

学生生活のサポートにはどのようなものがあるの?

 経済面でのサポートとしては、日本学生支援機構の奨学金の他、地方自治体や公益法人の奨学金が利用できます。授業料の納付が著しく困難な場合には授業料の減免または徴収猶予も認められています。生活面でのサポートとしては、学科ごとにテューターがおかれ、学生の授業科目の履修や学習相談、交友関係など様々な個別相談に応じています。生活面では、生命環境学部のある庄原キャンパスに男女各50名が入ることのできる学生寮を設置しています。

全学共通教育について教えて!

 全学共通教育では、主体性を持ち、地域や国際社会で活躍できる人材の育成のために、専門分野の枠を超えて必要となる知識や能力を養う講義を提供しています。キャリア、広島と世界、教養、基盤、初年次導入の5つの科目群に分け、多様な科目を「導入」→「展開」→「深化」→「総合」と段階的に学ぶことで、幅広い視野と実践力を身につけます。対話と体験を重視したアクティブラーニング形式の授業を通して、外国語によるコミュニケーション能力や情報リテラシー、プレゼンテーション能力などの習得を目指します。
↑TOPへ戻る
大学名県立広島大学
国/公/私公立
住所広島県広島市南区宇品東1-1-71
入試関連
問合せ先
本部教学課入試担当(広島キャンパス)