学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 体育
  • 芸術
  • 生活家政
↑TOPへ戻る

概要

文理融合型の教育と研究を展開する

「学群・学類・学系」制の導入をはじめ、学生のニーズ、時代や社会の要請に適切に対応したカリキュラム編成を行い、教育理念である文理融合の教育と研究に取り組む。実践力ある学びに力を入れている。

↑TOPへ戻る

アクセス

・JR「金谷川駅」から徒歩約10分
↑TOPへ戻る

教員・生徒数

教員数

317名(教授:127名 准教授:88名 講師:82名 その他:20名)

生徒数

4,173名(男:2,397名(57.4%)女:1,776名(42.6%))
↑TOPへ戻る

学費・学寮

初年度納入額 817,800~925,800円
周辺家賃相場 44,000円
学寮あり
↑TOPへ戻る

その他

沿革・歴史1949年に福島師範学校、福島青年師範学校、福島経済専門学校を前身として学芸、経済の2つの学部からなる大学として発足。1987年、行政社会学部を設置。2004年、全学を2学群4学類12学系(研究組織)に改組。2019年、食農学類を設置し、現在に至る。
特待生制度あり
学外試験なし
附属小学校あり
附属中学校あり
付属高校なし
↑TOPへ戻る

Q&A

推薦入試やAO入試について教えて!

センター試験を課す「推薦入試Ⅰ」が全学類(一部の専攻を除く)で実施され、センター試験の成績と小論文と面接で選抜を行います。専攻によってはスポーツや芸術の実技なども評価対象とされます。「推薦入試Ⅱ」は、人間発達文化学類で行われ、面接の配点が全体の半分を占めます。AO入試は、共生システム理工学類で行われています(2018年度)。調査書や志望理由書に加え、事前課題に沿った自作のポスターの提出が求められます。第2次選抜では学力試験と共に、自作のポスターに関する口頭説明と質疑応答が行われます。詳細は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。

学生支援はどうなっているの?

「2つの男子寮(計350名収容)と1つの女子寮(150名収容)がキャンパス内に設けられています。家賃も周辺の住宅の家賃相場に比べて安価です。なお、入寮に際しては世帯の所得や家庭状況などで選抜が行われます。経済的な理由により学費の納入が困難な学生に対しては、入学金や授業料の免除または徴収猶予制度の他、大学独自の奨学金として毎月50,000円が1年間給付される「しのぶ育英奨学金」があります。2年次以上の5~6名程度が対象です。

「文理融合型の教育」ではどのようなことを学ぶの?

「新生福島大学宣言」にもとづき、旧来の仕組みにとらわれない「文理融合」の考え方を実現すべく、「学群・学類・学系」制度という教育体制を導入しています。例えば、地球環境などの現代の様々な課題を視野に入れて技術開発を行う場合、科学技術だけでなく、経済学や倫理学の視点が必要になります。共生システム理工学類では理工学群の学問領域と、その他の各学類の領域を融合させることで、より実践的な学問の創出を目指します。文理融合による多彩なカリキュラムや少人数教育の徹底などにより、学生の主体性を重視しつつ、適性に合った教育プログラムを実現しています。また、福島大学では「福大スタンダード」の確立を図っています。教育の質の向上を目標に、すべての学生が身につけるべき教育水準として、自律的な学ぶことで専門的職業人を育成する「人材育成大学」を目指しています。
↑TOPへ戻る
大学名福島大学
国/公/私国立
住所福島県福島市金谷川1
入試関連
問合せ先
入試課