学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

創造性豊かな「知の創造の拠点」を目指す

高いレベルの知識と技術を兼ね備えた、目的意識と主体性を旨に、地域社会などで活躍できる人材を育成する。市民と共に歩む大学として、産学官連携を推進して研究・教育成果を幅広く社会に発信している。

↑TOPへ戻る

アクセス

●桜山(川澄)キャンパス(医、看護学部)
・名古屋市営地下鉄桜通線「桜山駅」下車
●滝子(山の畑)キャンパス(経済、人文社会、総合生命理学部)、 田辺通キャンパス(薬学部)、北千種キャンパス(芸術工学部)
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

526名 (教授:144名 准教授:123名 講師:113名 その他:146名)

生徒数

3,831名(男:1,730名(45.2%)女:2,101名(54.8%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 857,705~1,062,105円
周辺家賃相場 50,500~78,700円
学寮なし
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史 1950年、名古屋女子医科大学と名古屋薬科大学を統合し、医学部と薬学部を有する名古屋市立大学が発足。1964年、経済学部を設置。1996年、人文社会学部と芸術工学部を設置。1999年、看護学部を設置。2006年、公立大学法人化。2018年、総合生命理学部を設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校なし
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

名古屋市立大学の推薦入試について教えて!

名古屋市立大学では全学部で推薦入試を実施しています(2019年度)。推薦入試は、おもにセンタ ー試験を課さない「A方式」を薬、経済、人文社会の3つの学部で、センター試験を課す「B方式」を 医、薬、経済、芸術工、看護の5つの学部で、それぞれ行われています。「A方式」では書類審査に加え、面接や小論文で選抜されます。「B方式」では医学部を除く4つの学部では個別試験は行われず、出願書類とセンター試験の成績のみで選抜されます。募集定員は推薦入試全体で約155名で、医学部の推薦入試の地域枠は7名です。なお、総合生命理学部では、2019年度より名古屋市立高等学校連携指定校推薦入試(募集定員1名)が導入されました。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
↑TOPへ戻る
大学名名古屋市立大学
国/公/私公立
住所愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
入試関連
問合せ先
学生課入試係(桜山キャンパス)