学べる学問

  • 人文言語
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

知と実践の融合を行い、「人間力」ある人材を育成する

学生を主体とした教育を展開し、学生の自立した就学と人間形成を可能にする「現代的教養と人間力
を根底におく教育」を理念に掲げる。グローバル教育にも力を入れており、日本の心と国際性を兼ね
備えた人材を育成し、世界各国から多くの留学生や研究者を受け入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

●鳥取キャンパス(地域、工、農学部)
・JR「鳥取大学前駅」から徒歩約3分
●米子キャンパス(医学部)
・JR「米子駅」から徒歩約15分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

780名(教授:224名 准教授:202名 講師:90名 その他:264名)

生徒数

5,202名(男:3,162名(60.8%)女:2,040名(39.2%)
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 865,400~936,600円
周辺家賃相場 34,800円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年、米子医科大学、米子医学専門学校、鳥取農林専門学校、鳥取師範学校、鳥取青年師範学校を統合し、学芸、医、農学部を設置し発足。1965年、工学部を設置。1966年、学芸学部を教育学部に改組。1999年、教育地域科学部を改組設置。2004年、地域学部を改組設置し、現在に至る。
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

鳥取大学の推薦・AO入試について教えて!

鳥取大学では、推薦入試を全学部で、AO入試を地域、工、農の3つの学部で実施しています(2018年度)。地域学部のAO入試では、書類審査と面接からなる第一次選考と、自己PRや課題論文、面接などからなる第二次選考を経て最終合格者が決定されます。なお、募集定員は地域創造コースで10名、人間形成コースで4名、国際地域文化コースで6名です。その他にも、学部によって様々な形式の推薦入試やAO入試が行われています。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

学生の支援体制はどうなっているの?

鳥取大学では、経済的な事情を抱える学生へのサポート体制を整えています。。例えば、学資負担者が入学前1年以内に死亡したなどの理由で入学料の納付が困難である場合、入学料の半額または全額を免除する制度が設けられています。入学料徴収が猶予される場合や授業料が免除される場合もあります。学業成績が優秀かつ経済的に困難な事情を抱える学生を対象とした「鳥取大学正光奨学金」などの各種奨学金制度も用意されています。その他にも、合計で約230名を収容する3つの学生寮による住環境面での支援や、「保健管理センター」による健康面のフォローも万全です。

鳥取大学の学びには、どんな特色があるの?

鳥取大学では、「乾燥地研究センター」をはじめとする各種機関と全学の教員が一丸となり、乾燥地科学に関する学際的な体制づくりのもと、砂漠化などの地球的規模の問題に貢献する人材育成を目的としたグローバルな教育体制を強化しています。具体的には、乾燥地の農村開発や生活及び産業の振興、気候変動による健康被害の予防や鳥取の砂丘保全に関するプロジェクトなど、学部横断的な5つのプロジェクトが展開されています。また、海外の関係機関などとも連携を強化し、得られた知見や技術を地域創生や、世界の乾燥地、発展途上国の持続可能な開発に役立てるための取り組みも行っています。
↑TOPへ戻る
大学名鳥取大学
国/公/私国立
住所鳥取県鳥取市湖山町南4-101
入試関連
問合せ先
学生部入試課(鳥取キャンパス)